地域保健
地域保健
地域保健分野における活動は、すべての人の健康への支援をはじめ、感染症や大規模災害などによる健康危機への対応、高齢者や児童の虐待予防、介護や認知症予防、自殺対策など多岐にわたります。地域住民のための保健師活動に必要な情報をまとめました。

「地域保健」に関するニュース

2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月20日
【健やか21】児童虐待予防支援のための「パパカード」活用について
2019年06月20日
統括保健師のいる職場で仕事にやりがい、継続就労にも―保健師の活動基盤に関する基礎調査
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月14日
【書籍紹介】「精神科医の話の聴き方 10のセオリー」
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説

もっと見る ▶

「地域保健」に関する資料

2019年05月31日
「保健指導ミーティング実施報告書」を公開
2019年05月31日
平成30年度「保健師の活動基盤に関する基礎調査報告書」を公表
2019年05月31日
平成30年度「市町村保健師の人材育成体制構築支援」報告書を発行
2019年05月31日
「地方公共団体における効率的・効果的な保健活動の展開及び計画的な保健師の育成・確保について」 報告書を公表
2019年05月31日
平成31年度 保健師中央会議の資料を公開  
2019年05月10日
平成30年度女性スポーツ推進事業(女性のスポーツ参加促進事業)報告書
2019年05月09日
第34回保険者による健診・保健指導等に関する検討会 資料公開
2019年04月26日
糖尿病性腎症重症化予防プログラムの改定について
2019年04月12日
受診率向上施策ハンドブック(第2版)を発行
2019年04月08日
「これからの地域づくり戦略-集い・互い・知恵を出し合い3部作(1.0版)」を公開

もっと見る ▶

「地域保健」に関するオピニオン

小此木 久美子
限りない看護の世界観の追求のなかで 小此木 久美子 桐生大学医療保健学部看護学科 教授 保健師
中澤 まゆみ
ケアのちから 中澤 まゆみ ノンフィクション・ライター
アルフォンス ・デーケン
「生と死を考える」 保健指導実践者に向けてデーケン先生からのメッセージ アルフォンス ・デーケン 上智大学名誉教授
平野 かよ子
改めて公衆衛生看護とは 平野 かよ子 日本保健師活動研究会会長
持田 恵理
地域看護専門看護師が担う地域における役割 持田 恵理 群馬県大泉町役場
西内 義雄
食文化・食習慣 西内 義雄 医療・保健ジャーナリスト
栗岡 住子
公衆衛生看護に必要なマネジメント 栗岡 住子 保健師、産業カウンセラー、MBA、博士(医学)
保健師の活動と放射線 研究班
保健師の活動と放射線について 保健師の活動と放射線 研究班
広瀬 壽美子
川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョンの策定に関わって 広瀬 壽美子 公益社団法人 川崎市看護協会/保健師
神山 欣子
地域での看取り 神山 欣子 看護師、社会福祉士、介護支援専門員、MBA(経営学修士)
小西 恵美子
保健師スピリッツと実践活動 小西 恵美子 長野県看護大学名誉教授、 鹿児島大学医学部客員研究員
鈴木 忠義
公衆衛生医、骨折で入院しました 鈴木 忠義 公衆衛生医
保健師のスキルアップをめざす会
クレームを活用した保健師のスキルアップ研修 保健師のスキルアップをめざす会
西内 義雄
高齢者の外出、移動の問題を考える 西内 義雄 医療・保健ジャーナリスト
神山 欣子
住み慣れた地域で最期まで暮らすことを目指した「暮らしの保健室」~医療・看護・介護を通じた住みよいまちづくりの試み~ 神山 欣子 看護師、社会福祉士、介護支援専門員、MBA(経営学修士)

連載・特集「オピニオン/保健指導あれこれ」 一覧へ ▶

我が街の保健活動

神奈川県厚木保健福祉事務所

厚木保健福祉事務所の皆さん(平成24年度)

厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村の5市町村を管轄する厚木保健福祉事務所(以下厚木保福)では、平成21年度から若い世代=大学生、20~30歳代に対する食事・生活への意識付けや効果的なアプローチの仕方を模索しています。(2013/4/5)

詳細はこちら ▶

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶