オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.10-2 年間200本の依頼とリピート率90%の売れっ子講師に!( 合同会社チームヒューマン)

合同会社チームヒューマン 代表
德永 京子

私は踊る保健師

 開業を意識し始めた時、起業のノウハウを教えてくれる週末起業フォーラムという勉強会に参加しました。平日は派遣で働きつつ、週末に起業準備をしていたのです。

 自分に何ができるかわからなかったし、開業している保健師は身近にはいませんでした。 ある日、自分の肩書きを作るというワークがありました。たとえば、名刺交換や自己紹介の時に、興味を持ってもらえるような肩書きがあれば、そこから会話が広がります。

 それは、自分をひとことで表現することでもありました。

 当時の私は、保健師という知名度の低い肩書きではなく、別の肩書きを考えていました。「笑顔を届ける仕事がしたいな・・・と思い、『SMILEクリエイター』ってどう? 生き方を支援したい・・・『生きざまカウンセラー』とか、どやろ?」そう話していた時に、ある人からのフィードバックに衝撃を受けました。「どれもうそっぽい。本当の徳永さんはどんな人なのか、自分でわかってますか?」と。

 そして、思い出したのです。

 公務員時代、健康教育にダンスや運動を取り入れて、めっちゃ盛り上がるのが楽しかったことを。そして、「踊る保健師」と名乗っていたことを。

 そう、私は「踊る保健師」 歌とダンスで共感と感動の場を作るのが得意だったと。

心踊るワクワクを届ける研修講師に

 実は、私は、ダンス好きが高じて、エアロビクスインストラクターの資格まで取りました。

 保健所時代、昼休みに職員集めてエアロビクス教室をしたり、地域の健康教育で、運動指導を頼まれるとダンスを取り入れたりしていました。身体を動かしているうちに、みんなが笑顔になって、ワクワクしてくる研修に「踊る保健師のマインドフィットネス」という名前をつけました。

 また、自分のうつ体験から、働く現場で何があれば予防できたか?それを組織的に展開するには?そして、当時者はこんな気持ちでいて、こんな声かけがうれしくて、こんな声かけはつらかったなど、実体験を交えた話をすると、研修の依頼がポツリポツリ入り、口コミで少しずつ増えていきました。そして気がつけば、一切営業することなく、口コミだけで、年間200本もの研修依頼がくるようになったのです。

効果を出す研修にこだわって

 私は根っからの大阪人なので、研修にも笑いを盛り込みます。

 理論的な座学も大事なのですが、時々、感情を揺り動かすと印象に残りやすくなります。随所、笑いがあると、興味を持って聞いてくれます。 時には、泣かすこともあります。笑い以上に深く心に届きます。

 しかし、私たちが行う健康教育は、単なる知識の伝達やウケ狙いに終わってはいけません。当日の効果だけではなく、参加者が実生活の中で行動変容が起きることこそ大事なのです。

 忘れられないエピソードがあります。

 その時は、手話を取り入れたオリジナルのダンスをした時でした。(私は、耳が聞こえない子どもがいるので、音楽のイメージや歌にこめられた思いを伝えるために、ダンスに手話を入れて踊っています。)

 壇上から降りた時に、あいさつに来られた女性がいました。帽子を取り、深々と頭を下げた頭には髪がなく、眉毛も抜け落ちて、一目で、抗がん剤の副作用だとわかりました。「あなたのおかげで感動した時にも涙が出ることを思い出しました。がんになってから、自分の不幸を嘆くことにしか涙を流してこなかったんです。」と告げられました。

 そして、数ヶ月後、1通の手紙が届きました。「抗がん剤治療を終えて、職場復帰しました。」という内容でした。そして、「辛い治療を受けるとき、あなたのダンスを思い出して頑張りました。ありがとう」

 人には人生があり、家族があり、実現したい夢や一緒にいたい人や、成し遂げたい仕事があります。 研修会場を一歩出た実生活の中でプラスの違いに作り出す。それこそが、「踊る保健師」がめざす健康教育なのです。

「日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐」もくじ

著者プロフィール

  • 德永 京子
  • 德永 京子
    合同会社チームヒューマン 代表

    経 歴

    大阪府立大学看護学部卒業。
    日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー

     キャリアShuka セミナー講師デビュープロジェクト セミナーコンテスト初代グランプリ受賞、講師オーディション優勝の経歴を持つ実力派講師。学校、企業、自治体からの講師依頼は1000本を超える。また、「踊る保健師」として、手話を取り入れたサインダンスで教室運営や舞台活動も展開中である。

    合同会社チームヒューマン

最新ニュース

2018年05月25日
2歳までの抗菌薬使用歴が5歳時のアレルギー疾患リスクに関連か―成育医療研究センター調査
2018年05月24日
【健やか21】シンポジウム「スマホから離れて、夏休みを楽しもう」
2018年05月24日
2018年度東京CDE・CDS受験者用講習会7月より募集開始
2018年05月23日
「子宮頸がん」の抗ウイルス薬の開発に成功 年内に治験を開始する予定
2018年05月23日
「ミドリムシ」からメタボを改善する成分 「痩せるホルモン」を促進
2018年05月23日
「ヒアリ」の早期発見のためのキットを開発 水際対策での効果に期待
2018年05月23日
「高血圧」の治療で伝わらない説明 コミュニケーションのズレは深刻
2018年05月23日
「遺伝子検査」で糖尿病リスクが分かる 日本人4700人超を調査
2018年05月22日
【報告】産保PCのこれまで活動内容をポスター発表しました(第91回日本産業衛生学会)
2018年05月22日
【書籍プレゼント】『集団分析・職場環境改善版 産業医・産業保健スタッフのための ストレスチェック実務Q&A』を5名様にプレゼント
2018年05月22日
食育の取り組みをエビデンスに基づいて整理、解説―農林水産省がパンフレット作成
2018年05月21日
「血糖トレンドの"読み方":AGP」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2018年05月17日
敗血症性AKIにおける急性腎障害マーカー L-FABPの可能性
2018年05月17日
【健やか21】パンフレット『「食育」ってどんないいことがあるの?』
2018年05月16日
体重コントロールを成功させるシンプルな方法 必要なことは1つだけ
2018年05月16日
SNSの「自殺防止相談」に月に1万件以上 「対策強化月間」に実施
2018年05月16日
早期のアルツハイマー病「軽度認知障害」 日本人対象の研究で解明
2018年05月16日
やせていても糖尿病に? 筋肉が少なく脂肪がたまると高血糖に
2018年05月16日
「睡眠障害」が高血圧・糖尿病に関連 日本で最大規模の研究
2018年05月16日
トマトのリコピンはニンニクやタマネギで調理すると吸収されやすくなる
2018年05月15日
6割強が食中毒予防で「肉は水で洗う」に効果があると誤解-東京都の実態調査
2018年05月11日
【新連載】イラストで魅せる!健康啓発「見せ方」の工夫
2018年05月10日
【健やか21】SNS等に起因する被害児童の現状と対策の掲載(警察庁)
2018年05月08日
元気高齢者を「介護サポーター」に 介護予防の観点から社会参加を促進
2018年05月08日
米国糖尿病学会「立ち上がって運動しようデー」 8つの対策で運動推進
2018年05月08日
「鰹だし」で抗がん剤の副作用を予防 血管を拡張する作用を確認
2018年05月08日
【投票企画】プルーンレシピコンテスト開催中! 栄養を効率よく吸収できる「食べ合わせ」
2018年05月07日
大豆から食べる「大豆ファースト」で食後の血糖値の急上昇を改善
2018年05月07日
従業員のいる飲食店は屋内禁煙に~東京都・受動喫煙防止条例の骨子案
2018年05月02日
新入社員の健康教育や女性の健康啓発に最適 「働く人のための健康づくりシリーズ」指導箋
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,145 人(2018年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶