オピニオン/保健指導あれこれ
保健師スピリッツと実践活動

No.3 僕たち、結婚できますか

長野県看護大学名誉教授、 鹿児島大学医学部客員研究員
小西 恵美子
 ある大学理学部の学生実験でエックス線回折実験をしていた3人の学生が指に被曝する事故がありました。1980年代前半のことですが、この事故の意味は今につながっているように思います。

 エックス線回折装置は、細いX線を試料物質に当て、物質の構造を分析する研究用のエックス線装置です。非常に強いX線を出すので、X線ビーム(X線が通っている道筋のことで、線束ともいう)の中に短時間でも指をかざしたりすると大変危険です。しかし当時は、エックス線防護に関心の薄い研究者が多く、胸のレントゲンと同じようなもので問題ないといった風潮だったので、学生たちは指導教員から安全上の注意は受けませんでした。

 年末近いある日、実験で同じグループになった学生3人は、休憩時間にいたずらに及んだのです。何をしたかというと、X線ビームの中に順番に指をさし入れ、うしろに蛍光版を置き、「ヤー骨が映ってる!」と感激したのでした。言うならば、物質照射用のエックス線装置で自分の指を「透視」。

 正月休みになり、学生はそれぞれ帰省します。正月にかけ、指先が赤くなってきたことに気付きますが、しもやけかな、と特に気に留めなかったそうです。しかし、やがて発赤部分が腫れてきて、実験中のいたずらを思い出したのでした。お互いに電話しあい、「お前もそうか」と、3人とも同じ症状であることを知ります。

 休みが明けるや、彼らはそろって私たちの研究室にあらわれました。放射線健康管理学の医師であるY教授の診察を受け、「エックス線回折装置による左第二指の急性放射線皮膚障害」の診断。教授は局所に刺激を与えぬように単軟膏を塗布し、「間もなく水泡になる、毎日来なさい」と指示。私たちはその度に丁寧に包帯交換。

 私たちは現場に行って学生の行動を再現し、線量を測定しました。指の被曝線量は約9グレイ※と評価されました。放射線影響と線量との関係はよくわかっており、この線量の被ばくであると、水泡から潰瘍に進むだろうと予測されました。

※ 放射線治療や事故等による高い線量の被ばくの場合には、線量は「シーベルト(Sv)」ではなく、「グレイ(Gy)」という単位で表される。エックス線やガンマ線の場合には、1Gy=1Svと考えて差し支えない。

 予測どおり、水泡が形成され、それが神経を圧迫するので学生は疼くような痛みを経験。水泡が破れるとともに痛みは引いてゆきましたが、水泡が破れたあとの解放創の感染防止に私たちは神経を使いました。皮膚の損傷は真皮に達して潰瘍になり、浸出液が出ました。Y教授の治療方針は厳重な感染防止と、あらゆる刺激を避けること。学生たちと私たちとの協働作業が続きました。

 結局、潰瘍面は痂疲を形成、創周囲の健康な皮膚が創中心に向かって伸び、創はゆっくりと縮小してゆき、局所は表皮で覆われ、創傷は治癒しました。X線の線量率は短時間で障害を起こすほど高かったけれども、線束が細くて被曝面積が小さかったことは幸いでした。しかし、治癒面は光沢を帯び、まだひ弱そうでした。Y教授は、「当分、指を保護する必要がある。これからも定期的に来なさい」と指示。学生たちは、ここではじめて安堵の色を浮かべました。しかしなお、心につかえるものがある様子。意を決してひとりの学生が口を開きました。「先生、僕たち結婚できますか?」と。

 この問いに対する回答は私たちにまかされました。

 私たちは、彼らの心配が「結婚して子供が持てるのか」、つまり、自分たちの生殖能力は大丈夫なのか、ということであることを確認したうえで、次のことを学生に伝えました。

・ 放射線の影響は、放射線を受けた部位にしかあらわれない。

・ 生殖能力への影響を考える必要があるのは、被ばく部位が生殖腺で、かつ、線量が100ミリグレイよりも高い場合である。

・ あなたたちの被ばく部位は指先だけで、生殖腺は放射線に当たっていない。したがって、結婚も子どもをもつことも全く問題ありません。

 今はもう、この学生たちもリタイアの年。お孫さんと楽しく暮らしている人もいることでしょう。

 被ばくの影響を考えるときは、次を考えることが非常に大事です。

・ 放射線をどこに受けたか(被ばく部位)

・ どのくらい受けたか(線量)

 しかし、人々はこの問いを度外視して放射線を怖がります。なかでも顕著であるのが、子どもができなくなるのではないか(不妊)、奇形児が生まれるのではないか(形態異常発生)、子孫に悪影響が及ぶのではないか(遺伝的影響)、という心配です。

 次世代に関わる気がかりであり、看護職はこれに対して真摯に向き合うことが大切です。そのためには、次のことをしっかりおさえておかなくてはなりません。

・ 不妊が問題になるのは、生殖腺に高い線量を受けた場合である。例えば、生殖腺やその近くの臓器に放射線治療が行われる 場合など。

・ 形態異常の発生は、人間の発生例は認められていないが、動物実験では、器官形成期に放射線による形態異常が起こることが確認されている。したがって、放射線防護の目的では、胎児が器官形成期(受精後3-8週間)にある時に100-200ミリグレイを超える放射線を受けた場合にはその可能性を考えて対処する。
 例えば、腹部CT検査や注腸造影などの、腹部が照射野に入る放射線診断の際には、妊娠の可能性について注意深く問診する必要がある。

・ 遺伝的影響も、人への発生例は認められていない。しかし、動物実験の結果を参考に、放射線防護の観点から、遺伝的影響を考慮した防護基準が設定されている。

 最後に、この事故の意味は「今につながっている」と冒頭に述べたことについてです。 図は、1986年のチェルノブイリ原発事故のあと、ギリシャで出生数が大きく落ち込んだことを示しています。ヨーロッパでは、原発事故で奇形児発生という噂が広がり、子どもをおろす母親がたくさんでたのでした。

 同様の噂や恐れは、福島原発事故後の日本でも広がっています。事故の影響を受けた地域の保健師たちは、そのような噂や不安が、人々の健康データに悪影響となって表れていると、心配していました。

 また、最近は、原発事故で自主避難した中学生の手記が公表され、転校直後からいじめを受けていた深い苦しみが綴られていました。放射線、放射能に対する偏見が、差別やいじめにつながっています。とても悲しく思います。

「地域保健」に関するニュース

2017年08月23日
「過労死」の実態把握のための労働調査 なぜ過重労働は改善されないか
2017年08月23日
10月8日は、「糖をはかる日」講演会2017 参加者募集開始
2017年08月23日
大規模災害時の保健活動 「保健医療調整本部」を設置し連携強化
2017年08月22日
認知症の3分の1は予防できる 予防するための4つの生活スタイル
2017年08月22日
「褐色脂肪」を活性化する因子を特定 エネルギー消費を促しメタボに対策
2017年08月22日
健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター
2017年08月21日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル公開中「クーラー病」「痛風リスク」
2017年08月21日
9月は健康増進普及月間 ~生活習慣改善を啓発
2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価

最新ニュース

2017年08月23日
「過労死」の実態把握のための労働調査 なぜ過重労働は改善されないか
2017年08月23日
10月8日は、「糖をはかる日」講演会2017 参加者募集開始
2017年08月23日
大規模災害時の保健活動 「保健医療調整本部」を設置し連携強化
2017年08月22日
認知症の3分の1は予防できる 予防するための4つの生活スタイル
2017年08月22日
「褐色脂肪」を活性化する因子を特定 エネルギー消費を促しメタボに対策
2017年08月22日
健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター
2017年08月21日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル公開中「クーラー病」「痛風リスク」
2017年08月21日
9月は健康増進普及月間 ~生活習慣改善を啓発
2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶