関連資料・リリース情報

「平成25年 職場における熱中症による死亡災害の発生状況」

「平成25年 職場における熱中症による死亡災害の発生状況」
(厚生労働省/2014年5月29日)

 厚生労働省は、平成25年の「職場での熱中症による死亡災害の発生状況」をとりまとめた。昨年(平成25年)の職場での熱中症による死亡者は30人と、平成24年よりも9人多くなっている。

 業種別にみると、
 「製造業」(7人 前年比4人増)
 「農業」(1人 前年比0人増)
 「運送業」(1人 前年比0人増)
 「その他の事業」(9人 前年比2人増)
 「建設業」(9人 前年比11人減)、
 「林業」(1人 前年比2人減)
 「警備業」(2人 前年同数)

  厚生労働省は、職場での熱中症の予防について、以下のような具体的な対策を定めている。
・WBGT値を測定することなどによって、職場の暑熱の状況を把握し、作業環境や作業、健康の管理を行う
・熱への順化期間(熱に慣れ、その環境に適応する期間)を計画的に設定する
・自覚症状の有無にかかわらず、定期的に水分・塩分を摂取する
・熱中症の発症に影響を与えるおそれのある、糖尿病などの疾患がある労働者への健康管理を行う

「平成25年 職場における熱中症による死亡災害の発生状況」

(厚生労働省/2014年5月29日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2021年04月09日
妊娠前からはじめる妊産婦のための食生活指針(令和3年3月)
2021年04月08日
「企業・医療機関連携マニュアル」を改定
2021年04月08日
「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」を改定
2021年04月05日
「家族と健康」WEB版4月号
2021年04月01日
ウェブセミナー「高齢者施設等における感染やクラスター発生時の対応」動画・資料
2021年03月29日
コロナ禍の労働者に対する支援に関して産業保健職が留意すべき事項~産業精神衛生研究会からの提言・追補版~
2021年03月26日
「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」を公表
2021年03月25日
絵文字でわかりやすい!「食育ピクトグラム」
2021年03月25日
「令和2年度のテレワーク人口実態調査」の結果を公表
2021年03月25日
【動画公開】AYA世代のがんの闘病生活について~治療中の教育や就労などの社会生活への支援~

「産業保健」に関するニュース

2021年04月12日
【子宮頸がんを予防する日】予防ワクチンの接種を受ければ9割の感染を防げる 定期的な検診で女性の未来を守れる
2021年04月12日
【新型コロナ】新型コロナワクチンの副反応 発熱・頭痛・倦怠感は接種2回目に大幅上昇 年代・性別で差があり高齢者では低い 厚労省中間報告
2021年04月08日
新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年04月05日
朝食は「1日でもっとも重要な食事」 朝8時30分までに食べると糖尿病リスクは低下 朝食を改善する4つの方法
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック
2021年04月05日
慢性腎臓病(CKD)の重症化を予防するために 看護師・栄養⼠による保健指導が戦略に 地域連携の強化が重要
2021年04月02日
【健やか21】子どもの事故防止プロジェクト・レポート「子育てを経た保護者の事故防止に対する意識の変化」の掲載について(消費者庁)

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶