ニュース

筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大

 茨城大学などの研究グループは、筑波山周辺地域の特産品「フクレミカン」の果皮に、抗肥満の効果があること、およびストレス抵抗性の獲得効果があることを、マウスを使った実験で確認した。
福来ミカンの果皮に肥満やストレスの改善効果
 「フクレミカン(福来ミカン)」は、筑波山麓地域で生産されている在来の柑橘種で、果実は直径3~5cmと小さく、皮が薄いのが特徴。産地では古くから果皮が陳皮として食されており、七味唐辛子などに利用されている。

 果肉も食べることが可能で、甘みが少なくすっきりとした酸味がある。最近ではその独特な芳香を活かして、飲料や菓子など多くの加工品の原材料としても利用されている。

 福来ミカンの機能性成分については、シークワーサーなどにも豊富に含まれる「ポリメトキシフラボノイド」(ノビレチン、タンゲレチン)が特徴的に多いことが、茨城県産業技術イノベーションセンターの分析によってこれまで明らかになっている。新たな加工食品原料としての福来ミカンの活用が期待されている。

 今回の実験では、成熟する前の福来ミカンの果皮の粉末を混ぜたエサをマウスに与え、肥満やストレスに対する効果を検証した。

 研究は、東京農工大学大学院連合農学研究科博士課程3年の佐藤瑞穂氏と茨城大学農学部の豊田淳教授、井上栄一教授、宮口右二教授らの研究グループによるもの。
肥満やメタボリックシンドロームの予防効果が
 抗肥満効果についての実験では、24時間明るさを保った環境で、一方のグループのマウスには高脂肪食だけを、もう一方のグループのマウスには福来ミカンの果皮の粉末を5%混ぜた高脂肪食を4週間与え続け、体重や血中のコレステロール値・中性脂肪レベルの変化の度合いを比較した。

 その結果、高脂肪食だけを与えたグループに対し、福来ミカンの果皮の粉末入りのエサを食べたグループでは、エサの摂取量に有意な差異がなかったにも関わらず、体重増加量が少なくなっていた。また、血中のコレステロール量と中性脂肪レベルについても、福来ミカンの果皮の粉末入りのエサを食べたグループの方が低いことが確認された。

 これらの結果から、熟する前の福来ミカンの皮には、抗肥満効果やメタボリックシンドロームの予防効果があることが示された。

関連情報
レジリエンスを獲得させる作用も
 また、レジリエンス(ストレス抵抗性)に関する実験では、心理社会的ストレスを与え続けて作製したモデルマウスを用いた。3週間の間、通常のエサを与えた場合と、福来ミカンの皮の粉末を5%混ぜたエサを与えた場合とで比較したところ、福来ミカンの果皮の粉末入りのエサを食べたグループのマウスでは、コントロール群のマウスに比べて、レジリエンスが増加する傾向にあった。

 その後、柑橘に含まれるフラボノイドであるヘスペリジンを0.1%混ぜたエサで同様の実験をした結果、ヘスペリジン入りのエサを食べたグループのマウスでは、レジリエンスが有意に増加していた。

 そこでストレスで活性化するキヌレニン(KYN)経路に着目したところ、心理社会的ストレスによって脳の海馬および前頭前野のKYNレベルが上昇するのに対し、ヘスペリジン入りのエサを食べたグループのマウスではこの上昇がみられなかった。ヘスペリジン入りのエサはストレスによるKYN経路の活性化を抑制することで、マウスにレジリエンスを獲得させた可能性が示唆された。

 「福来ミカンの機能性自体は以前から指摘されていたが、その効果が動物実験で確認されたことは大きな前進だ。これまで研究に粘り強く関わってきた学生たちにも感謝したい。果皮に多くの成分が含まれているため、果皮を食べるという習慣も福来ミカンの機能性を活かすことにつながるのではないか。茨城の特産品としてまた脚光を浴びれば嬉しい」と、豊田教授は述べている。

 研究成果は、日本栄養・食糧学会の学術誌「Journal of Nutritional Science and Vitaminology」と、日本農芸化学会の学術誌「Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry」にそれぞれ掲載された。

東京農工大学大学院連合農学研究科
茨城大学農学部
Dietary Intake of Immature Citrus tumida Hort. Ex Tanaka Peels Suppressed Body Weight Gain and Fat Accumulation in a Mouse of Acute Obesity(Journal of Nutritional Science and Vitaminology 2019年2月28日)
[Terahata]

「記事の内容」に関するニュース

2019年07月23日
タブレットを特定保健指導に活用 忙しい40~50歳代への実施率向上を目指す
2019年07月23日
優しさを伝える介護技術「ユマニチュード」をAIで学習 "優しい介護"を誰もが学べる
2019年07月23日
「高カロリー飲料」の飲み過ぎでがんリスクが上昇 100ミリリットル増えると乳がんリスクは22%増加
2019年07月23日
「緑茶」の摂取が糖尿病リスクを減少 九州大学・久山町研究で明らかに
2019年07月23日
「米ぬか」成分に血圧降下作用 米ぬかペプチドが血管機能を改善 食品素材として活用
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
2019年07月09日
【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶