オピニオン/保健指導あれこれ
健診・検診

もっとよく知ろう健診機関

HSプランニング 代表、保健師
亀ヶ谷 律子

社員や住民の健康管理に対する事業主・首長の考え方は様々です。特に企業では、「財政状況が厳しいと真っ先に縮減されるのが健康管理部門」との声が聞かれることは珍しいことではありません。

企業における定期健康診断や保険者における特定健康診査は義務であり、できれば安価で効率よく済ませたいところです。

このご時世、健康診断実施機関が入札により決定されることは少なからずあり、結果として、これまでの機関との対応が異なる、これまでの機関でしてくれていたことができないと言われたなどと聞くことがあります。

プロフィール

  • 亀ヶ谷 律子
  • 亀ヶ谷 律子
    HSプランニング 代表、保健師

    経 歴

    養護教員、行政保健師経験後(公財)神奈川県予防医学協会、(公財)結核予防会、(公社)日本看護協会勤務。
    2009年HSプランニング代表。東京・神奈川を中心に中小規模事業所の健康支援事業に取り組む。

    社会活動等

    日本産業保健師会 理事
    一般社団法人 日本循環器病予防学会 評議員

    著 書

    看護職のための産業保健入門 ※共著

「健診・検診」に関するニュース

2021年02月24日
「健康寿命延伸のための提言」を公開 横断的根拠にもとづき具体的にアドバイス 国立がん研究センターなど6機関が連携
2021年02月24日
【新型コロナ】コロナ禍で生活や意識はどう変化した? 働き方とライフスタイルはこう変わった 東大社会科学研究所が調査
2021年02月24日
【新型コロナ】コロナ禍で子供の15~30%に中等度以上のうつ症状が 保護者のうつも深刻 成育医療研究センターが調査
2021年02月24日
【新型コロナ】コロナ禍で急性心筋梗塞の治療開始が遅れる 重症合併症の増加につながった可能性 コロナ禍でも医療の質の維持を
2021年02月24日
ラクトフェリンが冬の急性胃腸症状を抑制 ノロウイルスを抑える作用の報告も 信州大学など産官学連携の取組み
2021年02月22日
【ダウンロード可能】現役の保健指導スタッフと共同制作!「撃退!トリプルリスク」指導箋&取扱説明書
2021年02月17日
「食物繊維」は肥満・メタボ・糖尿病の人にもメリットが大きい 玄米・大麦・雑穀など「全粒穀物」でリスク低下
2021年02月17日
座っている時間が長い人は内臓脂肪が多い 「立つ時間」「歩く時間」を増やして内臓脂肪蓄積を抑制 京都府立医科大学
2021年02月16日
【新型コロナ】看護職の4割強が「仕事を辞めたい、自信がなくなった」 コロナ禍では看護職の精神健康ケアも必要
2021年02月16日
魚を食べる人は認知症になりにくい 魚の摂取量が多いと認知症リスクが61%低下 日本人を対象に調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,484 人(2021年02月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶