オピニオン/保健指導あれこれ
地域保健

食文化・食習慣

医療・保健ジャーナリスト
西内 義雄

ところ変われば「当たり前の尺度」も変わります。外国に旅行に行くとよく分かることですが、日本の中でも関東と関西の当たり前は違います。都道府県や市町村単位でもさまざまな違いがあるものです。なかでも食にまつわる文化・習慣は、健康に密接に関連するものなので、ぜひとも注目していただきたい分野です。

たとえば日本人なら誰もが使う醤油。言葉にすればひとつの単語でも、味は地方により大きく異なります。そばやうどん、お稲荷さんなども味付けや見た目にかなり差が出ます。きっと皆さんもどこかでそれを体験し「おもしろい食文化があるものだ」と思った経験があるはずです。

でも、ちょっと考えてみてください。逆に皆さんの住む地域の食だって「変わっている」と思われている可能性はありませんか?

そのあたりをしっかり理解することが、地域保健でよくいわれる「地域・地区診断」の重要な鍵になると思うのです。ここでは地域密着の食材が揃う、スーパーマーケットの売り場などからその鍵を探り、地域に多い疾病などとの因果関係などまで掘り下げてみたいと思います。

プロフィール

  • 西内 義雄
  • 西内 義雄
    医療・保健ジャーナリスト

    経 歴

    1984年 専修大学法学部法律学科卒業
    1986年~ (株)徳間書店の契約社員として編集者の道へ。後にフリーランスとなり、雑誌では旅行・経済・料理・住宅・家電、某ラジオ局でラブ・ストーリーの脚本、某テレビ局報道でマルチ商法潜入の企画を実行などにも参加。
    2002年~ 心臓弁膜症が発見され、心臓大動脈弁を機械弁(SJM)に置換。術後3ヶ月目にはアナフィラクトイド紫斑を発症し緊急入院するなど、1年近く仕事から離れた時期もあります。その経験から、医療・保健に興味を持ち、保健師雑誌での活動を開始。全国各地を周りながら、行動変容の事例、新人保健師、東日本大震災に関わった保健師たちへの取材を通して、保健師の楽しさも辛さも、全て含めてもっと世に広めるべく活動中。現在は執筆のほか、国民健康保険団体連合会、県、市、看護協会などの保健師研修会での講演活動も全国各地で実施中。
    2007年~ 高知県観光特使
    2009年 HSP東京大学医療政策人材養成講座修了
    2010年 国立がん研究センター メディア・セミナー修了
    2013年~ All About保健師ガイド
    2016年 H-PAC東京大学公共政策大学院医療政策・研究ユニット、医療政策実践コミュニティ修了

「地域保健」に関するニュース

2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
2021年01月18日
【新型コロナ】ワクチンの利益とリスク 正しく評価し、接種の判断を 日本感染症学会が提言「ゼロリスクはありえない」
2021年01月18日
電解水素水が酸化ストレスと炎症を抑制する可能性 ストレス負荷に対する生体応答を調査
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
「性感染症」のセルフチェックができるスマホアプリを開発 感染の可能性があるときは医療機関の検索も 順天堂大学
2021年01月12日
「乳がん」を早期発見するための画期的な検査を開発 女性3000人の「マイクロRNA」を測定 臨床試験を4道県で開始
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,382 人(2021年01月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶