オピニオン/保健指導あれこれ
働く人のがん対策

働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま

セルポートクリニック横浜医師、 杏林大学形成外科非常勤講師
辻 直子

乳がんは、現在、日本人女性のがん罹患率のトップに位置するがんです。その罹患率は年々高まっている現状で、さらに検診技術の向上により20代、30代の若い方の乳がんも見つかるようになりました。多くの女性が精力的に働いている年代での乳がんの増加により、働きながらがん治療を続けなければならない局面も増えてきています。

今回の連載では、誰もがかかる可能性のある乳がんに実際かかったとき、どのような治療が待っているのか、乳がん治療の先の乳房再建はどのようなものか、そしてそれは仕事をつづけながらできるのか。これらについて、現状と最新治療をお伝えしていきます。関わる患者さんへの情報提供に役立つとともに、女性の方全員が他人事ではない乳がんについて、より広く知っていただければと思います。

プロフィール

  • 辻 直子
  • 辻 直子
    セルポートクリニック横浜医師、 杏林大学形成外科非常勤講師

    専門分野・研究テーマ

    乳房再建、形成外科一般

    経 歴

    平成10年 信州大学医学部卒業。平成10年 東京大学形成外科に入局し、福島県立医大病院形成外科、焼津市立総合病院形成外科、自治医科大学形成外科、杏林大学形成外科等を経て経験を積み、医学博士号を取得。形成外科全般を習得するが、近年では主に乳房再建の診療に従事している。

    平成23年 セルポートクリニック横浜の院長に就任し、幹細胞を用いた最新の治療を乳房再建に応用した治療を行っている。形成外科専門医。

    平成31年 院長を退任し、同クリニック医師を勤める。

    所属学会

    日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本乳癌学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

「働く人のがん対策」に関するニュース

2020年03月24日
「がん教育における配慮事項ガイドライン」を公開 中学校では2021年度よりがん教育を実施
2020年03月18日
長時間座ったまま仕事をすると、がんのリスクが上昇する リモートワークで運動不足の人は要注意
2020年03月13日
中高年者こそ運動が必要 「健幸華齢のためのスマートライフ」で活力年齢が若返る 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(1)
2020年03月13日
運動でがん予防 ライフステージに応じたがん対策 運動でがんリスクが低下 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(2)
2020年02月26日
【新型コロナウイルス感染症の流行に備える】 集団感染を防ぐための対策が本格化 どんな人が重症化しやすい?
2020年02月26日
尿を使う高感度・低コストのがん検診が実用化 線虫で15種類のがんを早期発見 世界初
2020年02月26日
子宮頸がん :「HPVワクチン」の積極的勧奨を70%まで回復すれば80%の女性の命を救える
2020年02月20日
男性患者向け外見ケアのガイドブック「NO HOW TO」を作成 国立がん研究センター中央病院
2020年02月19日
生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる
2020年02月05日
ウォーキングなど運動習慣のある人はがんのリスクが低い 大腸がんは14%低下 乳がんは10%低下
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶