オピニオン/保健指導あれこれ
運動/身体活動

女性のライフステージと、体と心の健康運動

ブレインラボカマクラ 代表
パーソナルフィットネストレーナー(NESTA認定)
健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団認定)
前田 有美

 女性という性に限定して一生を捉え、体と心の両者の健康について考える機会はなかなかないかもしれません。女性の健康について理解する上で、私は「生活習慣」「ライフイベント(例:就職、結婚、出産、退職など)」「女性ホルモン(エストロゲン)の変動」、そして「加齢」という4つの要素が体と心の両者に影響を及ぼすと考えています。

 成人以降について、成人期(20~39歳)、中年期(40~64歳)、高齢期(65歳以上)の3つのライフステージに大別した上で、これら4つの要素を整理すると、各ライフステージにおいて特徴的な体と心の変化を知ることができます。

 健康運動の実施と継続は、体と心の両者の状態を良好にするための方法の1つとして挙げることができますが、本連載では女性の一生を捉えながら、3つのライフステージの特徴、および体と心の両者にアプローチした健康運動の考え方についてご紹介していきたいと思います。

プロフィール

  • 前田 有美
  • 前田 有美
    ブレインラボカマクラ 代表
    パーソナルフィットネストレーナー(NESTA認定)
    健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団認定)

    略歴

    トレーナー養成の専門学校卒業後、医療機関でメディカルトレーナーとして5年間勤務。神戸大学発達科学部卒業。
    神戸大学大学院医学系研究科博士前期課程修了(修士:保健学)。
    筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科修了(博士:スポーツ医学) 。
    松下電工(現:パナソニック)株式会社へ就職、ヘルスケア関連の新事業や商品企画に従事。
    2016年2月より現職。

    ブレインラボカマクラ

「運動/身体活動」に関するニュース

2020年04月08日
フレイルとフレイル予備群に対策すれば要介護を3割、死亡を4割減らせる 早期の保健指導が効果的
2020年04月07日
「睡眠と保健指導」アンケートの結果 9割以上が睡眠保健指導は「必要」と回答 実施できているのは半数
2020年04月07日
スキマ時間を利用した運動で要介護リスクを軽減できる 「10分未満」で効果 篠栗町調査
2020年04月07日
「6月からパワハラ対策義務化!どうする?職場のパワハラ対策」へるすあっぷ21 4月号
2020年04月01日
高齢者でタンパク質が不足 フレイル・サルコペニアを予防するためにタンパク質の摂取に工夫を
2020年04月01日
大人になってからの肥満や骨粗鬆症を防ぐために、子供の頃から栄養・運動を改善する必要がある
2020年03月25日
【プレゼント】働き盛り世代の多くが睡眠で休養を十分にとれていない 『賢者の快眠 睡眠リズムサポート』と保健指導に役立つ資料をセットにしてプレゼント
2020年03月25日
高血圧・肥満が寿命を最も縮めている 世界の70万人のゲノムを解析しリスクを予測
2020年03月18日
【新型コロナウイルス感染症】高齢者が気を付けるべきポイントは 日本老年医学会がアドバイス
2020年03月18日
長時間座ったまま仕事をすると、がんのリスクが上昇する リモートワークで運動不足の人は要注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶