関連資料・リリース情報

「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成30年10月末現在)

 厚生労働省はこのほど、平成30年10月末現在の外国人雇用についての届出状況を取りまとめ、公表した。

【届出状況のポイント】

○ 外国人労働者数は1,460,463人で、前年同期比181,793人、14.2%の増加(平成19年に届出が義務化されて以降、過去最高を更新)

○ 外国人労働者を雇用する事業所数は216,348か所で、前年同期比21,753か所、11.2%の増加(平成19年に届出が義務化されて以降、過去最高を更新)

○ 国籍別では、中国が最も多く389,117人(外国人労働者数全体の26.6%)。次いでベトナム316,840人(同21.7%)、フィリピン164,006人(同11.2%)の順。対前年伸び率は、ベトナム(31.9%)、インドネシア(21.7%)、ネパール(18.0%)が高い。

○ 在留資格別では、「専門的・技術的分野の在留資格」の労働者数が276,770人で、前年同期比38,358人、16.1%の増加。また、永住者や日本人の配偶者など「身分に基づく在留資格」の労働者数は495,668人で、前年同期比36,536人、8.0%の増加などとなっている。

 「外国人雇用状況」の届出状況【概要版】(平成30年10月末現在)(PDF)

(厚生労働省/2019年1月25日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2021年04月20日
データで見るコロナの軌跡 データブック国際労働比較2020 特別編集号
2021年04月16日
小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見
2021年04月14日
「介護施設における介護者の労働生活の質(QWL)向上のためのアクション・チェックポイント」を公開
2021年04月09日
妊娠前からはじめる妊産婦のための食生活指針(令和3年3月)
2021年04月08日
「企業・医療機関連携マニュアル」を改定
2021年04月08日
「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」を改定
2021年04月05日
「家族と健康」WEB版4月号
2021年04月01日
ウェブセミナー「高齢者施設等における感染やクラスター発生時の対応」動画・資料
2021年03月29日
コロナ禍の労働者に対する支援に関して産業保健職が留意すべき事項~産業精神衛生研究会からの提言・追補版~
2021年03月26日
「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」を公表

「産業保健」に関するニュース

2021年04月20日
中年期に運動と食事を改善すると人生後半は健康に 肥満・メタボは体重を3%減らしただけでも改善
2021年04月20日
口の中の健康状態が悪い高齢者は認知機能低下リスクが高い 口腔の健康を維持すれば、認知症を減少できる可能性
2021年04月19日
【新型コロナ】運動不足が重症化リスクを高める 肥満・メタボよりもさらに深刻 コロナ禍でもウォーキングなどの運動を
2021年04月19日
出生体重が少ない女性は「妊娠高血圧症候群」のリスクが高い 「妊娠糖尿病」のリスクも上昇 日本人女性4万人超を調査
2021年04月19日
不妊治療を受ける女性へのメンタルヘルス支援が必要 54%に軽度以上の抑うつ症状が 成育医療センター
2021年04月13日
肥満や糖尿病は母から子へとうけつがれる 妊娠中の運動は子の肥満予防に メカニズムを解明
2021年04月13日
「腸内環境」が高齢化すると生活習慣病に関連する代謝物が増える 「腸内細菌叢」を若く保ち加齢疾患のリスクを低下
2021年04月12日
【子宮頸がんを予防する日】予防ワクチンの接種を受ければ9割の感染を防げる 定期的な検診で女性の未来を守れる
2021年04月12日
【新型コロナ】新型コロナワクチンの副反応 発熱・頭痛・倦怠感は接種2回目に大幅上昇 年代・性別で差があり高齢者では低い 厚労省中間報告
2021年04月12日
【新型コロナ】感染防止と社会活動の両立を目指す新たなコンセプト「社会的PCR検査」 唾液PCR検査キットの個人向け提供も開始

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶