オピニオン/保健指導あれこれ
働く人の感染症予防と感染症BCP

No.1 海外渡航する従業員の感染症予防について

保健指導リソースガイド編集部

 海外では、日本と気候や衛生環境が異なることから様々な感染症に注意する必要があります。

 感染症の正しい知識を持てば、感染症のリスクを減らすことができます。もしも、感染症にかかった場合でもその後の対応で症状の早期改善や周囲への二次感染を防ぐことができます。

最新の情報を確認 必要に応じて予防接種も検討

 渡航先の感染症情報は、FORTH/厚生労働省検疫所ホームページ(渡航国・地域別情報)外務省海外安全ホームページ(医療・健康関連情報) で提供されています。

 予防接種で防げる感染症の場合は、あらかじめ免疫をつけておくために予防接種がおすすめです。

 発展途上国では感染症が日常的に流行している地域もあるので、企業が従業員を派遣する際は、安全配慮義務の観点からも予防接種を指導してください。

 必要な予防接種は渡航先、滞在期間、また現地でどのような作業をするかで異なってきます。予防接種後に免疫ができるまで数週間かかったり、数回の接種が必要となるものがありますので、対象となる従業員には早めに面談をしましょう。

予防接種がある主な感染症

感染症 潜伏期間 主な症状
A型肝炎 2~7日 倦怠感、黄疸
黄熱 3~6日 高熱、頭痛、筋肉痛、おう吐、時に黄疸、臓器出血
破傷風 3日~3週間 口を開けにくい、飲み込みにくい、しゃべりにくい、全身けいれん、呼吸困難
B型肝炎 10日~6か月 全身倦怠感、吐き気、黄疸、食欲不振
狂犬病 1~3か月 治癒した受傷部の痛み、知覚過敏、恐水・恐風症状
日本脳炎 1~2週間 高熱、意識障害、頭痛、 おう気、おう吐、けいれん、筋肉の硬直、異常行動
麻疹 10~12日 高熱、咳、鼻水、結膜充血、発疹

 腸チフス及びコレラのワクチンは日本では未承認(2017年時点)ですが、一部の医療機関では輸入ワクチンの接種可能です。詳細は医療機関にお問い合わせください。

感染が疑われた場合は?

 帰国後に、発熱、下痢、皮膚の異常、咳、倦怠感、悪寒、頭痛などの症状の健康状態を報告・相談された場合、速やかに医療機関の受診を指示してください。周囲の感染予防のため、マスクの着用も促してください。

 感染症の疑いがある場合の病院探しにお困りのときは、各地方自治体の保健所へお問い合わせください。東京都では24時間受付「ひまわり」(東京都医療機関案内サービス) もご利用できます。 (ひまわりTEL:03-5272-0303)

 受診の際には、症状を正確に伝えるために「体調管理シート」の利用がおすすめです。


(参考:海外旅行者・帰国者のための感染症予防ガイド

外国労働者にも感染症対策を

 感染症には潜伏期間があり、外国人労働者が自国で罹患した感染症を日本で発症する可能性もあります。特に母国に一度帰国した際など、発熱などの症状がある場合は感染症も考慮して医療機関の受診を指導することで早期発見が可能です。

<参考>
「海外旅行者・帰国者のための感染症予防ガイド」について(東京都)

「産業保健」に関するニュース

2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2019年03月20日
運動は若さを保つための最善の策 40歳以降は筋肉を増やす運動が必要
2019年03月20日
糖尿病リスクはBMIが22以上から上昇 若い頃からの体重管理が重要 順天堂大学
2019年03月20日
保健指導と介護予防を一体的に実施 フレイル対策を強化 厚労省が方針
2019年03月20日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
2019年03月20日
長時間労働が心筋梗塞リスクを1.6倍に上昇 日本人1.5万人を20年調査
2019年03月20日
歯周病がCOPDの引き金に 歯周病の人は発症リスクが4倍に上昇
2019年03月14日
保健師の職業紹介番組を放映(テレビ神奈川、3/17)
2019年03月14日
「産業保健プロフェッショナルカンファレス」主催者変更のお知らせ
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条

最新ニュース

2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2019年03月25日
【新連載】住み慣れた地域で最期まで暮らすことを目指した「暮らしの保健室」~医療・看護・介護を通じた住みよいまちづくりの試み~
2019年03月25日
地域保健・健康増進事業報告②~健康診査についてなど「健康増進事業」の概要
2019年03月22日
2017年度 特定健診の実施率は53.1%、特定保健指導の終了者は19.5% 目標との隔たり埋まらず
2019年03月22日
【健やか21】春本番、自転車の思わぬ事故に注意! ~安全のために知っておきたいポイント~
2019年03月20日
運動は若さを保つための最善の策 40歳以降は筋肉を増やす運動が必要
2019年03月20日
糖尿病リスクはBMIが22以上から上昇 若い頃からの体重管理が重要 順天堂大学
2019年03月20日
保健指導と介護予防を一体的に実施 フレイル対策を強化 厚労省が方針
2019年03月20日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
2019年03月20日
長時間労働が心筋梗塞リスクを1.6倍に上昇 日本人1.5万人を20年調査
2019年03月20日
歯周病がCOPDの引き金に 歯周病の人は発症リスクが4倍に上昇
2019年03月19日
地域保健・健康増進事業報告①~母子保健など「地域保健事業」の概要
2019年03月14日
【健やか21】募集開始!周産期メンタルヘルスと児童虐待予防セミナー
2019年03月14日
保健師の職業紹介番組を放映(テレビ神奈川、3/17)
2019年03月14日
「産業保健プロフェッショナルカンファレス」主催者変更のお知らせ
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
【新連載】LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月12日
【参加申込受付中】産業保健師会 2019年度 第1回研修会「産業保健師活動のあり方の本質に迫る―今どきの職場不適応の背景とその対応―」
2019年03月08日
睡眠に不満がある人は9割超―求められる十分な睡眠時間と質の高い眠り
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月07日
【健やか21】世界自閉症啓発デー2019(4/6東京) 参加申込み受付中
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年03月06日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶