オピニオン/保健指導あれこれ
地域看護専門看護師が担う地域における役割

No.1 自分が変われば活動が変わる ~地域看護専門看護師の資格取得ビフォーアフター~

群馬県大泉町役場
持田 恵理

 住民全体の健康に対する支援の評価は、長期的で、社会的に多くの要因の影響があるため、保健師活動の介入の成果というのは得にくく「住民のためによい実践を行っている!」と実感するのが難しいものです。かつての私は、自分の実践に自信がなくこれでよいのか迷う毎日でした。

 保健事業を直接的に運用しているのは保健師ですし、質の高い支援を行うことは公的資金を使って事業を行っている専門職としての当然の責任と思っています。保健施策に携わる保健師の舵取りが悪ければ、住民の健康を高めることは出来ず、将来的に健康度を下げてしまう危機感をも感じていました。

 どうしたら質の高い支援が出来るようになるのでしょうか?保健事業に係わる研修会に参加してもその知識は理解でき蓄積されるが、自らの活動の変化、自信の獲得には至りません。いろいろ模索している中で、たどり着いたのは、専門看護師(以下、「CNS」)でした。

 CNSについて詳しくは次回述べますが、この養成を受け、そして、実際に地域看護CNSになって、私は劇的に変化しました。それも、一皮むけたどころの話ではなく、生まれ変わったかのように、です。

 私の中で何が変化したのかというと、6つの点が挙げられます。

(1)自らの固定概念からの脱却
 解決困難なことに遭遇しても、すぐに諦めません。こういうものだ、こういうはずだ、という自らの思い込みから離れ、多様な角度から事象を考えるようになりました。

(2)課題、支援目的や支援目標の明確化についての思考の定着
 何が課題なのか、どうすればその課題の解決を図ることが出来るのか、その目標は、そしてその評価は、 ということを考えるトレーニングを繰り返し行ってきたことで、本当に必要な支援を考える習慣が身につき、これまでの事業ありきではない実践ができるようになりました。

(3)言語化の重要性についての認識向上
 これまで漠然と実践してきたことを、他の人に分かってもらえるように実践を言語化する意識ができました。そうすると、保健師の実践の根拠や姿勢、技術など多くの実践がきちんと言語化されていない現実に驚きます。
 保健師というのは、多くのそして高度な技術を駆使して実践しているのに、他の領域の人にはなかなか理解されていません。保健師活動の理解を促進するためには、保健師の実践知を言語化する努力が必要だと感じるようになりました。

(4)課題や活動についての分析力の向上
 実践を行う根拠となる課題の特定、そしてその課題解決のための方法や結果については、深く分析することが必要です。その分析に必要な情報を収集し、選択できる力も向上したと感じています。感覚で捉えるのではなく分析を行い、その活動の根拠を捉えている自分を感じています。

(5)資源の認識向上
 分析を深めていくと、今まで見過ごしてきた多くのことに気づきます。
 例えば、よく顔を合わせる住民が、地域の健康情報を効果的に発信できるキーパーソンであったり、既存の住民の集まりが地域を動かす原動力になったり、目的を達成するための資源はたくさん存在すること、実は、身の回りには資源と認識できていない宝がまだまだあるのだと感じています。活用の方法で、ただの石が宝石のように光を放つこともあるのだということも感じています。
 保健師が、健康施策の側面から住民が輝く機会を創ることの出来るプランナーになれると気づいたら、宝探しのように地域を見る視点が生まれ楽しくなってきました。

(6)個人の保健師活動だけでなく保健師活動全体を俯瞰する視野の拡大
 地域看護専門看護師は、直接的な介入だけでなく、保健医療福祉分野などの専門職の支援を行う役割が求められているため、保健師活動を広域に視ることが出来るようになりました。そして、現状だけでなく将来的な見通しといった視点も持てるようになりました。

 CNSとなってのアウトカムは、保健師活動の自信獲得とまではいきませんが、保健師として果たすべき役割についての信念を持てるようになったことです。そして、その自信を持って他者に言えるようになったことは大きな収穫です。

 CNSは、病院内の看護師に特化した認定資格でなく、保健師がより良い公衆衛生看護を実践するため、そして、保健師活動がよりやりがいのあるものに感じられるような変化を生み出す有効な認定資格だと確信しています。

 地域看護CNSの認定を得たことで、保健師活動がうまくいかないとくすぶっていた自分にさようならをし、保健師活動への意欲と希望を失わず、そして、積極的・効果的に保健師活動ができるように成長してきていると感じています。

 しかし、この資格取得で、スーパーマンのように何でも出来るようになった訳ではありません。日々の悩みは相変わらず出現しますが、その悩みの質が変化しています。保健師活動の日常の細々したことの悩みではなく、保健師全体の質向上にどのように貢献できるのかなど、もっと悩みは深く大きくなった感じです。

 地域看護CNSとして保健師等の支援を行うことは、保健師と共に能力を高めていくという考え方を基盤とするので、仲間がいるという安心感があり孤立感はありません。CNSひとりでは地域は変わりません。主役である住民と共に、そして、仲間である保健師と共に課題解決に向け地道に実践すること、これに尽きるのです。

【関連リンク】
専門看護師(Certified Nurse Specialist)とは(日本看護協会)
資格認定制度について(日本看護協会)

「地域保健」に関するニュース

2021年04月09日
【健やか21】「妊産婦のための食生活指針」の改定について(厚生労働省)
2021年04月08日
新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力
2021年04月07日
小児のがん患者体験調査を初めて実施(国立がん研究センター)
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年04月05日
朝食は「1日でもっとも重要な食事」 朝8時30分までに食べると糖尿病リスクは低下 朝食を改善する4つの方法
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック
2021年04月05日
慢性腎臓病(CKD)の重症化を予防するために 看護師・栄養⼠による保健指導が戦略に 地域連携の強化が重要
2021年04月02日
【健やか21】子どもの事故防止プロジェクト・レポート「子育てを経た保護者の事故防止に対する意識の変化」の掲載について(消費者庁)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶