オピニオン/保健指導あれこれ
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~

No.6 一流の保健師を目指して

パナソニック健康保険組合 保健師
横山 淳子

病気になると周囲の心の状態に敏感になる

6-01.jpg  以前、ある社員から「健診センターや病院に行くと、歩いている姿を見るだけであの人は一流のナース、あの人は二流、あの人は三流ってすぐわかるんだよ」と言われたことがあります。話をしなくてもわかるなんて、私も驕ることなく保健師としての姿勢を正さなくてはと思ったものです。

 病気になって改めて感じることは、患者が周囲にとても敏感になるということです。この頃の私は、前述の社員のように、相手の心の状態を、相手が態度に表していなくとも敏感に感じていたように思います。“私もあなたも同じ”というスタンスで声掛けしてくださる方には、自然と心を開くことができ心強く感じました。

 しかしながら、心無い言葉に違和感を感じることがありました。振り返って考えると、可哀そうだと思われたり他人事として関わられると、「私は元気な人、あなたは病気の人」と境遇の線引きをされ、前向きになろうとしている気持ちをそがれるように感じたのかもしれません。

患者の立場を知ることで医療職として取るべき対応に気付かされる

 患者の立場、相談する側は、いつも以上に物事を敏感にとらえてしまうので、そのことを踏まえた上で、細かいことをあまり気にせずできるだけおおらかに物事をとらえるようにすると、穏やかな気持ちでいられると思いました。

 一方、相談を受ける私たち医療職は、本人以上に集中をしていないと、相手の気持ちや心の動きは読み取れず、状況に応じた声掛けができないと思いました。

 「話を聞く姿勢として、99%相手に集中し、残り1%で相手から受け取ったことを自分がどのように感じているか、客観的に見るように」とカウンセラーの先生に教わったことがありますが、まさに病気に限らず相談をしに来る方は、99%、いえ、100%以上の集中力で相談に来られ敏感に感じ取られるのだと改めて気付かされました。

 自分の気持ちを落ち着け、相手の心の声に耳を傾け、真摯に向き合う姿勢が大切と実感しました。

一流の保健師を目指して まとめ

opi_yokoyama_4.jpg <患者、相談する立場から>
・病気になるといつも以上に周囲に敏感になる
・細かいことをあまり気にせずおおらかに物事をとらえるようにする

<医療職の立場から>
・患者、相談者以上の集中力が必要
・自分の気持ちを落ち着け、真摯に向き合う姿勢が大切

「働く人のがん対策」に関するニュース

2019年07月11日
女性だけの病気ではない 「男性乳がん」孤立しがちな患者を支援
2019年07月09日
「乳がん」はストレスにさらされると悪化 自律神経が深く関与 新しい治療法に道
2019年07月03日
AIで乳がんの5年後の発症リスクを予測 マンモグラフィ検査の精度を大幅に向上
2019年07月03日
女性の大腸がんに女性ホルモンと男性ホルモンが影響 日本人女性4万人を調査
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月10日
がん治療と就労の両立支援に、産業医を積極的に活用 アフラック生命保険株式会社に聞く
2019年05月21日
低脂肪ダイエットが乳がんによる死亡リスクを低下 食事改善はすべての女性に恩恵をもたらす
2019年05月15日
ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要
2019年05月08日
がんと就労を支援する「順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド−Cancer and Work−」を公開 順天堂大学
2019年04月17日
厚労省「受診率向上施策ハンドブック」で受診率を上げる 強制ではなく自発的な行動に導く「ナッジ理論」とは
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶