オピニオン/保健指導あれこれ
働く人のがん対策

病気になっても仕事を続けるための支援

荒木労働衛生コンサルタント事務所 所長
荒木 葉子

仕事の意義は人によって様々ですが、経済、人とのつながり、所属感、生きがい、などがあげられるでしょう。病気と診断され長期療養が必要になった際に、雇用は大丈夫か、治療後以前と同じように働けるかなど、仕事に関する不安が生じてきます。けれども患者さんは、医療職には仕事のことは相談しにくいと感じており、また、医療職は患者さんの仕事と治療の両立をどのように支援すれば良いかわからない、と報告されています。

平成28年2月に厚生労働省から「治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」が出されました。このガイドラインをベースに、病気になっても仕事を続けるための支援法を考えていきましょう。

プロフィール

  • 荒木 葉子
  • 荒木 葉子
    荒木労働衛生コンサルタント事務所 所長

    経 歴

    慶應義塾大学医学部卒業。内科・血液内科専攻。

    報知新聞社産業医、カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学、NTT東日本東京健康管理センタ所長、東京医科歯科大学女性研究者支援室特任教授などを経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。都内病院で内科診療も行う。

    主な著書に「働く女性たちのウェルネスブック」(慶應義塾大学出版会)など。

「働く人のがん対策」に関するニュース

2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年10月30日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている 国立がん研と成育医療センター
2019年10月23日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月15日
乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い
2019年10月08日
アピアランスケアを解説したリーフレットを作成 がん患者の自分らしい生活を支援
2019年10月01日
乳がんサバイバーの健康をスマホのアプリが改善 栄養士や医師にリアルタイムでアクセス
2019年09月27日
9割の事業所で受動喫煙対策に取り組むも、さらなる徹底を 厚労省労働安全衛生調査
2019年09月25日
大豆イソフラボンが乳がんサバイバーの骨粗鬆症を減少 乳がん治療が骨密度を低下
2019年08月27日
「乳がん」の再発を防ぐ治療法の開発に道 乳がん細胞の弱点をみつける研究
2019年08月21日
喉頭・胆のう・腎・腎盂尿管癌の3年生存率を初集計 国立がん研究センター
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶