オピニオン/保健指導あれこれ
日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
一般社団法人 日本開業保健師協会

No.11-2 「仕事の軸2」~NPOまな市民後見セーフティーネットとして~

有限会社ビーイングサポート・マナ 代表取締役/日本開業保健師協会 会長
村田 陽子

エンディングノートの作成から見えてきた課題

 もう1つの仕事の軸 NPO まな市民後見セーフティーネットについてご紹介します。

 時代の流れ、仕事を積み重ねる中で「自己決定」の軸はさらに、高齢者に向けられてゆきました。それは、社会福祉法人伸こう福祉会との出会いでした。専務理事から、ご入居者の喜ぶこと、若い頃の好みなどにあわせた介護がしたいけど、どうしたらいいかしら?という質問がきっかけでした。

 たどり着いた結論はお元気なうちに趣味や好み、介護などの希望を聞いておくこと、書き留めておいてもらうこと、すなわちエンディングノートの作成でした。

 ある時、エンディングノートのテスト版を某大手銀行のOB会で紹介させていただきました。書くのはたいへんだから録音でいいかな、などの感想の中で、私に刺さってきたのは、「書くのはいいけど、誰が実行してくれるんだい」という質問でした。「お子さんとか、ご家族の方に」と答える私に、「子供達は海外赴任で、近くにはいないよ」「うちは子供がいない夫婦だからね〜」などと言われました。ついには「村田さん、やってくれないの?」と本気とも冗談とも言えない言葉がありました。

 私も親族が行うもので、他人ができるものとは思っていませんでした。参加者からの「契約すれば他人でもできるはずですよ」の言葉に「調べてみます」と宿題にして持ち帰りました。

 そんな折、ある人の紹介で仲良くなった司法書士に相談すると、第3者でも契約していればできること、世田谷区が市民後見について先進的に取り組んでいることを教えてくれました。ネットで探しているうちに東大で市民後見人養成講座が半年にわたって行われることを知りました。 さっそく、申し込み受講しました。そこで出会った友人とNPOを立ち上げました。

最期まで自分らしくいるための準備をサポート

 成年後見人とは、判断能力が失われ、自己決定をできなくなった人に替わって本人だったらこのように選択するだろうことを選択する仕事です。年を重ねると介護や死という課題があります。自分のことを自分でできず、他者の手を借りることが増えます。自分が判断できるうちに、自分でできなくなった時のことを想定して自分の意思で決めておく、そんなお手伝いを始めました。

 エンディングノートを作成、望む介護施設の選択、自分らしくいるための準備、そして亡くなった後もご本人の希望を叶える仕事です。

 保健師の先輩たちが相談に来られて、自分で諸々決められた後に、「これで安心して、残りの人生を楽しめるわ」と言われた時に私の中になんとも言えない嬉しさがこみ上げてきました。

 さらにご自身の親の相談に来られる方が大変多いです。ご両親の意思に寄り添い、できることをしたい、親の人生も自分の人生も大事にしたい、そんな人たちのお手伝いが私には楽しくて仕方ないのです。

  NPO まな市民後見セーフティーネットは私自身はボランティアで行っています。しかし、いつまでもボランティアは続かないので、次の人たちにはこれが生活する収入につながるようしっかり仕事にしていきたいと思っています。

 私にとっては、私自身の高齢化対策、生きがいです。

【参考】
NPO まな市民後見セーフティーネット
心と身体・暮らしを整える健康支援 あなたのあり方、いきいきを応援するビーサポ!

「日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐」もくじ

著者プロフィール

  • 村田 陽子
  • 村田 陽子
    有限会社ビーイングサポート・マナ 代表取締役/日本開業保健師協会 会長

    経 歴

     北海道立衛生学院保健師課卒業後、産業保健(朝日新聞、株式会社HOYA、日経BP社)現場で実績を積み、1990年に個人事業主「独立した保健師」になる。

     1995年に「有限会社 ビーイングサポート・マナ」を、2000年にはNPOまなネットを設立。2013年、NPOまな市民後見セーフティネットに名称、定款変更。

     「生き方を援助する健康教育」という視点で、単なる疾病予防でなく、人生の質を高める基盤としての健康づくりを行うために、「保健医療従事者向けのセミナー」「健康に関する講演」「地域や企業、健保の事業支援」を実施。更にはコーチとして個人をサポート。

    ビーイングサポート・マナ(愛称:ビーサポ!)

最新ニュース

2018年06月15日
女性の「やせ」をテーマにした教材が登場!「気にしてますか?やせすぎ注意」(指導箋)
2018年06月15日
【健やか21】イクメン企業・イクボスアワード2018募集中!
2018年06月13日
「早期乳がん」の70%は化学療法は不必要 乳がん治療に明るい選択肢
2018年06月13日
「女性特有の遺伝子」を発見 バストの大きさ、月経痛の重さに関連
2018年06月13日
日本の給食が「肥満」を減らす 給食実施率の増加で肥満が低下
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
2018年06月13日
糖尿病学会でウォークイベントを開催 特別な運動でなくとも効果的
2018年06月12日
厚労省が禁煙支援マニュアルを増補改訂―社会情勢の変化に合わせて内容をアップデート
2018年06月08日
食育指導で使えるイラスト提供します(健やか親子21食育プロジェクト)
2018年06月08日
【連載更新】成人期の健康運動の考え方~体と心を感じる習慣づくり~
2018年06月07日
対談「女性と生活習慣病予防」一無、二少、三多で健康長寿
2018年06月06日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる
2018年06月06日
「高齢者」に医薬品を処方するときには注意が必要 厚労省が指針を通知
2018年06月06日
「高血圧」の治療がインフルエンザ対策に ウイルスの感染を防ぐ効果が
2018年06月06日
「子どもの貧困」が発育異常にも影響 子どもへの社会的な支援が必要
2018年06月06日
「歯周病」に対策 3ヵ月のプロジェクトでタクシー乗務員を意識改革
2018年06月05日
【連載更新】「今日は〇〇の日」「○○週間」を活用していますか?
2018年06月04日
【応募受付中】「でかメモ」アンバサダー募集!
2018年06月04日
健康スコアリングの詳細設計に関する報告書を公表―日本健康会議
2018年06月01日
プルーン食べ合わせレシピコンテスト実施中!骨の健康(プルーン × カルシウム) 
2018年06月01日
「健康・医療・介護の新潮流」へるすあっぷ21 6月号
2018年05月31日
【健やか21】「子どもの人権SOSミニレター」事業の実施(法務省)
2018年05月30日
「体内時計」が糖尿病・メタボに影響 「時間生物学」が注目されている
2018年05月30日
日本で未承認の「抗がん剤」は65種類 8割が100万円超 患者の負担が重い
2018年05月30日
「男性型脱毛症」(AGA)の原因は血流不足やストレス? 近畿大学などが解明
2018年05月30日
抗加齢を意識した「アンチエイジング弁当」 食材の抗加齢効果を明記
2018年05月30日
ビタミンCが「認知症」リスクを低下 女性でリスクが10分の1に低下
2018年05月29日
【リーフレット配布ご協力お願い】外見ケアに悩んでいる方へ「みなとアピアランスサポート相談室」
2018年05月29日
厚労省がHPVワクチン接種後に症状が出た人のための相談窓口の一覧を掲載
2018年05月28日
【連載更新】「仕事の軸」報酬がもらえなくてもやりたいことは何ですか?
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,257 人(2018年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶