オピニオン/保健指導あれこれ
地域保健

保健師スピリッツと実践活動

長野県看護大学名誉教授、 鹿児島大学医学部客員研究員
小西 恵美子

熊本地震から1月ほど経った日、TVは、被災住民を支援する市役所職員や医療者が精神的に追い込まれ涙を流す姿を報じていました。

その情景は福島の原発事故で保健師が語っていた苦悩と重なり、胸がしめつけられました。福島の保健師は、行政に対する住民の不満が保健師に向かって吐き出され、「私たちは厳しい板挟みにさらされていた」と、涙で語っていたのです。事故の情報が行政から来ないうえに、自分たちに放射線の知識が十分でない。その状態で住民に向き合わなくてはならなかった保健師の苦悩は、熊本と同様の、あるいはもっと厳しいものであったに違いありません。

私は、保健師が放射線について学ぶことは専門職としての権利であると、先日このサイトに書きました>>保健師と看護学生に放射線を教える・学ぶ )。

国は法令で、保健指導や健康危機管理の役割を保健師に求めているのですから、それに必要な教育の提供は国の義務だと思うからです。しかし、待っているだけでは物事は変わらないでしょう。看護専門職として暗黙のうちに抱いてきた教育ニーズの見える化を、保健師自身でしない限り。

保健師は実践で、患者・住民・行政などと接し、困った、対応できない、という思いを抱いた経験を持っている筈です。それが暗黙の教育ニーズです。福島の事故以来、私は多くの保健師と接し、その暗黙のニーズを感じとってきました。本シリーズでは、それらを言葉にし、見える化につなげたいと思います。

プロフィール

  • 小西 恵美子
  • 小西 恵美子
    長野県看護大学名誉教授、 鹿児島大学医学部客員研究員

    経 歴

    長野県松本市出身。
    東京大学医学部衛生看護学科卒、医学博士、看護師、保健師、第一種放射線取扱主任者。
    東京大学原子力研究総合センターで放射線健康管理の実践・研究。ここで看護師の放射線教育に関わった後、東大病院内科看護師、長野県看護大学、大分県立看護科学大学、佐久大学の教授を歴任。
    専門は看護倫理と放射線看護。

    最近の主な著書と論文

「地域保健」に関するニュース

2020年07月01日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE) 2020年度申込を受付中 講習会はeラーニング開催
2020年07月01日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防
2020年07月01日
夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ
2020年06月29日
なぜ運動? 運動により世界の390万人以上の命が救われている 運動はメンタルにも良い
2020年06月29日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年06月26日
【健やか21】「コロナ×こどもアンケート」第1回調査報告書を公開
2020年06月25日
食育推進基本計画の目標は多くが未達成―「令和元年度食育白書」を公表
2020年06月24日
外食が肥満や糖尿病の原因? ファストフードにカロリーを表示すれば医療費を減らせる
2020年06月24日
骨折は運動や食事で防げる 肥満・メタボが骨折リスクを高める 納豆が効果的という研究も
2020年06月24日
高齢者の「誤嚥」は1月1日に多く、場所は家が多い 正月の餅が原因か 全国実態調査で明らかに
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,696 人(2020年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶