オピニオン/保健指導あれこれ
がん患者さんのアピアランス・サポート
みなとアピアランス・サポート相談室(一般社団法人アピアランス・サポート東京)

No.4 抗がん剤の副作用のよる爪のトラブルとケアについて

みなとアピアランス・サポート相談室
アピアランスアドバイザー・ネイリスト
森本 恵

患者さんが抱える爪のトラブルをケアしたい
看護師からネイリストへ転職

 「脱毛」ほど知られてはいませんが、抗がん剤や一部の分子標的薬の副作用の1つに「爪の変形や変色」があります。

 病院で12年間、看護師として働いていたときに、抗がん剤の副作用を始め、患者さんが抱える爪のトラブルを目の当たりにし、ネイルケアの重要さを感じていました。

 当時の看護師としての立場ではできることに限りがあり、爪のケアまでは配慮が行き届かない現実がありました。2017年に看護師を辞め、現在は「みなとアピアランス・サポート相談室」のアピアランスアドバイザーとして、がん患者さんのネイルケアを担当をしています。

爪は生活を送る上でとても大切なところです。

 爪のトラブルで痛みや炎症があれば、健康な人でも手を使った作業がやりにくくなったり、うまく歩くことができなくなったりします。がんなど病気を抱えている患者さんであれば、こうした小さな炎症からも大きく体調を崩す可能性がありますので、アピアランス(外見、見た目)としての問題に加え、痛みや炎症を引き起こす可能性もあり、正しいケアが必要です。

 抗がん剤の副作用で爪にトラブルがある方のネイルケアにはいくつか注意点があります。その注意点やポイントをここでお伝えいたします。

 がん患者さんや薬の副作用で爪にトラブルがある方へ是非、お伝えしていただければと思います。

爪に起こる抗がん剤の副作用

 爪に起こる抗がん剤の副作用には「巻き爪」「爪が黒く変色」「爪にスジが入る」「爪が薄くなり、割れる」といったものがあります。爪は付け根にある爪母細胞で作られますが、抗がん剤によりこの部分が影響を受けて、爪の細胞分裂や増殖が損なわれることによって副作用が起こります。影響を受けた部分が爪に現れるのは、抗がん剤治療が終わって数ヶ月たった後です。

 抗がん剤の副作用に対するネイルケアで、まず行うのは「甘皮ケア」です。手足を温かいお湯につけてふやかした後、余分な甘皮を取り除きます。結果、爪母細胞の環境を改善、健康で丈夫な爪が生えてくるのです。

アピアランス相談室で心がけているネイルケアとポイント

・さらに甘皮ケアの後に保湿のオイルを塗るのですが、甘皮周りをキレイにすることでオイルの吸収がよくなり、さらに良い爪が生えてきます
・抗がん剤の副作用で、指先にしびれが出ることもあるのですが、そうした方には、極力、圧をかけないように爪を切り、ネイルファイル(やすり)をかけるときも、1回ずつゆっくり、弱くかけるように
・使用しているネイルポリッシュは、がん患者さんのQOL向上を目的に開発されたもので、主成分が水で保湿効果があります。抗がん剤治療中の患者さんは、吐き気があったり、匂いにも敏感だったりしますが、この製品は有機溶剤が使われていないので、気になる揮発性の匂いが全くありません。
・施術時間の調整など体調に合わせたケアをします。

自分でできる、簡単ネイルケア

1.お風呂で、綿棒を使った甘皮ケア

一般の方でもできる簡単な方法をご紹介します。お風呂で湯船に浸かり、甘皮がふやけてやわらかくなったら、綿棒を浸かって、爪の付け根の方向に押します。綿棒は先が丸くなっていてやわらかいので、指や爪を傷つけることもありません。

2.お風呂上がりは、保湿オイル

 爪用の保湿オイルが売られていますので、お風呂での甘皮ケアの後に塗ります。爪を作る爪母細胞の環境が良くなり、元気な爪が生えてきます。


爪の付け根に保湿オイルを塗ると、乾燥を防いで元気な爪が育つ

 そして忘れてはいけないのが爪の裏側。爪はくっついている皮膚の部分から水分を補給していますが、伸びて指の皮膚から離れた部分は、乾燥し、もろくなります。裏側にも保湿オイルを塗るようにしましょう。


爪の裏側にも忘れずに保湿オイルを

3.手には保湿クリームを

 手が乾燥すると、爪にも影響が出ます。また乾燥するとささくれができやすくなりますが、抗がん剤治療中だと、そこから傷ができたことがきっかけで感染症になることもあります。

4.手袋で手の保護を

 抗がん剤治療中は手がしびれたりして、感覚が低下しているため、気づかないうちに指先を傷つけてしまうことがあります。指先を守るために、保護用の手袋をつけるようにしましょう。入浴や炊事の時に使えるものが販売されています。

 また、ネイルポリッシュ(ネイルカラー)を塗るのは、爪の変色を隠すというアピアランスの効果がありますが、もろくなった爪を保護し、二枚爪などを防ぐという役割もあります。ジェルネイルは爪を傷める可能性があるので、おすすめできません。

気になることがあれば相談へきてください

仕事の場ではもちろん、食事会やレジでお金を出す時など、指先が気になる状況は意外と多くあります。また、自分自身が毎日見る指先をケアすることでQOLの向上にもなります。アピアランス相談室にいらっしゃる方は女性だけでなく男性もいますし、年齢も様々です。

「爪の悩みなんて…」と思わずに、どうぞ気軽に相談にきていただきたいと思います。

 

著者プロフィール

  • 森本 恵
  • 森本 恵
    みなとアピアランス・サポート相談室
    アピアランスアドバイザー・ネイリスト

「働く人のがん対策」に関するニュース

2019年01月15日
乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」
2019年01月08日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月08日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2018年12月26日
がん患者のための情報サイトを公開 就労や生活上の課題などの情報が中心
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月07日
【新連載】がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
2018年10月31日
生涯でがんに罹患する確率は男性62%、女性47%~最新がん統計
2018年10月31日
乳がんの原因遺伝子を解明 日本人1万8,000人のデータベースを構築
2018年10月31日
世界の長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に
2018年10月24日
乳がんの「転移」を人工知能(AI)が99%の精度で検出 米グーグルが開発

最新ニュース

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開
2019年01月18日
【健やか21】2/11(月・祝日)シンポジウム「周産期からの虐待予防」
2019年01月16日
慢性腎臓病(CKD)対策 透析を防ぐために「睡眠」の改善が必要 大阪大
2019年01月16日
産後うつと関連して対児愛着が悪くなる 母親を早期支援し「ボンディング障害」を予防
2019年01月15日
糖尿病腎症の重症化予防 保健師・管理栄養士・薬剤師が連携 先進的な取組みを紹介 厚労省
2019年01月15日
乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」
2019年01月15日
アルコール依存症の飲酒量を低減する薬が登場 飲酒の1~2時間前に服用
2019年01月10日
【先着順申込み受付中!】 2/6 市民公開講演会 全国生活習慣病予防月間2019
2019年01月10日
【健やか21】ピアサポーター養成講座受講生の募集について(難病のこども支援全国ネットワーク)
2019年01月09日
「働き方改革と健康経営」へるすあっぷ21 1月号
2019年01月09日
【産保PC第7回(2018年度 第3回)レポート】職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~
2019年01月08日
高齢者の肥満症のガイドラインを公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月08日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月08日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2019年01月08日
「冷え性」を克服するための6つの改善策 足の冷えに動脈硬化が隠れていることも
2019年01月07日
保健指導リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト20
2019年01月04日
妊娠~子育て期にだれもが切れ目ない支援を受けられるように―成育基本法が成立
2019年01月04日
厚労省が医療的ケア児と家族を支えるサービスの事例紹介の報告書を作成
2019年01月03日
IT導入で「障がい者雇用の可能性を広げる」期待高まる―野村総研調査
2018年12月26日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 朝型生活でメタボや糖尿病のリスクを低下
2018年12月26日
認知症の発症を予想する新たなマーカーを発見 久山町研究の成果 九州大学
2018年12月26日
がん患者のための情報サイトを公開 就労や生活上の課題などの情報が中心
2018年12月26日
学生時代の運動歴が将来の健康を左右? 大学時代のスポーツ経験が影響
2018年12月26日
慢性腎臓病(CKD)患者はBMIが高値だと生命予後が良好 2万6,000人を調査
2018年12月21日
【健やか21】「アドバンス助産師1万2,000人に」日本助産評価機構が新たに992人認証
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み② ~仕事と育児・介護の両立支援 編~
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み① ~健康経営・健康増進活動の展開 編~
2018年12月19日
肥満や病気の予防を「まちづくり」から推進 健康になるための「都市デザイン」とは 千葉大と竹中工務店
2018年12月19日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測 国立国際医療研究センター
2018年12月19日
果物は肥満・メタボに良いのか悪いのか? 果物の健康効果を科学的に検証
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶