オピニオン/保健指導あれこれ
がん治療を楽にする口腔ケア

No.2 がん治療開始前に行ってほしい口腔ケア

静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長
百合草 健圭志
 がん治療にあたって口の中の環境を整える口腔ケアのポイントは2つ。

①歯科医院を受診することと、
②歯みがきなどのセルフケアをきちんと行うことです。

 歯の治療が必要になるかもしれないので、できれば治療開始2週間前までに歯科医院を受診しておきましょう。すでに治療が始まっている方は、治療中でも構いません。がん治療を優先しながら、体調のいいときに受診しましょう。がん患者さんの口腔ケアにかかる医療費は、2012年から保険適用になっています(百合草先生)。

ケアその① 歯科医院を受診しよう

歯科医院で行うことは?

・歯や歯肉など口の状態をチェックする(スクリーニング)
・歯石の除去(クリーニング)
・虫歯や歯周病はできる範囲で治療する(必要があれば)
・ブラッシング指導を受ける
などで、「スクリーニングとクリーニングが、特に重要です」(百合草先生)。

受診するときのポイントは?

 歯科医院は、かかりつけ医がベスト。なぜなら、「あなたの口の中のことを一番よく診ているため、小さな変化にも気づくことができるからです」(百合草先生)。 かかりつけがない場合は、がん治療をする病院の歯科口腔外科や、専門の研修を受けたがん連携登録歯科医などに相談するのがベターです。

 がん連携登録歯科医について、詳しくはこちら を参考にしてください。

歯科医にがんの病名や治療の内容を伝えましょう。

 「かかりつけの歯科医院がある方は、がん治療に入ることをあらかじめ歯科医に伝えておくとよいでしょう。がん治療の担当医から診療情報提供書をもらっておけば、必要十分な医療情報が伝わり、より安心安全です。がん治療の内容がわかれば、治療中の口腔トラブルを予想して、抗生物質や痛み止めなどの薬を処方してもらうこともできますし、がん治療中、歯や歯茎が痛くなったときなどにも、体調や病歴などを考慮した上で、治療やアドバイスをしてもらえます」(百合草先生)

歯科医に伝えることリスト
□がん治療を控えている、または治療中であること
□がんの正しい名称と治療の内容(手術か抗がん剤治療か放射線治療か、使う薬、治療スケジュールなど)
□飲んでいる薬や持病(糖尿病など)の有無
□がん治療の担当医から診療情報提供書、最新の血液データを預かり、渡す

ケアその② 歯みがきをきちんと続ける

 がん治療中は、口の中の環境は汚れやすく変わっています。さらに抗がん剤治療中には、口内炎などができて十分に歯が磨けないことが出てくるかもしれません。ですから、治療前から、歯みがきやうがいの方法を確認し、普段よりしっかりと継続し、口の中がきれいな状態で治療にのぞむことが大切だそうです。

口内炎を起こしやすい抗がん剤があります

 乳がんの治療に用いられることがある「エベロリムス(商品名:アフィニトール)」という分子標的薬(抗がん剤)は、自宅で内服できる利点がありますが、口内炎ができやすいという副作用が特徴です。この口内炎は、飲み始めの1ヵ月以内にできやすく、ほとんどがその後は落ち着き、発生は少なくなります。この治療でできた口内炎には、ステロイド軟膏での治療が効果的とされています。口内炎がつらいときには、主治医やかかりつけの歯科医に相談してみましょう。

「働く人のがん対策」に関するニュース

2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年02月19日
アルコールがんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月13日
子宮頸がんは2000年を境に増加 世界では31万人超が死亡 専門家は「早期診断とHPVワクチンの普及が欠かせない」と強調
2019年02月03日
大人のがん教育への活用も。がん医療の現状とサバイバーの今をていねいに描くドキュメンタリー映画「がんになる前に知っておくこと」を鑑賞して
2019年01月30日
すべてのがん患者は運動を治療として行うべき 運動が乳がん患者のQOLを改善 欧州臨床腫瘍学会
2019年01月28日
2月2日より公開、がんの知識を一から学ぶドキュメンタリー映画『がんになる前に知っておくこと』
2019年01月22日
「食物繊維」が糖尿病や心臓病のリスクを減らす インフルエンザの予防にも有用
2019年01月15日
乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」
2019年01月08日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション

最新ニュース

2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2019年03月25日
【新連載】住み慣れた地域で最期まで暮らすことを目指した「暮らしの保健室」~医療・看護・介護を通じた住みよいまちづくりの試み~
2019年03月25日
地域保健・健康増進事業報告②~健康診査についてなど「健康増進事業」の概要
2019年03月22日
2017年度 特定健診の実施率は53.1%、特定保健指導の終了者は19.5% 目標との隔たり埋まらず
2019年03月22日
【健やか21】春本番、自転車の思わぬ事故に注意! ~安全のために知っておきたいポイント~
2019年03月20日
運動は若さを保つための最善の策 40歳以降は筋肉を増やす運動が必要
2019年03月20日
糖尿病リスクはBMIが22以上から上昇 若い頃からの体重管理が重要 順天堂大学
2019年03月20日
保健指導と介護予防を一体的に実施 フレイル対策を強化 厚労省が方針
2019年03月20日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
2019年03月20日
長時間労働が心筋梗塞リスクを1.6倍に上昇 日本人1.5万人を20年調査
2019年03月20日
歯周病がCOPDの引き金に 歯周病の人は発症リスクが4倍に上昇
2019年03月19日
地域保健・健康増進事業報告①~母子保健など「地域保健事業」の概要
2019年03月14日
【健やか21】募集開始!周産期メンタルヘルスと児童虐待予防セミナー
2019年03月14日
保健師の職業紹介番組を放映(テレビ神奈川、3/17)
2019年03月14日
「産業保健プロフェッショナルカンファレス」主催者変更のお知らせ
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
【新連載】LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月12日
【参加申込受付中】産業保健師会 2019年度 第1回研修会「産業保健師活動のあり方の本質に迫る―今どきの職場不適応の背景とその対応―」
2019年03月08日
睡眠に不満がある人は9割超―求められる十分な睡眠時間と質の高い眠り
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月07日
【健やか21】世界自閉症啓発デー2019(4/6東京) 参加申込み受付中
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年03月06日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶