関連資料

保健指導対象者の選定と階層化

特定健診・特定保健指導とは---「保健指導対象者の選定と階層化」

【ステップ1】
腹囲とBMIで内臓脂肪蓄積のリスクを判定する
・腹囲M≧85cm、F≧90cm→(1)
・腹囲M<85cm、F<90cmかつBMI≧25→(2)
※(1)(2)以外の者への対応については、(3)留意事項参照


【ステップ2】
○検査結果、質問票より追加リスクをカウントする。
○1から3は内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の判定項目、4その他の関連リスクとし、4喫煙歴については1から3のリスクが1つ以上場合にのみをカウントする。

1. 血糖
  a) 空腹時血糖100mg/dl以上又は
  b) HbA1cの場合5.2%以上又は
  c) 薬剤治療を受けている場合(質問票より)

2. 脂質
  a) 中性脂肪150mg/dl以上又は
  b) HDLコレステロール40mg/dl未満又は
  c) 薬剤治療を受けている場合(質問票より)

3. 血圧
  a) 収縮期130mmHg以上又は
  b) 拡張期85mmHg以上又は
  c) 薬剤治療を受けている場合(質問票より)

4. 質問票喫煙歴あり
 ※図3「特定保健指導の対象者(階層化)」


【ステップ3】
ステップ1、2から保健指導レベルをグループ分け

(1)の場合
1から4のリスクのうち
追加リスクが2以上の対象者は積極的支援レベル
1 の対象者は動機づけ支援レベル
0 の対象者は情報提供レベル

(2)の場合
1から4 のリスクのうち
追加リスクが3以上の対象者は積極的支援レベル
1 又は2 の対象者は動機づけ支援レベル
0 の対象者は情報提供レベル


【ステップ4】
 前期高齢者(65歳以上75歳未満)については、1. 予防効果が多く期待できる65歳までに、特定保健指導が既に行われてきていると考えられること、2. 日常生活動作能力、運動機能等を踏まえ、QOL(QualityofLife)の低下に配慮した生活習慣の改善が重要であること等の理由から、積極的支援の対象となった場合でも動機づけ支援とする。

 血圧降下剤等を服薬中の者(質問票等において把握)については、継続的に医療機関を受診しており、栄養、運動等を含めた必要な保健指導については、医療機関において継続的な医学的管理の一環として行われることが適当であるため、医療保険者による特定保健指導の対象としない。

 市町村の一般衛生部門においては、主治医の依頼又は、了解の下に、医療保険者と連携し、健診データ・レセプトデータ等に基づき、必要に応じて、服薬中の者に対する保健指導等を行うべきである。

 医療機関においては、生活習慣病指導管理料、管理栄養士による外来栄養食事指導料、集団栄養食事指導料等を活用することが望ましい。なお、特定保健指導とは別に、医療保険者が、生活習慣病の有病者・予備群を減少させるために、必要と判断した場合には主治医の依頼又は了解の下に、保健指導等を行うことができる。


留意事項
 医療保険者の判断により、動機づけ支援、積極的支援の対象者以外の者に対しても、保健指導等を実施することができる。

 市町村の一般衛生部門においては、医療保険者と連携し、血糖値が受診勧奨判定値を超えているなど、健診結果等から、医療機関を受診する必要があるにもかかわらず、医療機関を受診していない者に対する対策、特定保健指導対象者以外の者に対する保健指導等を行うべきである。

 特定保健指導の対象者のうち「積極的支援」が非常に多い場合は、健診結果、質問票等によって、生活習慣の改善により予防効果が大きく期待できる者を明確にし、優先順位をつけ保健指導を実施すべきである(第3編参照)。

 保健指導を実施する際に、健診機関の医師が直ちに医療機関を受診する必要があると判断しているにもかかわらず、保健指導対象者が、医療機関を受診していない場合は、心血管病の進行予防(心疾患、脳卒中等の重症化予防)のために治療が必要であることを指導することが重要である。

 また、健診データ・レセプトデータ等に基づき、治療中断者を把握し、進行予防(心疾患、脳卒中等の重症化予防)のために治療の継続が必要で指導することが重要である。

 市町村の一般衛生部門が、市町村国保等の医療保険者が保有する健診デき当該市町村内の住民に対する保健指導や健康相談(以下別紙6において等」という。)を行おうとする場合には、これらの情報が特に適正な取扱い施を確保する必要がある医療分野に関する情報であることから、市町村の門は、医療保険者と連携し、別紙6に定める取扱いを行う必要がある。

厚生労働省 : 特定健診・特定保健指導

[soshinsha]

「」に関する資料

「」に関するニュース

関連コンテンツ

最新ニュース

2017年08月22日
認知症の3分の1は予防できる 予防するための4つの生活スタイル
2017年08月22日
「褐色脂肪」を活性化する因子を特定 エネルギー消費を促しメタボに対策
2017年08月21日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル公開中「クーラー病」「痛風リスク」
2017年08月21日
9月は健康増進普及月間 ~生活習慣改善を啓発
2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶