オピニオン/保健指導あれこれ
がん治療を楽にする口腔ケア

No.3 治療中の人に行ってほしい口腔ケア

静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長
百合草 健圭志

今の自分にできるケアを行っていきましょう

   がん治療には、手術、抗がん剤、放射線など、さまざまな治療がありますが、すべて口の中の環境に悪影響を与えます。

 治療の内容によって、口に現れる副作用の症状や度合いも変わってきます。

 口の痛みや炎症が起こり、歯みがきが難しいときもがありますが、状態に合わせて、できることを行っていきましょう。

 がん治療中の口腔ケアのポイントは?

・可能な限り歯みがきを続ける
・歯みがきができないときはうがいだけでもOK
・痛みがあるときには頑張らずに、できる範囲のケアにとどめる
・口の中がしみるときには、低刺激のケアグッズなどを活用する

口の中の清潔とうるおいを保ちましょう

   いますぐできる6つのセルフケアをまとめました。

 がん治療中の口腔ケアは、「感染を予防する」「痛みを軽くする」ために行います。痛みを我慢しないことも大切です。

 1. 歯みがき(口の中を清潔に保つ)

 治療中は、口の中は汚れやすく、刺激に弱くなってしまいます。治療によっては、飲食ができなくなることもありますが、絶食中でも口の中は汚れます。可能な限り歯みがきを続けましょう(できないときは、うがいで対処)。

 毎食後、歯を磨くのが基本ですが、体調によっては1回でも構わないそうです。

歯のみがき方のコツ

・歯ブラシは、ヘッドが小さいもの、平らにカットされたものを選ぶ
・口内炎や痛いがあるときには、刺激が少ない歯みがき剤を選ぶ、または水だけでみがく
・洗口液はノンアルコール・低刺激の物を選ぶ
・炎症部分を避けてみがく


歯をきれいにするために役立つアイテムと選び方




参考資料: 「口腔ケアでがん治療はグッと楽になる (健康ライブラリー)
(百合草健圭志著/講談社)

 2. うがい(汚れを洗い流す・潤す)

 抗がん剤の治療中は、唾液が出にくくなり、口の中が乾燥しやすくなります。口の中が乾燥すると、雑菌が繁殖しやすくなり、口の中が汚れます。

また、吐き気や倦怠感で歯みがきが難しいときもあります。

積極的にうがいを行いましょう。

場合によっては、起床時、食後、就寝前と、日中は2時間おきぐらいにうがいをして、口の中を洗い流しておきましょう。

うがいのコツ

・口の各所にまんべんなくいきわたるように、ブクブクうがいをする
・通常は水道水で充分。しみるときは生理食塩水(水500mlに食塩4.5g)や医師の処方したうがい薬、市販の保湿剤(スプレー式・ジェルタイプ・洗口液)を使う

 3. 唇のケア(保湿)

 口が渇き気味になったら、まず保湿。

 唇にも、リップクリームや軟膏を塗っておくと、口の乾燥を和らげることができます。 

 4. 義歯の清掃(口の中を清潔に保つ) ※義歯の方のみ

 歯だけでなく、義歯にも汚れがつきやすいため、しっかり管理しましょう。義歯洗浄剤を使う前に、ブラシ(義歯専用あり)で表面の汚れを落としましょう。その後、義歯洗浄剤に浸けることで、義歯の奥の汚れや細菌・カビまでしっかりと薬品の効果が届きます。

義歯の清掃のコツ

・義歯は割れやすいので、お手入れをするときは水を張った洗面器の上などで行いましょう。
・必ず義歯専用のケアグッズを使ってお手入れをしましょう。

 5. 粘膜の清掃(口の中を清潔に保つ、唾液を出しやすくする)

 がん治療中は、口の中が乾燥しやすいため、歯だけでなく舌や上あごなどの粘膜の清掃も必須です。

ガーゼや市販のスポンジブラシに水や保湿剤を含ませて、歯や歯肉、舌、ほおの粘膜などを軽く擦って、汚れを拭き取ります。

 スポンジブラシは、入れ歯で歯がない方のケアにも使えますし、口の渇きが強い場合には、マッサージ効果で唾液の分泌を促進します。


スポンジブラシ バトラー (サンスター株式会社)


スポンジブラシ ハミングッド(株式会社モルテン)

 6. 痛みを我慢しない

 「痛みは気力や体力を奪います。特に、口の痛みは食事だけでなく、会話などの周りの人とのコミュニケーションにも影響します。食欲がなくなったり、うつっぽくなったり、不安でさらに痛みを感じやすくなったりと、我慢してもいいことは何もありません。痛みによって、がんの治療が続けられなくなる可能性もあります」(百合草先生)

痛みが強いときの対処

・医師に相談して、原因を見つけ、痛みを取り除くことを考えましょう
・我慢せずに、痛み止めの薬を処方してもらいましょう
・顎や歯の痛みなどが続く場合、合併症が起きている可能性もあるので、放っておかないこと。主治医やかかりつけの歯科医に相談しましょう
・口腔ケアをこまめに行うことで、痛みがやわらぐこともあります

「働く人のがん対策」に関するニュース

2018年04月18日
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化
2018年04月11日
子宮頸がんとHPVワクチン 日本産科婦人科学会が「接種は必要」と強調
2018年03月30日
【ちらし配布ご協力お願い】女性特有のがんコミュニティ型SNS「Peer Ring」
2018年03月28日
血中のビタミンD濃度が高いとがんリスク低下 日本人3万4000人を調査
2018年03月15日
「健康日本21」(第二次)の中間評価(1) 6割超の項目が「改善」 メタボは減少
2018年03月15日
「健康日本21」(第二次)の中間評価(2) 日本人の平均寿命と健康寿命が延伸
2018年03月07日
高血圧・高血糖・高血中脂質 3つが連鎖する「トリプルリスク」の危険性
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年02月15日
喫煙と飲酒が口腔・咽頭がんのリスクを上昇 たばこ、お酒でリスクは4倍に
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?

最新ニュース

2018年04月26日
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します!
2018年04月25日
「検体測定室」でのHbA1cチェックは糖尿病対策として効果的
2018年04月25日
エネルギーを燃焼する「褐色脂肪細胞」を活性化 脂肪が燃えやすい体に
2018年04月25日
ICTを活用して「フレイル」を予防 健康長寿医療センターなどが開発
2018年04月25日
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差
2018年04月25日
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明
2018年04月24日
環境省が熱中症環境保健マニュアルを改訂~夏季イベント時の対策を追加
2018年04月19日
【健やか21】パンフレット「住まいの中のアレルゲン対策」ご活用下さい
2018年04月19日
【新連載】女性のライフステージと、体と心の健康運動
2018年04月18日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
2018年04月18日
「サルコペニア」を容易に評価 CKD患者の心疾患リスクを予測
2018年04月18日
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」
2018年04月18日
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化
2018年04月17日
建設業で働く女性の妊娠や出産をサポート~『女性にやさしい職場づくりナビ』
2018年04月16日
くるみを食べると腸内フローラが改善 くるみが善玉菌を増やす
2018年04月13日
厚労省がGWの海外渡航に感染症予防注意を呼びかけ
2018年04月12日
【健やか21】「母子保健指導部」の会員募集と30年度研修会一覧の掲載
2018年04月11日
子宮頸がんとHPVワクチン 日本産科婦人科学会が「接種は必要」と強調
2018年04月11日
「2時間の飲み会」の危険 アルコールのイッキ飲み・アルハラを防止
2018年04月11日
ご存知ですか?「紫外線」 紫外線に打ち勝つ4つの方法
2018年04月11日
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を
2018年04月11日
「甘酒」を飲んでコレステロールを低減、便通を改善 プロラミンが作用
2018年04月09日
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋"
2018年04月06日
【健やか21】「ふくおか子育てマイスター活動事例集」のご紹介
2018年04月06日
東京都が福祉保健基礎調査「東京の子どもと家庭」(速報版)を公表
2018年04月05日
糖尿病患者の痛風リスクがフェノフィブラートで半減 FIELD試験
2018年04月05日
栄養を効率よく摂取するには? くるみ病態別レシピ申し込み受付中
2018年04月04日
女性の「痩せ」志向は不健康 スポーツを通じて女性の活躍を促進
2018年04月04日
働きながら「不妊治療」を受ける人へのサポート 仕事の両立支援が課題に
2018年04月04日
魚の「オメガ3脂肪酸」が死亡リスクを低下 「食後高脂血症」に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,045 人(2018年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶