トップページ - アンケート - 糖尿病患者さん:自由記述回答
糖尿病患者さん:自由記述回答
Q13. 糖尿病の食事療法と「甘味料」の活用に関して、ご意見やご要望がありましたら、ご記入ください。(自由記述)

  • 砂糖に比べ、甘味料は価格が高く経済的に家計を圧迫する。
  • 砂糖全て悪者には疑問あり。砂糖は栄養として必要、業界主張に賛同もする。
  • 基本見合うインスリンを打てば、甘味料であろうが、砂糖であろうが、摂取することに問 題はないと思う。但し摂取カロリーに注意を払う必要あり。
  • 元々甘いものが好きなので、甘味料を使うことによって、食事を「制限」されている感覚がなくなっているように思います。ただ、血糖値が上がらないのを良いことに、多様しがちで、本来は甘くないものに慣れるべきなのだと思います。出費も多くなります。そう頭で分かっていてもなかなかやめられません。
  • 女性にとって、甘いものを無理矢理我慢するのは酷なものがあります。コントロールの程度に応じて、デザートの指導があると嬉しいように思います。
  • 人工の甘味料には普通の砂糖より甘さが増していると思うので普通の砂糖を少しだ け入れて調理している。全て人工にはしない。
  • カロリーを気にせずに、甘みがとれるのはうれしい話です。ただ甘さになれるのも困るかなとも思います。
  • 以前に比べ、甘味料の種類が増えて、味も砂糖に近いものも出てきたので便利になりました。甘味料を使用した飲み物、ゼリーなどのおやつ類も増えてきましたが、値段が高いものが多く、近所のスーパーでは売っていないものも多いです。もっと簡単に手に入り安価なら助かります。
  • 料理やお菓子に使い、砂糖の摂取が半分以下になった。
  • 基本的に砂糖が食卓から消え、甘味料に変わったが、値段が高いので、結局、必要性が薄れてきたような気がする。
  • 市販される食品に甘味料の使用がもっと一般化することを望む。
  • 自然な砂糖などと同じ味が出れば、使ってみたいけれど、これまでのは全部苦味ばかりで美味しくなかった。食事療法に調味料まで制限されたくないと思った。
  • 甘い物をどうしても食べたくなります。もう少し安く購入出来たり、血糖値が上がらないお菓子・スイーツなど増やして欲しい。
  • 現在二種類の甘味料を使用しており、加熱用には三井製糖社製のものを、それ以外に はパルスイートをと使い分けている。具体的な使い分けなどを糖尿病教室などで教えてくれたらいいと思うのだが。(実際に使用して初めてわかるようなことがかなりあるのでは?)
  • 甘味料を適切に使用することが、食事にメリハリをつけてくれる。でも価格という大きい壁を破ることは困難です。
  • お砂糖は基本、お料理に使います。だから尚更、余分なカロリーを摂りたくないから、ノーカロリーにこだわっています。でも高すぎるのが難点です。
  • 甘い物は、食べることを通じての「幸せ感」に対して大きな影響を与えている。甘い物をまったく食べないと人生自体が味気なくなったような気すらするが、ここに糖尿病の食事療法の難しさの大きな一面がある。わたし個人は、洋菓子などの甘い物を甘味料を使った手作りのもので楽しむこととし、これによって甘い物をときおり楽しみながら全体として食事療法を粘り強く続けている。今後は、砂糖と同程度の価格で甘味料が手に入ることを願う。
  • 嗜好品として使うにはいいが、毎日の料理に使うには、高価で使いにくい。
  • もっと気軽に、買えたらいいですね。スーパー等で一般の商品と並んで売っていて値 段も同じぐらいならいい。
  • 人工甘味料に対しては抵抗があるのが事実。血糖値が上がる事と甘いものへの欲求とのハザマで日々ゆれています。人口甘味料で甘味への欲求を満たしつつ、何となく満足できない不安のようなものがあります。それが続いて血糖値コントロールをするのが急激に面倒になったりします。夕飯時の米を止めてその分、あまーいお菓子を堪能したりする事もあります。
  • 血糖値管理のため毎日使用しています。わが家には砂糖はなくなりました。「人工」というフレーズに少し抵抗を感じながらも、使用しています。ただ、一昔前にはなかった甘味料の充実に感謝です。
  • 糖尿病患者が増えると国の医療費もかさみます。もっと、菓子・アイス・ケーキなど糖尿病患者が好みそうな食品にノンシュガーなどを取り入れてほしい。
  • 最近は殆ど「甘味料」を使用していますが、値段が高めなのが悩みです。又、ずっと 使用していて、身体に悪い影響が出ないか、少し心配でもあります。
  • 基本の食事が第一で、それがコントロールできているならば低カロリー食品は使い勝 手のよい食品と考えます。
  • 甘味料を使用することによる調味の変化。みりんを控えることによりうまみが減る。仕 方がないと諦めている。
  • スイーツとしての甘味料と言うよりも日常の料理で使用する機会の方が多いです。鯖の味噌煮とか、スキヤキとか。食べたいけど砂糖の使用は避けたいじゃないですか、やっぱり。
  • たまには甘い物をとりたくなるので、このような甘味料があるととても助かります。もう少し安く気軽に購入できればいいなと思います。
  • 甘味料は食事療法をする者にとっての"お助けアイテム"です以前のようにすごく口に残る感が減り、使用した製品も増え、手に入りやすくなりました"安全で美味しく"のままでよりバラエティーに富んだ商品をこれからも期待とお願いします。
«前のページへ |  概要・属性  |  1  |  2  |  3  |  4  | 5  |

2011年05月更新
糖尿病ネットワーク 糖尿病リソースガイド

お問い合わせについて    主催:日本医療・健康情報研究所
©2008-2017 Soshinsha. All Rights Reserved.