メタボ世代の間食習慣とカロリー・糖質調整食品の利用に関するアンケート

間食として勧めている食品

  • 大袋のスナック菓子全般
  • ナッツ類やアイスクリーム類、チョコレート類を間食としている方は、比較的夕食後に摂る傾向が多いので、控えるように指導する事が多い。
  • スナック菓子、クッキーなど洋風の菓子類。
  • 間食に菓子パンを食べる人が多いので、菓子パンのカロリーを伝えるようにしている。
  • 洋菓子系などの高カロリー食品。
  • 洋菓子、菓子パン、惣菜パン。
  • 菓子パンとジュース。
  • チョコレート(特にアーモンドチョコを好むメタボ男性が目立つ気がします)の持ち歩きや引き出し常備、湯上りのアイスクリーム、夜食のラーメン(脂こってり系が多い)、スナック菓子・ポテトチップス(徳用サイズ御用達の方が多い)などは控えるようにお話しするケースが多いです。
  • スナック菓子等高カロリーの菓子は控えるように話しています。
  • 高脂肪の洋菓子
  • 菓子パンやスナック菓子等です。
  • 糖質を含む飲料の摂取は、無意識に摂りすぎる可能性が高く吸収が早いため、血糖コントロールへの影響や脂肪に変わりやすいなどの注意点を伝え、特に注意するよう促している。
  • スナック菓子は控えたほうがよいと伝え、食べるときは、小鉢に分けて食べるように勧めている。
  • 菓子パン、インスタントラーメン。
  • 1口食べて、次・次と手が止まらなくなるものはやめた方がよい。
  • 菓子パン、カップめん、スナック菓子、過度のアルコール摂取など。
  • だらだら食べる食べ方をまずやめる。チョコや高脂肪のアイスクリームはやめる。
  • スナック菓子や清涼飲料水(糖質を多く含む)
  • 清涼飲料、ジュース、炭酸飲料
  • 高エネルギー、高脂肪の物、スナック菓子や洋菓子などを控える。
  • チョコレート、スナック菓子は控えるように
  • 菓子パン、清涼飲料水。

2013年08月 公開

間食指導の情報ファイル INDEX
ページのトップへ戻る トップページへ ▶