ニュース

【健やか21】42事例が追加:感染防止に配慮したつながり支援(厚生労働省)

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、専門職向けの学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップしてお届けします。
 「健やか親子21」では、「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を一緒に推進して頂ける企業や団体を募集しています。詳細・登録はこちら≫健やか親子21応援メンバー登録

子育て・介護予防・見守りなど、さまざまな「つながり支援」の実例を紹介
 8月に当サイトでもご紹介した「感染防止に配慮したつながり支援等の事例集(厚生労働省)」に、新たに42事例が追加となりました。子育て・介護予防・見守りといったさまざまな取組の実例がまとめられています。

 本事例集のポイントは以下のとおりです。

● 感染防止に配慮し、子ども食堂をフードパントリーに切り替えた事例、通いの場の参加者にウォーキングなどの個人で行える運動を促す事例等、子育て・介護予防・見守りなどの取組の実例が掲載されている。

● 各取組事例がアウトリーチや見守り等、つながり支援の手法、内容に応じた分類を明示している。

● 新型コロナウイルス感染症拡大前後の取組の違いや感染拡大後の取組と工夫、取組の効果が分かる構成となっている。

● 取組団体の連絡先を記載しているため、取組内容について直接照会できるようになっている。
 支援者の皆様や自治体の担当者の方々に本資料を活用いただき、地域の実情に応じた取組を進めてもらいたいとしています。

【詳細はこちら】
感染防止に配慮したつながり支援等の事例集の公表について(厚生労働省/2020年10月7日)

最新トピックス・イベント(2020年10月8日更新)

・第二回「上手な医療のかかり方アワード」の開催について(厚生労働省)
・学校再開後の栄養教諭の取組事例の公表について(文部科学省)
・報道発表『10月17日から23日は「薬と健康の週間」です』の掲載について(厚生労働省)
・DV・児童虐待対策のキャンペーンページの公開について(内閣府)
・第16回 子供の貧困対策に関する有識者会議 資料の掲載について(内閣府)
・『「心のつながりプロジェクト」~コロナ禍の中、こんな工夫をしています~』の掲載について(東京都教育委員会)
・「4才までは4つに切って」ミニトマトとぶどうのシールの製作について(Safe Kids Japan)
・日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール(保護者用)の改訂について(日本小児科学会)
・11/8 第18回子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会開催方法の変更について(児童虐待防止全国ネットワーク)
・妊娠中の母親の血中カドミウム濃度と新生児の出生時体重、身長、頭囲及び胸囲との関連について男女別に調べた論文の「Environmental Research」への掲載について(エコチル調査/環境省)
・【小さな子どもとメディア】の更新について(ベネッセ教育総合研究所)

※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
トピックス一覧

[soshinsha]

「地域保健」に関するニュース

2020年10月13日
「ノロウイルス」はアルコール消毒薬で不活化できる クエン酸や重曹で調整が可能 手指消毒薬としても使える
2020年10月13日
【新型コロナ】なぜ高齢者が重症化しやすい? 感染しやすさはどの年齢も同じだが、病状の進みやすさは年齢によって異なる
2020年10月12日
アルコールが乳がんリスクを1.5倍に上昇 女性ホルモンや発がん物質が影響? 日本人女性3万人を調査
2020年10月12日
乳製品の乳清タンパク質「ホエイプロテイン」が肥満や糖尿病のリスクを低下 食後の血糖上昇を抑制
2020年10月12日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月09日
【健やか21】42事例が追加:感染防止に配慮したつながり支援(厚生労働省)
2020年10月07日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年10月07日
「生活習慣病リスクレポート」で効果的な受診勧奨を 企業と地域の連携で重症化予防
2020年10月06日
患者さんに寄り添う教育・看護を 【第25回日本糖尿病教育・看護学会学術集会レポート】
2020年10月06日
「ブルーベリー」のポリフェノールに免疫を調節する作用 炎症性腸疾患の予防や治療につながる可能性
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,160 人(2020年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶