ニュース

【健やか21】厚生労働省「第9回 健康寿命をのばそう!アワード」決定

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、専門職向けの学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップしてお届けします。
 「健やか親子21」では、「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を一緒に推進して頂ける企業や団体を募集しています。詳細・登録はこちら≫健やか親子21応援メンバー登録

母子保健分野最優秀賞は「特定非営利活動法人ZEROキッズ」
 厚生労働省は、生活習慣病予防の啓発、地域包括ケアシステムの構築に向けた介護予防・高齢者生活支援および母子の健康増進に関して優れた取り組みを行っている企業・団体・自治体を表彰する「健康寿命をのばそう!アワード」を開催しています。

 このほど「第9回」の受賞企業・団体・自治体が決定し、11月30日に表彰式が開催されました。「母子健康分野」の受賞事例は以下のとおりです。

●厚生労働大臣最優秀賞
特定非営利活動法人ZEROキッズ:マンションと地域をつなぐ多世代交流事業

●厚生労働大臣優秀賞
【企業部門】株式会社AsMama
 知人同士の共助ICTプラットフォーム「子育てシェア」を活用した頼り合いコミュニティ形成
【団体部門】赤ちゃんとママの防災講座
 乳幼児親子向け防災講座「赤ちゃんとママの防災講座」
【自治体部門】飛騨市
 飛騨市産前産後ママサポプロジェクト

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を鑑み、授賞式は無観客・オンラインにて生配信となりましたが、後日アーカイブ動画も公開される予定です。ぜひチェックしてみてください!

【詳細はこちら】
健やか親子21「第9回 健康寿命をのばそう!アワード 受賞発表」
厚生労働省プレスリリース

最新トピックス・イベント(2020年12月10日更新)

・学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~の改定について(文部科学省)
・医療的ケアを必要とする幼児児童生徒が在籍する学校における留意事項(改訂版)の掲載について(文部科学省)
・注意喚起「遊戯施設におけるトランポリンでの事故にご注意ください! -骨折や、神経損傷等の重傷例も-」の掲載について(消費者庁)
・市民公開講座「子どもの口腔機能発達不全症」(2021年1月18日~2月17日・WEB開催・事前登録不要)の開催について(日本小児歯科学会)
・令和2年度「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」の公募の開始について(厚生労働省)
・不妊治療を受けやすい職場環境整備に向けた今後の取組方針の掲載について(内閣府)
・令和2年度「子供と家族・若者応援団表彰」について(内閣府)
・子ども安全メール「Vol.533 子ども服のサイズ、ひもやフードに注意! 安全性を第一に選びましょう」の掲載について(消費者庁)
・『妊娠初期から発達する父親の「親性」脳の活動を確認 -育児に対する父親の脳と心の発達には個人差がある-』の掲載について(京都大学)
・第34回 お母さんと子どもの元気セミナー ・ 母子保健指導員研修会 コラボ  WEBセミナー『産前産後の夫婦関係に大切なことを適切に伝えるために』の開催について(日本家族計画協会)

※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
トピックス一覧

[soshinsha]
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,382 人(2021年01月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶