オピニオン/保健指導あれこれ
がん治療を楽にする口腔ケア

No.4 乳がん患者さんに起こりやすいお口のトラブルと知っておきたい豆知識

静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長
百合草 健圭志

がんの患者さんによくみられるお口のトラブルとは?

 答えは、「歯周炎」「智歯周囲炎(親知らずが腫れる)」「口内炎」の3つ。

 歯周炎=歯肉炎が進行した状態。歯ぐきのはれや出血があり、歯周ポケットが形成され、ポケットからの排膿、口臭などがみられるようになります。

よくあるのは『親知らず』が悪化するケース

 百合草先生によると、がん治療やその副作用で体力が落ちると、もともとあった口の問題が悪化してくることがあります。

「例えば、『親知らず』が腫れてくる智歯周囲炎。『親知らず』は、斜めにはえていたり、先の方だけが出ていたりするため、そこに汚れがたまり、もともと歯周炎になりやすい場所です。そのため、もともとあった歯周炎が抗がん剤治療で悪化し、治療中に歯がうずくことがあります。事前にわかっていれば、抗がん剤の治療中は抗生物質で炎症を抑え、歯みがきをしっかりしてもらうことで腫れが治まります。どうしてもコントロールできない場合は、歯科担当医としてがん治療担当医と相談して、抗がん剤治療中に抜歯することも検討します」

POINT

 『親知らず』がある患者さんは、治療前に歯科医でチェックを。治療中は、歯肉炎や歯周炎が悪化しないように、正しい歯みがきを心がけることも大切です。

奥歯や『親知らず』の磨き方にはコツがある

 奥歯や『親知らず』は、磨き残しが出やすい部分。

 口を開けていると、奥歯に歯ブラシが届きにくくなるので、少し口を閉じ気味にして、歯ブラシを横から差し込むように入れて磨くのがコツです。

アフィニトールを服用している患者さんへの情報

 「口内炎は、がんの治療中によく見られる症状。一般的に抗がん剤治療では、約4割の患者さんにみられます」と百合草先生。

 しかし、乳がんの治療などで使われる「エベロリムス(商品名:アフィニトール/自宅で内服治療できる分子標的薬)」による治療を受けている患者さんでは、9割に口内炎が出たという報告もあります。なかには口内炎がつらくて、治療を止めたくなってしまうケースも少なくないそうです。

 「分子標的薬は、特定のがん細胞にだけ作用する薬剤といわれ、副作用の軽減が期待されましたが、残念ながらさまざまな副作用が出ます。エベロリムスでも、今までとは別のタイプの口内炎が出ることがわかっています。特徴として、治療開始から1週間ぐらいすると、1cmくらいの小さな口内炎がポツっと出てきて、しみます。ただし、最初の1ヵ月間を耐えれば、口内炎の出現頻度は徐々に下がっていきます。言い換えれば、使い始めにつらい症状がでますが、1ヵ月たって慣れれば、その後は楽に継続できると言えます。つらいときには、口内炎の治療をうけましょう。このアフィニトールによって起こる口内炎にはステロイド薬がよく効くことが知られています。もちろんうがいや歯みがきなどで口内を常に清潔に保つことも大切です」(百合草先生)

 従来の抗がん剤治療による口内炎ではステロイド薬は使わないそうですが、アフィニトールを服用中の口内炎は、アフタ性口内炎に特徴が似ており、ステロイド薬がよく効くそうです。

 このように、自分や家族に使われる抗がん剤の特徴を知っておくと、心の準備も、必要な対処もできますね。

知っておきたい医科歯科連携について

 がんを治療する病院の診療科に必ず歯科があるとは限りません。

 「かかりつけの歯科医がいる人は、がん治療を始める前に、一度受診しておきましょう。治療が必要な歯はないかどうかを確認したり、歯のクリーニングをしておいたりするといいですね。治療に必要な口腔ケアは保険診療で受けられます。普段から定期的に受診し、歯医者ささんと仲良くしておくと、がんの治療の際にもサポートを受けやすくなると思います」(百合草先生)

 かかりつけ医がいない場合でも、現在、全国約1万2000名の歯科医師が、がん連携登録歯科医となり、がん患者さんの口腔ケアをサポートしています。がん治療の担当医に紹介状をもらい、この連携登録歯科医を訪ねてみるとよいそうです。

 ※こちらから検索できます。>>がん連携登録歯科医名簿

「働く人のがん対策」に関するニュース

2018年04月18日
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化
2018年04月11日
子宮頸がんとHPVワクチン 日本産科婦人科学会が「接種は必要」と強調
2018年03月30日
【ちらし配布ご協力お願い】女性特有のがんコミュニティ型SNS「Peer Ring」
2018年03月28日
血中のビタミンD濃度が高いとがんリスク低下 日本人3万4000人を調査
2018年03月15日
「健康日本21」(第二次)の中間評価(1) 6割超の項目が「改善」 メタボは減少
2018年03月15日
「健康日本21」(第二次)の中間評価(2) 日本人の平均寿命と健康寿命が延伸
2018年03月07日
高血圧・高血糖・高血中脂質 3つが連鎖する「トリプルリスク」の危険性
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年02月15日
喫煙と飲酒が口腔・咽頭がんのリスクを上昇 たばこ、お酒でリスクは4倍に
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?

最新ニュース

2018年04月26日
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します!
2018年04月25日
「検体測定室」でのHbA1cチェックは糖尿病対策として効果的
2018年04月25日
エネルギーを燃焼する「褐色脂肪細胞」を活性化 脂肪が燃えやすい体に
2018年04月25日
ICTを活用して「フレイル」を予防 健康長寿医療センターなどが開発
2018年04月25日
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差
2018年04月25日
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明
2018年04月24日
環境省が熱中症環境保健マニュアルを改訂~夏季イベント時の対策を追加
2018年04月19日
【健やか21】パンフレット「住まいの中のアレルゲン対策」ご活用下さい
2018年04月19日
【新連載】女性のライフステージと、体と心の健康運動
2018年04月18日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
2018年04月18日
「サルコペニア」を容易に評価 CKD患者の心疾患リスクを予測
2018年04月18日
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」
2018年04月18日
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化
2018年04月17日
建設業で働く女性の妊娠や出産をサポート~『女性にやさしい職場づくりナビ』
2018年04月16日
くるみを食べると腸内フローラが改善 くるみが善玉菌を増やす
2018年04月13日
厚労省がGWの海外渡航に感染症予防注意を呼びかけ
2018年04月12日
【健やか21】「母子保健指導部」の会員募集と30年度研修会一覧の掲載
2018年04月11日
子宮頸がんとHPVワクチン 日本産科婦人科学会が「接種は必要」と強調
2018年04月11日
「2時間の飲み会」の危険 アルコールのイッキ飲み・アルハラを防止
2018年04月11日
ご存知ですか?「紫外線」 紫外線に打ち勝つ4つの方法
2018年04月11日
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を
2018年04月11日
「甘酒」を飲んでコレステロールを低減、便通を改善 プロラミンが作用
2018年04月09日
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋"
2018年04月06日
【健やか21】「ふくおか子育てマイスター活動事例集」のご紹介
2018年04月06日
東京都が福祉保健基礎調査「東京の子どもと家庭」(速報版)を公表
2018年04月05日
糖尿病患者の痛風リスクがフェノフィブラートで半減 FIELD試験
2018年04月05日
栄養を効率よく摂取するには? くるみ病態別レシピ申し込み受付中
2018年04月04日
女性の「痩せ」志向は不健康 スポーツを通じて女性の活躍を促進
2018年04月04日
働きながら「不妊治療」を受ける人へのサポート 仕事の両立支援が課題に
2018年04月04日
魚の「オメガ3脂肪酸」が死亡リスクを低下 「食後高脂血症」に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,045 人(2018年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶