ニュース

特定健診に「尿ナトリウム・カリウム比」を導入 その場で検査して指導 地域の高血圧対策に効果?

 東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)は、「尿ナトリウム・カリウム比」の値が低下すると、体格や飲酒量の変化から独立して、収縮期血圧が低下することを明らかにした。
 これは、宮城県登米市の特定健康診査の参加者を対象に2017年度から2年間、約1.3万人を対象に調査したもの。
塩分と野菜の摂取バランスを示す「尿ナトリウム・カリウム比」
 食塩の摂りすぎは高血圧の原因になるが、野菜や果物などに含まれるカリウムを多く摂取することで、血圧が低下するという研究報告がある。そこで考案されたのが、塩分(ナトリウム)と野菜(カリウム)摂取のバランスをあらわす指標である「尿ナトリウム・カリウム比」。

 この値が低いほど塩分摂取量が少なく、野菜などに多く含まれているカリウムを多く摂っていることが示される。逆に値が高いと、食事中の塩分が多い、あるいはカリウム(野菜など)が不足していることが分かる。

 東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)は、この「尿ナトリウム・カリウム比」(ナトカリ比)を用いた研究を行った。これは、同機構、東北大学産学連携機構イノベーション戦略推進センター革新的イノベーション研究プロジェクト(COI東北拠点)と、宮城県登米市との共同研究によるもの。研究成果は、「Hypertension Research」に掲載された。
塩分を摂り過ぎないよう指導するのは難しい
 日本高血圧学会のガイドラインでは、高血圧予防のために、減塩(ナトリウム)と、野菜や果物(カリウム)の摂取増加を勧奨している。ナトカリ比が高いほど食事中の食塩摂取量が多い、あるいはカリウムが不足している可能性がある。

 保健指導で食事について「しょっぱいものを食べ過ぎると、塩分の摂り過ぎにつながるので気をつけて」「ラーメンの汁を全部飲むと、塩分の摂り過ぎになる」などと指導することは多い。しかし実際には、塩分を気にして毎度の食事を摂るのはなかなか難しい。

 また、塩分摂取状況の評価は24時間蓄尿が一般的であるが、短時間で測定値を得るのは難しい。そこで、オムロンヘルスケアが開発したのが、尿1~2滴で尿ナトリウム・カリウム比が簡単に分かる「尿ナトカリ計」だ。

 この尿ナトカリ計で任意の時間に採取した随時尿の複数回測定と、24時間畜尿の測定結果に相関があることが明らかになっている。
尿ナトカリ比が低下すると収縮期血圧値が低下
特定健診受診者に提供された
尿ナトカリ比測定値に関する結果票
出典:東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)、2020年
 研究グループは、宮城県登米市の2017・2018年度の特定健診の参加者約1万3,000人について、尿中のナトカリ比を収縮期血圧のデータとともに解析した。特定健診会場で尿ナトカリ比を測定し、その場で健診受診者に、測定結果と尿ナトカリ比に関する情報を提供した。

 尿ナトカリ比の低下が収縮期血圧の低下と関連するか、また初年度と比べ2年目の特定健診時に測定した尿ナトカリ比や収縮期血圧がどのように変化したかを検討した。

 その結果、尿ナトカリ比の低下は、体格や飲酒量の変化と独立して、収縮期血圧の変化と有意な関連を示したことが分かった。また、高血圧に影響を与える要因とされる体格や飲酒量が2年間で変化しなかったにもかかわらず、初年度と比べて2年目で尿ナトカリ比や収縮期血圧値が有意に低下したことが明らかとなった。
その場で測定結果を見せれば、行動変容を引き出しやすくなる
 具体的には、尿ナトカリ比および収縮期血圧の平均値は、2017年度が5.4±3.0、132.1±17.9mmHg、2018年度が4.9±2.2、130.9±17.4mmHgだった。さらに、他の生活習慣の要因を考慮しても、尿ナトカリ比高値はなお、高血圧有病率と関連していたことも分かった。

 今回の研究では、住民の尿ナトカリ比測定後の、塩分摂取量などの食行動についての詳細な情報は得られなかったので、尿ナトカリ比や血圧が低下した原因を特定することはできない。

 しかし、地域全体で尿ナトカリ比や血圧が低下したことから、特定健診の会場で尿ナトカリ比を測定し、その場で測定結果を知らせたことが、住民の減塩や野菜摂取量の増加などの行動変容を促した可能性がある。

 「尿ナトカリ比には明確な基準値はありませんが、他の研究でも尿ナトカリ比値が高いほど高血圧有病率が高まることや、循環器疾患や脳卒中の危険度が高まるという結果が発表されています。今後はさらなる研究が進み、食習慣の見直しのための基準が明確になれば、手軽に減塩に取り組むことができるでしょう」と、同機構では話している。

 同機構とCOI東北拠点では、「ナトカリ計」を用いた測定を、地域の保健事業に活用する方策を検討している。

オムロンヘルスケアの尿ナトカリ計「HEU-001F」
出典:東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)、2020年

東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)
東北大学 産学連携機構イノベーション戦略推進センター
宮城県登米市
Sodium/potassium ratio change was associated with blood pressure change: possibility of population approach for sodium/potassium ratio reduction in health checkup(Hypertension Research 2020年8月17日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2020年09月14日
女性の命を守るHPVワクチンをもっと知って 子宮頸がんの予防・対策を訴える運動が活発化
2020年09月14日
特定健診に「尿ナトリウム・カリウム比」を導入 その場で検査して指導 地域の高血圧対策に効果?
2020年09月14日
産後のメンタルヘルス不調で苦しんでいる夫婦は年間3万組 初の全国調査で判明 成育医療センター
2020年09月11日
【コロナ禍でストレス】運動はメンタルの健康を取り戻すのにも効果的 どのような運動が良いのか?
2020年09月11日
「事後措置までが健診です 攻めの受診勧奨テクニック」産業保健と看護 2020年5号
2020年09月11日
「withコロナ時代の企業の健康管理」へるすあっぷ21 9月号
2020年09月08日
【新型コロナ】感染が疑われる時は「まず、かかりつけ医に電話で相談」 10月から新たな体制に 厚労省
2020年09月08日
【新型コロナ】電子タバコを吸う若者でCOVID-19の感染リスクが5~7倍に上昇
2020年09月08日
高齢者のフレイル対策に「遠赤外線低温サウナ」が効果的 冷えや痛み、活動量などを改善 都長寿研など
2020年09月08日
世界初、他職種連携による産後の自殺予防対策プログラム「長野モデル」を開発
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,068 人(2020年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶