オピニオン/保健指導あれこれ
運動/身体活動

女性のライフステージと、体と心の健康運動

ブレインラボカマクラ 代表
パーソナルフィットネストレーナー(NESTA認定)
健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団認定)
前田 有美

 女性という性に限定して一生を捉え、体と心の両者の健康について考える機会はなかなかないかもしれません。女性の健康について理解する上で、私は「生活習慣」「ライフイベント(例:就職、結婚、出産、退職など)」「女性ホルモン(エストロゲン)の変動」、そして「加齢」という4つの要素が体と心の両者に影響を及ぼすと考えています。

 成人以降について、成人期(20~39歳)、中年期(40~64歳)、高齢期(65歳以上)の3つのライフステージに大別した上で、これら4つの要素を整理すると、各ライフステージにおいて特徴的な体と心の変化を知ることができます。

 健康運動の実施と継続は、体と心の両者の状態を良好にするための方法の1つとして挙げることができますが、本連載では女性の一生を捉えながら、3つのライフステージの特徴、および体と心の両者にアプローチした健康運動の考え方についてご紹介していきたいと思います。

プロフィール

  • 前田 有美
  • 前田 有美
    ブレインラボカマクラ 代表
    パーソナルフィットネストレーナー(NESTA認定)
    健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団認定)

    略歴

    トレーナー養成の専門学校卒業後、医療機関でメディカルトレーナーとして5年間勤務。神戸大学発達科学部卒業。
    神戸大学大学院医学系研究科博士前期課程修了(修士:保健学)。
    筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科修了(博士:スポーツ医学) 。
    松下電工(現:パナソニック)株式会社へ就職、ヘルスケア関連の新事業や商品企画に従事。
    2016年2月より現職。

    ブレインラボカマクラ

「運動/身体活動」に関するニュース

2020年09月28日
【新型コロナ】外出自粛により生活リズムが変化 生活が夜型になった人は体重が増えやすい 3万人を調査
2020年09月25日
「子供の運動不足」は、親の生活習慣が良くない子供や、親との会話が少ない子供に多い スーパー食育スクール事業で調査
2020年09月18日
【世界糖尿病デー】世界の4億6300万人が糖尿病 糖尿病の50%以上は予防が可能
2020年09月15日
【新型コロナ】肥満が感染リスクを1.5倍に上昇 死亡リスクも1.5倍 肥満でワクチンが効かない場合も?
2020年09月11日
【コロナ禍でストレス】運動はメンタルの健康を取り戻すのにも効果的 どのような運動が良いのか?
2020年09月11日
【健やか21】歩数調査からみた、緊急事態宣言下の幼児の活動実態(順天堂大学)
2020年09月08日
高齢者のフレイル対策に「遠赤外線低温サウナ」が効果的 冷えや痛み、活動量などを改善 都長寿研など
2020年09月07日
スマホで糖尿病を判定 早期の糖尿病を見逃さないために 簡単なテストで感度は80%以上
2020年08月31日
心不全は毎年1万人ずつ増加 心臓からのSOSを見逃さない 「心不全パンデミック」を回避
2020年08月31日
食欲ホルモン「グレリン」の謎を解明 なぜ食事リズムが乱れると運動不足に? 立体構造も解明
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,160 人(2020年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶