ニュース

2020年10月からロタウイルスワクチンを定期接種化

 厚生労働省は専門部会での審議などを経て、2020年10月1日から、ロタウイルスワクチンを乳児の定期接種対象にする方針を決めた。
 定期接種の対象者は同じ年8月生まれ以降の乳児で、初回接種は生後2カ月から生後14週6日までとする。これまでロタウイルスワクチンは任意接種で、保護者の費用負担が大きいことが課題だった。
感染力が極めて高く、時には死に至ることも
 ロタウイルス感染症にかかると腸からの水の吸収が阻害され、下痢症を発症(ロタウイルス胃腸炎)。通常は1~2週間で自然に治癒するが、脱水がひどくなるとショック、電解質異常、時には死に至ることもあるとされている。

 主に乳幼児(4~23カ月児)に重度の脱水症が認められ、日本において急性胃腸炎で入院する5歳未満の4~5割程度がロタウイルス由来と言われる。特別な治療法はなく、下痢などに対する対症療法として一般的には輸液療法や食事療法が主に行われている。

 ロタウイルスの主な感染経路はヒトとヒトとの間で起こる糞口感染で、感染力が極めて高い。衛生状態が改善されている先進国でも、ロタウイルスの感染予防は極めて難しいとされる。

 そのため有効性や安全性、リスクベネフィットの観点からロタウイルスを定期接種の対象とすることが審議されてきた。
10月1日から定期接種化を開始
 2020年10月1日から定期接種の対象となるワクチンは「ロタリックス」と「ロタテック」の2種類。

 ロタリックスの対象は生後6週から生後24週まで、4週間以上の間隔をあけて2回経口接種する。一方のロタテックの対象は生後6週から生後32週まで、4週間以上の間隔をあけて3回経口接種する。

 原則として同一の製剤で接種を完了することとし、ワクチン接種時には予防接種済証や母子健康手帳に製剤の種類を記載するようにする。またすでに一部の接種を任意接種として行っている場合は、残りの接種を定期接種として扱うという。

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2020年01月06日
保健指導リソースガイド 【2019年にもっとも読まれたニュース ベスト20】
2020年01月06日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2020年版保健指導ノート」
2019年12月27日
2020年10月からロタウイルスワクチンを定期接種化
2019年12月27日
【健やか21】「日本人の食事摂取基準」策定検討会の報告書
2019年12月26日
「産後ケア事業」の実施を市区町村の努力義務に~改正母子保健法が成立
2019年12月25日
食事の偏り、運動不足・・・年末年始は体重を増やしやすい 連休中も肥満・メタボに対策
2019年12月24日
年末年始は「夜ふかし・朝寝坊」しない 「体内時計」で体のリズムを調整 6つの対策で生活を朝型に
2019年12月24日
インフルエンザが流行中、職場での感染予防リーフレットを作成(東京都)
2019年12月24日
特定健診で見逃したくない検査値「non-HDLコレステロール」 40歳を過ぎたら必ずチェック
2019年12月24日
なぜ風邪をひいた時に抗菌薬は不要? 「薬剤耐性(AMR)」を増やさないために
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,068 人(2020年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶