ニュース

【健やか21】「小児の新型コロナウイルス感染症患者の臨床的な特徴」および「新型コロナウイルス検査適応」について

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、専門職向けの学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップしてお届けします。
 「健やか親子21」では、「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を一緒に推進して頂ける企業や団体を募集しています。詳細・登録はこちら≫健やか親子21応援メンバー登録

「小児の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の臨床的な特徴」および「新型コロナウイルス検査適応(日本小児科学会の考え方)」

 日本小児科学会は、「小児の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の臨床的な特徴」および「新型コロナウイルス検査適応(日本小児科学会の考え方)」を公開しました。

 「新型コロナウイルス検査適応(日本小児科学会の考え方)」では、「検査の適応」「検査を行う意義」「外来診察や検体採取にあたっての注意点」等も記載されています。

 また現時点では、一般小児科診療については診療制限を行うことなく、通常通り行うべきとの見解を述べています。(2020年3月16日時点)

詳細はこちら≫
「小児の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の臨床的な特徴」および「新型コロナウイルス検査適応(日本小児科学会の考え方)」(日本小児科学会/2020年3月16日)

最新トピックス・イベント(2020年3月26日更新)

・「体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に~」の掲載について(厚生労働省)
・不妊治療と仕事の両立に関するマニュアルとハンドブックの作成について(厚生労働省)
・「小児の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の臨床的な特徴」および「新型コロナウイルス検査適応(日本小児科学会の考え方)」について(日本小児科学会)
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応(第二版)の掲載について(日本産科婦人科学会)
・動画「やってみよう!新型コロナウイルス感染症対策 みんなでできること」の公開について(経済産業省Youtubeチャンネル)
・政府インターネットテレビ「ピックアップ!~ネットの危険から子供を守る ~安全・安心なスマホ利用」の掲載について(内閣府)
・布製マスクの洗い方動画の作成について(経済産業省)
・令和元年度「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」受賞企業の決定について(厚生労働省)
・「おむつ交換台からの子どもの転落に注意!-頭部損傷リスクが高く、入院する事例が寄せられています-」の掲載について(国民生活センター)
・子ども安全メール「Vol.494 子どものアルコール飲料の誤飲に注意!」の掲載について(消費者庁)
・第15回 子供の貧困対策に関する有識者会議の掲載について(内閣府)
・歯と口の健康週間ポスターの掲載について(日本歯科医師会)

※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
トピックス一覧

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2020年04月14日
【新型コロナウイルス感染症】予防ワクチンの開発はここまで進んでいる
2020年04月14日
アルコールがメタボ・血圧・脳卒中を悪化 飲み過ぎないための5つの工夫
2020年04月14日
よくお風呂に入る人は心疾患や脳卒中のリスクが低い 入浴は日本人の長寿の秘訣?
2020年04月10日
【健やか21】職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた、妊娠中の女性労働者等への配慮について
2020年04月08日
【新型コロナウイルス】医師会が「医療的緊急事態」を宣言 人工呼吸器の台数が足りなく、集中治療のマンパワーも不足
2020年04月08日
フレイルとフレイル予備群に対策すれば要介護を3割、死亡を4割減らせる 早期の保健指導が効果的
2020年04月08日
動脈硬化を予防・改善するための食事スタイル 日本動脈硬化学会の「The Japan Diet」
2020年04月07日
「睡眠と保健指導」アンケートの結果 9割以上が睡眠保健指導は「必要」と回答 実施できているのは半数
2020年04月07日
新型コロナウイルスの怖さは「3つの顔」にある 「負のスパイラルを断ち切ろう」と呼びかけ 日本赤十字社
2020年04月07日
スキマ時間を利用した運動で要介護リスクを軽減できる 「10分未満」で効果 篠栗町調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶