オピニオン/保健指導あれこれ
がん治療を楽にする口腔ケア

No.4 乳がん患者さんに起こりやすいお口のトラブルと知っておきたい豆知識

静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長
百合草 健圭志

がんの患者さんによくみられるお口のトラブルとは?

 答えは、「歯周炎」「智歯周囲炎(親知らずが腫れる)」「口内炎」の3つ。

 歯周炎=歯肉炎が進行した状態。歯ぐきのはれや出血があり、歯周ポケットが形成され、ポケットからの排膿、口臭などがみられるようになります。

よくあるのは『親知らず』が悪化するケース

 百合草先生によると、がん治療やその副作用で体力が落ちると、もともとあった口の問題が悪化してくることがあります。

「例えば、『親知らず』が腫れてくる智歯周囲炎。『親知らず』は、斜めにはえていたり、先の方だけが出ていたりするため、そこに汚れがたまり、もともと歯周炎になりやすい場所です。そのため、もともとあった歯周炎が抗がん剤治療で悪化し、治療中に歯がうずくことがあります。事前にわかっていれば、抗がん剤の治療中は抗生物質で炎症を抑え、歯みがきをしっかりしてもらうことで腫れが治まります。どうしてもコントロールできない場合は、歯科担当医としてがん治療担当医と相談して、抗がん剤治療中に抜歯することも検討します」

POINT

 『親知らず』がある患者さんは、治療前に歯科医でチェックを。治療中は、歯肉炎や歯周炎が悪化しないように、正しい歯みがきを心がけることも大切です。

奥歯や『親知らず』の磨き方にはコツがある

 奥歯や『親知らず』は、磨き残しが出やすい部分。

 口を開けていると、奥歯に歯ブラシが届きにくくなるので、少し口を閉じ気味にして、歯ブラシを横から差し込むように入れて磨くのがコツです。

アフィニトールを服用している患者さんへの情報

 「口内炎は、がんの治療中によく見られる症状。一般的に抗がん剤治療では、約4割の患者さんにみられます」と百合草先生。

 しかし、乳がんの治療などで使われる「エベロリムス(商品名:アフィニトール/自宅で内服治療できる分子標的薬)」による治療を受けている患者さんでは、9割に口内炎が出たという報告もあります。なかには口内炎がつらくて、治療を止めたくなってしまうケースも少なくないそうです。

 「分子標的薬は、特定のがん細胞にだけ作用する薬剤といわれ、副作用の軽減が期待されましたが、残念ながらさまざまな副作用が出ます。エベロリムスでも、今までとは別のタイプの口内炎が出ることがわかっています。特徴として、治療開始から1週間ぐらいすると、1cmくらいの小さな口内炎がポツっと出てきて、しみます。ただし、最初の1ヵ月間を耐えれば、口内炎の出現頻度は徐々に下がっていきます。言い換えれば、使い始めにつらい症状がでますが、1ヵ月たって慣れれば、その後は楽に継続できると言えます。つらいときには、口内炎の治療をうけましょう。このアフィニトールによって起こる口内炎にはステロイド薬がよく効くことが知られています。もちろんうがいや歯みがきなどで口内を常に清潔に保つことも大切です」(百合草先生)

 従来の抗がん剤治療による口内炎ではステロイド薬は使わないそうですが、アフィニトールを服用中の口内炎は、アフタ性口内炎に特徴が似ており、ステロイド薬がよく効くそうです。

 このように、自分や家族に使われる抗がん剤の特徴を知っておくと、心の準備も、必要な対処もできますね。

知っておきたい医科歯科連携について

 がんを治療する病院の診療科に必ず歯科があるとは限りません。

 「かかりつけの歯科医がいる人は、がん治療を始める前に、一度受診しておきましょう。治療が必要な歯はないかどうかを確認したり、歯のクリーニングをしておいたりするといいですね。治療に必要な口腔ケアは保険診療で受けられます。普段から定期的に受診し、歯医者ささんと仲良くしておくと、がんの治療の際にもサポートを受けやすくなると思います」(百合草先生)

 かかりつけ医がいない場合でも、現在、全国約1万2000名の歯科医師が、がん連携登録歯科医となり、がん患者さんの口腔ケアをサポートしています。がん治療の担当医に紹介状をもらい、この連携登録歯科医を訪ねてみるとよいそうです。

 ※こちらから検索できます。>>がん連携登録歯科医名簿

「働く人のがん対策」に関するニュース

2018年06月27日
「グループ運動」は継続するのに効果的 「プラス・テン」で運動促進
2018年06月27日
乳がん患者の不安や恐怖を緩和 乳がんサバイバーを支援するアプリを開発
2018年06月20日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月20日
低脂肪の食事で女性の「乳がん」リスクが低下 死亡リスクも低下
2018年06月13日
「早期乳がん」の70%は化学療法は不必要 乳がん治療に明るい選択肢
2018年06月13日
「女性特有の遺伝子」を発見 バストの大きさ、月経痛の重さに関連
2018年06月06日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる
2018年06月06日
「高齢者」に医薬品を処方するときには注意が必要 厚労省が指針を通知
2018年05月30日
日本で未承認の「抗がん剤」は65種類 8割が100万円超 患者の負担が重い
2018年05月29日
【リーフレット配布ご協力お願い】外見ケアに悩んでいる方へ「みなとアピアランスサポート相談室」

最新ニュース

2018年07月18日
高血圧に特化した「治療アプリ」を開発 介入の難しい生活習慣改善を支援
2018年07月18日
脳卒中は暑い夏に増える 日常生活の注意点と脳卒中予防10ヵ条
2018年07月18日
ワカメに食後血糖値の上昇を抑制する効果 白飯のGI値を低下
2018年07月18日
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半
2018年07月18日
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護
2018年07月18日
高血圧・糖尿病が「認知症」を加速させる 女性の腎臓病はリスクが高い
2018年07月17日
【新連載】「産業看護職のための地域保健との連携マニュアル」のご紹介
2018年07月17日
農林水産省が官民協働の「Let's!和ごはんプロジェクト」を開始
2018年07月13日
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール
2018年07月13日
街のみんなで子育てを! そんな想いを伝えてみませんか?
2018年07月13日
過労死等の労災補償状況を公表 -裁量労働制対象者の決定件数も
2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇
2018年07月11日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2017年度版)
2018年07月11日
【連載更新】中年期の健康運動の考え方~ありたい体と心を創る~
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に
2018年07月10日
高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表
2018年07月10日
多用な暮らしに対応した食育の推進を~平成29年度食育白書
2018年07月10日
ママとパパが一緒に読める、育児学級テキストの決定版「子育ち支援テキスト」(書籍)
2018年07月06日
【健やか21】キャンペーンサイト『SNS被害 気づいて!SNS出会いにひそむワナ』(内閣府)
2018年07月05日
【メンバー募集】保健指導スタッフみんなで"創る"「HRG Labo」始動!
2018年07月04日
日本腎臓病協会が設立「腎臓病の克服を目指す」 成人の8人に1人がCKD
2018年07月04日
厚労省「健康寿命をのばそう!アワード 第7回 <母子保健分野>」の応募受付を開始
2018年07月03日
「ベジファースト」で肥満・メタボ対策 東京・足立区の取り組みが奏功
2018年07月03日
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を
2018年07月03日
メタボや高血糖の原因は「恒常性維持機構」の異常 新たな治療法を開発
2018年07月01日
「どう防ぐ?どう対応する?職場のパワハラ」へるすあっぷ21 7月号
2018年06月29日
【健やか21】危害・危険情報「ジャンプ式折りたたみ傘でのけが」(東京都)
2018年06月29日
食卓から始めるお母さんと赤ちゃんの健康!「妊娠中に食べたいもの控えたいもの」(指導箋)
2018年06月28日
「こどもとおとなのワクチンサイト」を開設~日本プライマリ・ケア連合学会
2018年06月27日
「グループ運動」は継続するのに効果的 「プラス・テン」で運動促進
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,349 人(2018年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶