オピニオン/保健指導あれこれ
運動/身体活動

減量支援はお任せください!「スマートダイエット教室」

筑波大学・名誉教授、株式会社THF・代表取締役
田中喜代次

 肥満が多くの生活習慣病のおおもとであることはご存知のとおりです。だからこそ、特定健診(メタボ健診)があり、肥満者への減量が推奨され、数々の減量法が考案されてきました。しかし、どれも一長一短があり、誰にとっても「これなら絶対成功する」と言える方法はいまだ確立されていません。

 スマートダイエットは、抜本的な食習慣改善によって一定期間内に確実に減量を達成する食事法のことで、別名“888ダイエット”と称しています。BMI≧28の肥満者なら、3ヵ月後に体重8㎏, 腹囲 8㎝, 活力年齢8歳の若返り効果が得られます。メタボ該当者が、スマートダイエットに運動を加えて実践すると、87%の人がメタボから脱出できたという結果を得ています。

 スマートダイエット教室またはスマートダイエット+運動教室(30年間における約50教室)の参加者の脱落率が極めて低く(平均0~12%)、3ヵ月コースの教室での体重減少は平均4~13 kg(総平均8 kg)となっています。今回、本コーナーの機会を得て、「スマートダイエット」の概要や効果、開発された歴史的背景などを紹介するとともに、スマートダイエットの効果とそれを支える支援(保健指導)プログラムについて解説します。

プロフィール

  • 田中喜代次
  • 田中喜代次
    筑波大学・名誉教授、株式会社THF・代表取締役

    略 歴

    1982年 筑波大学大学院体育科学研究科 卒業
    1983年 大阪市立大学保健体育科 講師
    1989年 筑波大学体育科学系 講師
    1993年 同 助教授
    2004~2018年 同 大学院 人間総合科学研究科スポーツ医学 教授
    2018年~ 同 名誉教授

    専 門

    メディカルフィットネス、スマートエクスサイズ、健康支援

    役 職

    日本体力医学会 理事、日本介護予防・健康づくり学会 会長、日本健康支援学会 理事、アメリカスポーツ医学会 フェロー、など

    受賞歴

    アメリカスポーツ医学会 優秀賞、日本体力医学会 学会賞、秩父宮記念スポーツ医・科学賞 奨励賞、筑波大学Best Faculty Member賞、など

「運動/身体活動」に関するニュース

2020年11月25日
スローカロリー研究会Webセミナー「ロードレースとスローカロリー ギネス世界記録への挑戦 」を公開中!
2020年11月17日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年11月10日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月10日
【新型コロナ】医療機関への通院を抑制した人は25% コロナを契機に健康に関心をもった人も多い 健保連調査
2020年11月09日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月09日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年11月04日
保健指導プログラムで「糖尿病性腎症」の重症化を予防 生活習慣改善率は90%以上という結果に 神戸市で日本初のSIBを実施
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査3】男性の41%が「食習慣の改善ができない」 運動も38%が「関心がない」「やる気がない」
2020年10月30日
【2019年国民健康・栄養調査1】男性の3人に1人が肥満 女性の5人に1人超が高コレステロール 高齢者の「低栄養傾向」も課題に
2020年10月27日
【新型コロナ】なぜ肥満と高齢の人は重症化しやすい? いま求められている対策は何か?
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,253 人(2020年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶