関連資料・リリース情報

「地域・職域連携推進ガイドライン」を公表

「地域・職域連携推進ガイドライン」

 このたび、「これからの地域・職域連携推進の在り方に関する検討会」(座長:津下一代 あいち健康の森健康科学総合センター センター長)は、「地域・職域連携推進ガイドライン」を改訂するとともに、検討会の報告書を公表した。

〈ガイドライン改訂の主なポイント〉
○地域・職域連携推進協議会の開催等に留まることなく、関係者が連携した地域・職域連携推進のための具体的な取組の実施にまでつなげていくために必要な事項を整理。
○在住者や在勤者の違いによらない地域保健と職域保健が連携した幅広い取組の促進など、地域・職域連携の基本的理念を再整理。
○事務局機能の強化による都道府県協議会、二次医療圏協議会の効果的な運営方策について記載。
○「実行」を重視した、柔軟なPDCAサイクルに基づいた事業展開の促進など、具体的な取組実施のために必要な工夫について記載。

(厚生労働省/2019年9月26日)

[soshinsha]

「地域保健」に関する資料・リリース

2020年10月15日
「新型コロナウイルスの関連情報(地域保健・学校保健)」
2020年09月09日
特設Webコンテンツ「食事バランス教室」を公開
2020年08月14日
平成30年度国民健康保険(市町村)の財政状況について
2020年08月12日
「平成30年度地域保健・健康増進事業報告の概況」を公開
2020年08月07日
都道府県社会的養育推進計画の「見える化」について公表
2020年07月15日
「イクメン企業アワード2020」・「イクボスアワード2020」の募集を開始
2020年06月08日
リーフレット「遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診」を作成
2020年04月30日
国立成育医療研究センターと日本最大級の疫学医療ビッグデータを扱うJMDCが共同研究を開始
2020年04月23日
中学生向けパンフレット「ハンセン病の向こう側」PDF版を公開
2020年04月21日
「いのちのほっとライン@かながわ」LINE相談を開始

「地域保健」に関するニュース

2020年10月20日
納豆などの「発酵性大豆食品」が女性の循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月20日
「メタボ健診・特定保健指導」の課題が明らかに "制度の見直しが必要"と提言 7.5万人のデータを検証
2020年10月20日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
2020年10月19日
【新型コロナ】世界メンタルヘルスデー コロナ禍によるストレスは深刻 早急なサポートが必要
2020年10月19日
【新型コロナ】飲食店での会食による感染例を国立感染研が公表 どうすれば感染を防げる?
2020年10月16日
【健やか21】第3回「コロナ×こどもアンケート」中間報告(国立成育医療研究センター)
2020年10月13日
「ノロウイルス」はアルコール消毒薬で不活化できる クエン酸や重曹で調整が可能 手指消毒薬としても使える
2020年10月13日
【新型コロナ】なぜ高齢者が重症化しやすい? 感染しやすさはどの年齢も同じだが、病状の進みやすさは年齢によって異なる
2020年10月12日
アルコールが乳がんリスクを1.5倍に上昇 女性ホルモンや発がん物質が影響? 日本人女性3万人を調査
2020年10月12日
乳製品の乳清タンパク質「ホエイプロテイン」が肥満や糖尿病のリスクを低下 食後の血糖上昇を抑制

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,160 人(2020年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶