オピニオン/保健指導あれこれ
データヘルス/健康経営

健康保険組合が挑戦したデータヘルス計画とコラボヘルスの推進

内田洋行健康保険組合 事務長
中家 良夫

今から4年前、私が当健保に着任した時は「財政の逼迫」と「人的リソース不足」により、健保組合の本来の機能である「加入者(社員と家族)の健康を保持、増進する」ための施策が全く打てないという厳しい状況でした。

財政面では前期高齢者納付金の高騰により保険料率は2年連続アップ(平成23年度10‰、24年度16‰)で、協会けんぽを上回る106‰(調整保険料除く)を余儀なくされました。

一方、保健事業では当健保の保健師が本来の保健指導に三分の一しか時間が割けず保健指導に専念することが出来ない状況でした。そのような厳しい状況下、「今、なにをすべきか」と自問自答しました。

その後、必死にチャレンジした「財政と保健事業の改革」「データヘルス計画とコラボヘルスへの挑戦」につきまして下記の5つのテーマで連載します。

お蔭様で、現在の当健保組合は常務理事(松井陽一)のマネジメントとメンバー4名(中尾京子、山本小百合、南川寿美代、中家良夫)の素晴らしいチームワークにより生き生きと元気に切磋琢磨しております。

プロフィール

  • 中家 良夫
  • 中家 良夫
    内田洋行健康保険組合 事務長

    経 歴

    1978年 (株)内田洋行入社。九州、関西、北陸、東京の情報システム事業部門のシステム営業とマネージャー職を経験し、2003年度に農林水産省の食品トレーサビリティシステム開発・実証事業のプロジェクトマネージャーを担当した。

    その後、農水省が主催する全国セミナーで講演を行い、書籍「トレーサビリティ…食の安全・安心の社会システム(出版:白桃書房)」の編著と業界専門誌の執筆を数多く行う。

    2006年7月 自ら新規事業「ウチダFOODs-ASP」の企画・実施を行い責任者として活動する。

    2008年 子会社(北陸地区の営業責任者)への出向を経て、2011年に内田洋行健康保険組合の事務長に従事する。

    財政と保健事業の改革を行い2014年に厚生労働省のデータヘルス計画モデル事業のプロジェクトリーダーを務め現在に至る。

「データヘルス/健康経営」に関するニュース

2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年07月23日
タブレットを特定保健指導に活用 忙しい40~50歳代への実施率向上を目指す
2019年07月22日
市町村職員を対象に母子保健情報の利活用について説明 厚労省
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年04月08日
日本健康会議「健康スコアリング(2018年度版)の効果検証結果」を発表
2018年10月23日
生活習慣病リスクを予測するAIを開発 100万人の健診データを解析
2018年10月18日
帝京大学産業保健プログラム 受講生募集
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年08月21日
「データヘルス改革」第2期の工程表を公表 2020年度に本格稼働 厚労省
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶