• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
関連資料更新情報
「平成27年度地域保健・健康増進事業報告の概況」

「平成27年度地域保健・健康増進事業報告の概況」
(厚生労働省/2017年3月8日)

 厚生労働省は、このほど、平成27年度「地域保健・健康増進事業報告」の結果を取りまとめ公表した。

 「地域保健・健康増進事業報告」は、地域住民の健康の保持や増進のために保健所や市区町村が行う保健施策について把握し、国や地方公共団体が今後実施する施策を効率的・効果的に推進するための基礎資料を得ることを目的としている。報告の対象は、全国の保健所及び市区町村。

○ポイント
1 平成27年度に妊娠の届出をした者は、1,053,444人。妊娠週(月)数別にみると「満11週以内(第3月以内)」に届出をした者が971,189人(構成割合92.2%)と最も多い(平成15年度の集計開始以来最も高い)。

2 平成27年度末の保健所及び市区町村における人口10万人あたりの常勤保健師数は、「全国」で19.8人。都道府県別にみると「島根県」が41.1人と最も多く、次いで「高知県」37.4人、「山梨県」36.1人。

3 平成27年度に市区町村が実施した肝炎ウイルス検診の受診者数は、「B型肝炎ウイルス検診」927,565人、「C型肝炎ウイルス検診」926,173人。

©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
【関連資料一覧】
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |