オピニオン/保健指導あれこれ
中学生・高校生 2万人を対象にした思春期アンケート調査

No.3 親子の関係について

厚生労働省 子ども・子育て支援推進調査研究事業
永光 信一郎(久留米大学小児科学講座 准教授)研究班

あなたの家族は、家の中でよく会話をしますか?

 中学生では、高学年になると「いつも」会話されている家庭は少なくなる傾向が見られました。「たまに」と、「まったくない」の回答を合わせると1割近くが会話が少ないことがわかります。

 高校生では学年の差はなくなっています。このことから会話する家庭、会話をしない家庭が決まっていることも推測できます。今回の調査ではそこまで詳しくは実施していませんが、共働き、兄弟の数、親御さんの年齢、核家族など様々なことが関係している可能性があります。

 性別でみると女子のほうが、「いつも」会話すると答えている人が多いことがわかりました。

家の中での会話と、友だちの数の関係について


 よく会話する家族で過ごしているお子さんのほうが、友だちの数はたくさんいる傾向がありました。

 これは、家庭の中での家族の会話が、とても大切であることが改めてわかる興味深い結果です。

 中学生・高校生ともに同じような傾向が出ています。高校生では、友だちの数が「少ない・ほとんどいない・わからない」と答えている人が増えているのは、グループで過ごすよりも真の友だちとのつき合いが多くなるからかもしれません。

家の中での会話と、幸福感について


 家の中での家族の会話と、子どもの幸福感も同じように関係していました。

「幸せだと感じていますか?」だけではなく、「健康だと感じていますか?」、「ひとりぼっちだと感じていますか?」という質問でも、同じような結果でした。つまり、家庭の中での家族の会話が少ない子どもほど、ひとりぼっちを感じている子が多いことがわかります。

家の中での会話と、結婚の希望の関係について


 結婚観も家庭内の家族の会話量によって異なるようです。アンケート結果より、家の中で家族がいつも会話する家庭の子どもは、結婚をしたいと思う率が高く、会話が少ない家庭の子どもは、あまり結婚したいとは思っていないことがわかります。

 「あなたは、今の家族の中で育ったことを良かったと思いますか?」という質問の回答では、85%の子どもが、「とても良かった」、または「だいたい良かった」と回答。一方で、1割前後の子が、「あまり良かったとは思わない」、または「全く良かったと思わない」と回答していました。

 家族の中で会話がいつもある家庭の子どもほど、今の家族の中で育ったことを良かったと思う率が高く、会話が少ないほど、家族に対する良いイメージが持てていないようでした。

「家庭内での家族の会話」の重要さを見直そう
 会話を増やすためにはどうしたらいいのでしょうか?

 今回、「家庭内での家族の会話」という点から解析をした結果、家庭内での家族の会話が、様々な点に影響していることが明確にわかりました。

 家庭内での会話を増やすためにはどうしたらいいのでしょうか?

 インターネットやスマホが普及して、リビングルームに家族が集まるけど、皆がそれぞれスマホ操作をしていて家族の会話がなくなったり、子どもたちも友だちの家に遊びに行っても、それぞれがゲームをして遊ぶようなことがあります。子どもだけではなく大人も、便利なインターネットやスマホとのつき合い方を考えないといけないのだと思います。

 1日のうちの少しの時間でも、または1週間のうちの何曜日かに、家族で、または子どもと、お話しをするという小さな意識を持たせることで、大きな変化が期待できると思います。

「学校保健」に関するニュース

2018年12月06日
【健やか21】近年急増の梅毒 男性は40代、女性は20代が最多
2018年12月05日
ペットロボ「アイボ」の癒やし効果を医療に活用 成育医療研究センター
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~介護予防・高齢者生活支援分野/母子保健分野~
2018年11月29日
【健やか21】伝染性紅斑が流行しています(東京都)
2018年11月28日
高カロリー飲料やお菓子はなぜ危ないか メタボや糖尿病の原因糖質が判明
2018年11月25日
【健やか21】暮らしに役立つ情報「一人ひとりの医療情報が"明日の医療"につながります。」
2018年11月21日
運動不足はメタボよりも高リスク 運動をより多く・座る時間は少なく
2018年11月21日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月21日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月21日
母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする メカニズムを解明

最新ニュース

2018年12月14日
【健やか21】不登校傾向にある子どもの実態調査 中学生約33万人
2018年12月12日
年末年始にアルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2018年12月12日
手軽な運動で筋内脂肪を減少 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年12月12日
うつ病を早期支援するのための社員向け研修プログラムを開発 職場のメンタルヘルス不調を早期発見・介入 九州大学など
2018年12月12日
保健指導にインセンティブを 世界の1億人の運動量を増やす「Vitality」の戦略
2018年12月12日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月06日
【参加募集中】第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年12月06日
【健やか21】近年急増の梅毒 男性は40代、女性は20代が最多
2018年12月05日
保健指導をオンラインで支援 金沢大学がIoT活用で新たな保健指導サービス
2018年12月05日
【山梨県】糖尿病対策推進会議などと連携 「糖尿病腎症」の重症化予防
2018年12月05日
ペットロボ「アイボ」の癒やし効果を医療に活用 成育医療研究センター
2018年12月05日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月05日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年12月04日
「依存症を知る~今日的課題と対応~」へるすあっぷ21 12月号
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~介護予防・高齢者生活支援分野/母子保健分野~
2018年11月29日
「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~生活習慣病予防分野~
2018年11月29日
【健やか21】伝染性紅斑が流行しています(東京都)
2018年11月28日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」※申込みを締切りました
2018年11月28日
高齢者の入浴に「要介護」を防ぐ効果 ただし冬の入浴には注意も必要
2018年11月28日
高カロリー飲料やお菓子はなぜ危ないか メタボや糖尿病の原因糖質が判明
2018年11月28日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年11月28日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決
2018年11月28日
肥満の多い国にいる日本人は肥満になりやすい? 運動指導がポイント
2018年11月25日
【健やか21】暮らしに役立つ情報「一人ひとりの医療情報が"明日の医療"につながります。」
2018年11月21日
運動不足はメタボよりも高リスク 運動をより多く・座る時間は少なく
2018年11月21日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月21日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月21日
母乳が赤ちゃんの腸内フローラを健康にする メカニズムを解明
2018年11月21日
慢性腎臓病(CKD)の原因は腎臓での「エネルギー代謝障害」 治療法を開発
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶