オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.10-1 「人生のしょんぼりをワクワクに変える!」をミッションに( 合同会社チームヒューマン)

合同会社チームヒューマン 代表
德永 京子

はじめに

 合同会社チームヒューマン代表の徳永です。

 チームヒューマンは、働き盛りのこころとからだの健康を応援するための会社です。

「はたらき盛りを元気で、いきいきと働ける」
「自分の能力を発揮して、お互いを認め合える」
「自分を必要としてくれる人と共に成長する」 そんな会社を作りたいと思っています。

 人生80年の中で、20歳ころから、還暦の60歳までの40年間。私たちは人生の大半を「職場」で過ごします。はたらき盛りをいかに元気に、活躍できるかが、私たちの生きがいと深くかかわっているのではないでしょうか。

突然のうつ? いいえ、当然のうつを発症

 私は、はたらき盛りの40代に、メンタル不調を経験しました。

 連日の頭痛にひどいめまい。それでも 仕事を休むことができずにいると、買い物に行っても 何を買ったらいいのか 考えられない・・・

 台所にも立てなくて食べられなり、体重が2ヶ月で 15Kgもやせてしまいました。(今は、十分超回復しています。)

 気持ちが落ち込むという自覚はあまりなく、からだが心の疲れに気づかせようと、一生懸命だったんだと思います。

 当時の職場であった保健所は、地域分担から業務分担に変わり、同じ専門職である保健師どうしが、以前は、お互いにカバーしあっていたのに、仲間の仕事が見えなくなってしまいました。そんな変化を受け入れることができなかったのです。

 それから1年間 仕事を休みましたが、やっぱり 元の職場には戻る気持ちにはなれず、ある夜、誰もいなくなった職場に荷物を取りにいきました。24年も勤めたのに 去る時なんて本当にあっけないものでした。

働く心に寄り添って

 退職後は、リハビリのつもりでのんびり仕事しようと思っていました。保健師資格のおかげで、仕事に困ることはありませんでしたが、休職中にすっかり生活リズムが乱れてしまった私は朝、決った時間に起きることができませんでした。

 退職して1年経った頃、友人が自宅から40分ほどの健診機関での仕事を紹介してくれたのですが、8時半の勤務開始時間に間に合うように、7時半に家を出る・・・「起きられなかったらどうしよう?」と思うと不安になり、たちまち自信がなくなってしまいました。

 しかし、冷静に考えたら、起きられなくて、出勤できなくなったことや、通勤途中で何度も電車を降りたことや、保健所の建物に入れなかったこと・・・それらは、私が経験したことではあったけれど、2年も治療したのですから、体調はかなり良くなっていて、漠然とした不安でしかなかったのです。

「できるか、できないか、わからないけれど やってみるしかない!」そして、少しずつ自信を取り戻した頃、ふと思ったのです。

「私は何故メンタル不調になったのだろう?」
「どうすれば予防できたのだろう?」

保健師である私がメンタル不調になったのは、何か意味があるはず・・・!!もし、これがわかったら、心の健康に関することを仕事にしよう!

うつは負の体験ではありません!

 働き盛りに自分の力を発揮できないで悩んだり、自分のことが信じられなくて苦しんだり、大切な命を自分で摘み取るようなことをしなくてすむように、メンタルヘルスをミッションにすることを決めたのです。

 うつは決して、負の体験ではありません。

 「今のままではあかんよ、つぶれてしまうよ。別の生き方もあるんやで」と選択のチャンスをくれたのが、うつでした。そして、自分の思いを大切に生きてみようと思った結果、自分らしい働き方に出会え、かけがえのない仲間にも出会えました。私の人生は「しょんぼり」から「ワクワク」に変わったのです。

「日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐」もくじ

著者プロフィール

  • 德永 京子
  • 德永 京子
    合同会社チームヒューマン 代表

    経 歴

    大阪府立大学看護学部卒業。
    日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー

     キャリアShuka セミナー講師デビュープロジェクト セミナーコンテスト初代グランプリ受賞、講師オーディション優勝の経歴を持つ実力派講師。学校、企業、自治体からの講師依頼は1000本を超える。また、「踊る保健師」として、手話を取り入れたサインダンスで教室運営や舞台活動も展開中である。

    合同会社チームヒューマン

最新ニュース

2019年06月24日
パワハラの防止措置を初めて義務化―女性活躍推進法等改正案が成立
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月20日
【健やか21】児童虐待予防支援のための「パパカード」活用について
2019年06月20日
統括保健師のいる職場で仕事にやりがい、継続就労にも―保健師の活動基盤に関する基礎調査
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月14日
【書籍紹介】「精神科医の話の聴き方 10のセオリー」
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月13日
【健やか21】「溶連菌の感染症が増加中!抗菌薬は適切な使用方法を守って―」(国立国際医療研究センター AMR臨床リファレンスセンター)
2019年06月12日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2018年度版)
2019年06月12日
事業所で働く保健師の法的位置づけの確保などを厚労省へ要望-日本看護協会
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月11日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに 保健師による声掛けは効果的
2019年06月11日
ホエイ(乳清)やチーズに含まれるアミノ酸に認知機能を改善する効果
2019年06月10日
がん治療と就労の両立支援に、産業医を積極的に活用 アフラック生命保険株式会社に聞く
2019年06月07日
特定保健指導(積極的支援)モデル事業の実施事例を紹介―厚労省の検討会
2019年06月06日
【健やか21】「自殺予防」リーフレットを公開しました
2019年06月05日
運動が高齢者の「ADL(日常生活動作)」を高める 1日1万歩を達成できなくても効果がある
2019年06月05日
寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐ 60歳超では4割近くが「転倒」 食事と運動で対策
2019年06月05日
「血糖値スパイク」を抑えるために朝食から対策 食後に血糖値を上げないコツ
2019年06月05日
働いている母親が増加、子どもの携帯電話所有率もアップ―21世紀出生児横断調査
2019年06月05日
産学官協働で「未病改善プラットフォーム」を開始 健康や生活のセンシング技術で病気になる前から対策
2019年06月04日
東京大学が会員制情報サイト「Q-station」をオープン 健康施策や保健事業を担う人に情報発信
2019年06月04日
「説明力を上げる!ビジネスや保健指導で活かす伝え方」へるすあっぷ21 6月号
2019年05月30日
【健やか21】若者を中心に大麻による検挙者が急増!「誘われて」「興味本位で」が落とし穴に(内閣府)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶