オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.10-2 年間200本の依頼とリピート率90%の売れっ子講師に!( 合同会社チームヒューマン)

合同会社チームヒューマン 代表
德永 京子

私は踊る保健師

 開業を意識し始めた時、起業のノウハウを教えてくれる週末起業フォーラムという勉強会に参加しました。平日は派遣で働きつつ、週末に起業準備をしていたのです。

 自分に何ができるかわからなかったし、開業している保健師は身近にはいませんでした。 ある日、自分の肩書きを作るというワークがありました。たとえば、名刺交換や自己紹介の時に、興味を持ってもらえるような肩書きがあれば、そこから会話が広がります。

 それは、自分をひとことで表現することでもありました。

 当時の私は、保健師という知名度の低い肩書きではなく、別の肩書きを考えていました。「笑顔を届ける仕事がしたいな・・・と思い、『SMILEクリエイター』ってどう? 生き方を支援したい・・・『生きざまカウンセラー』とか、どやろ?」そう話していた時に、ある人からのフィードバックに衝撃を受けました。「どれもうそっぽい。本当の徳永さんはどんな人なのか、自分でわかってますか?」と。

 そして、思い出したのです。

 公務員時代、健康教育にダンスや運動を取り入れて、めっちゃ盛り上がるのが楽しかったことを。そして、「踊る保健師」と名乗っていたことを。

 そう、私は「踊る保健師」 歌とダンスで共感と感動の場を作るのが得意だったと。

心踊るワクワクを届ける研修講師に

 実は、私は、ダンス好きが高じて、エアロビクスインストラクターの資格まで取りました。

 保健所時代、昼休みに職員集めてエアロビクス教室をしたり、地域の健康教育で、運動指導を頼まれるとダンスを取り入れたりしていました。身体を動かしているうちに、みんなが笑顔になって、ワクワクしてくる研修に「踊る保健師のマインドフィットネス」という名前をつけました。

 また、自分のうつ体験から、働く現場で何があれば予防できたか?それを組織的に展開するには?そして、当時者はこんな気持ちでいて、こんな声かけがうれしくて、こんな声かけはつらかったなど、実体験を交えた話をすると、研修の依頼がポツリポツリ入り、口コミで少しずつ増えていきました。そして気がつけば、一切営業することなく、口コミだけで、年間200本もの研修依頼がくるようになったのです。

効果を出す研修にこだわって

 私は根っからの大阪人なので、研修にも笑いを盛り込みます。

 理論的な座学も大事なのですが、時々、感情を揺り動かすと印象に残りやすくなります。随所、笑いがあると、興味を持って聞いてくれます。 時には、泣かすこともあります。笑い以上に深く心に届きます。

 しかし、私たちが行う健康教育は、単なる知識の伝達やウケ狙いに終わってはいけません。当日の効果だけではなく、参加者が実生活の中で行動変容が起きることこそ大事なのです。

 忘れられないエピソードがあります。

 その時は、手話を取り入れたオリジナルのダンスをした時でした。(私は、耳が聞こえない子どもがいるので、音楽のイメージや歌にこめられた思いを伝えるために、ダンスに手話を入れて踊っています。)

 壇上から降りた時に、あいさつに来られた女性がいました。帽子を取り、深々と頭を下げた頭には髪がなく、眉毛も抜け落ちて、一目で、抗がん剤の副作用だとわかりました。「あなたのおかげで感動した時にも涙が出ることを思い出しました。がんになってから、自分の不幸を嘆くことにしか涙を流してこなかったんです。」と告げられました。

 そして、数ヶ月後、1通の手紙が届きました。「抗がん剤治療を終えて、職場復帰しました。」という内容でした。そして、「辛い治療を受けるとき、あなたのダンスを思い出して頑張りました。ありがとう」

 人には人生があり、家族があり、実現したい夢や一緒にいたい人や、成し遂げたい仕事があります。 研修会場を一歩出た実生活の中でプラスの違いに作り出す。それこそが、「踊る保健師」がめざす健康教育なのです。

「日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐」もくじ

著者プロフィール

  • 德永 京子
  • 德永 京子
    合同会社チームヒューマン 代表

    経 歴

    大阪府立大学看護学部卒業。
    日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー

     キャリアShuka セミナー講師デビュープロジェクト セミナーコンテスト初代グランプリ受賞、講師オーディション優勝の経歴を持つ実力派講師。学校、企業、自治体からの講師依頼は1000本を超える。また、「踊る保健師」として、手話を取り入れたサインダンスで教室運営や舞台活動も展開中である。

    合同会社チームヒューマン

最新ニュース

2019年05月21日
「糖尿病性腎症」の重症化予防を強化 自治体向けに手引きを作成 厚生労働省
2019年05月21日
低脂肪ダイエットが乳がんによる死亡リスクを低下 食事改善はすべての女性に恩恵をもたらす
2019年05月21日
授乳中の骨折を防ぐために骨密度検査は重要 出産後の女性が骨粗鬆症を発症することが
2019年05月21日
65歳以上の世帯の1人暮らしは2040年には3割超 高齢者世帯は42都道府県で増加
2019年05月17日
大阪・大東市で民間事業者が地域包括支援センターを運営、日本初
2019年05月16日
【健やか21】 『子どもに関わる多職種のための子ども虐待初期対応ガイド~子ども虐待を見逃さないために~(第1版)』の掲載について(日本小児保健協会)
2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月15日
「2022年問題」に対策 団塊世代の後期高齢者入りに備えて健保組合が活動を強化
2019年05月15日
1日に摂取する食品数が多いと女性の死亡リスクは低下 日本は食の多様性で世界2位
2019年05月15日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間調査
2019年05月15日
ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要
2019年05月14日
日本初の医師監修ウォーキングレッスンアプリがリリース
2019年05月10日
「小児のアレルギー疾患 保健指導の手引き」を掲載~アレルギーポータル
2019年05月09日
保健師の役割拡大に向けた施策を 日本看護協会が厚労省へ要望書提出
2019年05月09日
【健やか21】「児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検フォローアップ」の掲載について(文部科学省)
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年05月08日
がんと就労を支援する「順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド−Cancer and Work−」を公開 順天堂大学
2019年05月08日
毎日1時間のウォーキングが認知症の予防にも効果的 軽い運動でも脳の老化を減らせる
2019年05月08日
食事を「朝型」にすると体重が減少し血糖値も安定 夕食を就寝直前にとるのは危険
2019年05月08日
チーズなどの発酵乳製品に含まれる「βラクトリン」が中高年の記憶力を改善
2019年05月08日
「休み方改革」へるすあっぷ21 5月号
2019年04月26日
風しんの今年の累計患者数1000人突破、いまだ増加中
2019年04月25日
【健やか21】ダウン症のお子さんを持つ保護者のための手帳「+Happyしあわせのたね」を配布します(愛知県)
2019年04月24日
【PR】参加受付中!「伊藤園 健康フォーラム~お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵~」健康寿命延伸におけるお茶の役割とは?研究に基づく知見を紹介
2019年04月24日
健康寿命を2040年までに3年以上延伸 日本には健康寿命を延ばす余力がある 厚労省研究会が報告書
2019年04月24日
連休(GW)に「アルコール」を飲み過ぎないための7つの対策 「適量」でも高血圧と脳卒中のリスクは上昇
2019年04月24日
父親の赤ちゃんに対する「ボンディング障害」 産後のメンタルケアが重要と指摘 エコチル調査
2019年04月24日
生活習慣が夜型の子どもは虫歯のリスクが高い 夜型は肥満の原因にも
2019年04月24日
スマホ向けアプリで保険契約者の健康を増進 かんぽ生命のプロジェクト
2019年04月18日
【健やか21】全国一斉「あそびの日」キャンペーンの実施について(スポーツ庁)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,121 人(2019年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶