関連資料・リリース情報

「平成23年国民健康・栄養調査結果の概要」

「平成23年国民健康・栄養調査結果の概要」
(厚生労働省/2012年12月6日)

○調査項目
1. 食生活に関する状況
2. 身体活動・運動に関する状況
3. 喫煙に関する状況
4. 飲酒に関する状況
5. 休養等に関する状況
6. 身体状況及び糖尿病等に関する状況
7. 歯の健康に関する状況
8. 健康寿命や地域のつながりに関する状況

○ポイント
1. 食生活に関する状況

・生鮮食品の摂取状況について、平成13年と比べると、野菜類、果物類、魚介類の摂取量は減少し、肉類の摂取量は増加。年齢階級別では、20 ∼ 40歳代の野菜類、果物類、魚介類の摂取量が少ない。

・ふだん生鮮食品を入手している者のうち、この1年間に生鮮食品の入手を控えたり、入手できなかった理由として、「価格が高い」と回答した者の割合が30.4%と最も高く、20 ∼ 40歳代では4割以上。

・世帯の年間収入別食品摂取量は、世帯収入600万円以上の世帯員に比べて、200万円未満の世帯員は、野菜類の摂取量は男性のみ、果物類と肉類の摂取量は男女とも少ない。

・災害時に備えて非常用の食料を用意している世帯の割合は、47.4%。地域ブロック別にみると、東海ブロックが65.9%と最も高く、九州ブロックが24.6%と最も低い。

3. 喫煙に関する状況

・現在習慣的に喫煙している者の割合は、20.1%(男性32.4%、女性9.7%)。

・平成22年10月のたばこの値上げで喫煙状況に影響を受けた者の割合は、29.2%。そのうち、たばこの値上げで受けた影響として、「吸うのをやめた」と回答した者の割合は、15.0%、「ずっと吸っているが、本数を減らした」と回答した者の割合は39.0%

「平成23年国民健康・栄養調査結果の概要」
結果の概要

(厚生労働省/2012年12月6日)

[soshinsha]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2020年12月03日
「新型コロナウイルスの関連情報(産業保健)」
2020年11月24日
「新型コロナウイルスの関連情報(地域保健・学校保健)」
2020年10月27日
「令和2年版厚生労働白書」を公表します
2020年10月05日
緊急事態宣言中の府民4万人の健康活動調査結果を公開
2020年09月07日
「令和元年度 医療費の動向」を公開
2020年06月22日
「健康投資管理会計ガイドライン」を策定
2020年03月04日
「健康経営銘柄2020」に40社を選定
2020年01月29日
「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議」の報告書を公開
2020年01月17日
平成30年「国民健康・栄養調査」の結果を公開
2019年11月08日
「看護基礎教育検討会 報告書」を公表

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶