オピニオン/保健指導あれこれ
「産業看護職の多様なキャリア形成」セミナーに取り組んで

No.2 セミナーから見えてきた、産業看護職の悩みとプロフェッショナルの共通項

産業医科大学 産業保健学部 看護学科 産業・地域看護学 准教授
中谷 淳子
 当セミナーでは、午前中の講演後、昼休憩に入るタイミングで紙に記入していただいた質問を回収し、午後2時間ほどかけてこれらの質問への回答を中心に質疑応答を行っています。

 この質疑応答は、登壇者の本音、生の声が聴けると毎回評判であり、当セミナーのこだわりでもあります。司会進行役の梶木繁之先生(産業医科大学産業生態学研究所 産業経営学講座講師)の仕切りも素晴らしく、2時間があっという間に経過してしまいます。

 質問として毎回多いのが、「意見(相性)の合わない産業医、先輩と上手くやっていくには」、「組織の理解を得るためにどのような努力をしているか」といった仕事の進め方に関することと、「失敗や挫折をどう乗り越えたか」「やめたいと思ったことはないか」、「労働衛生コンサルタントになるためには」、「大学院に進学するためには」、「仕事と家庭の両立をどうしているか」、「転職をする方法は?」といった自分自身のキャリアに関することです。

 毎回複数の方から同様の質問がありますので、これらは産業看護職に比較的多く共通する悩みなのではないでしょうか。質問への回答を詳細に掲載することは字数の都合上ここでは控えさせていただきますが、それぞれの登壇者から個性にあふれた本音の回答が得られ、“正しい答え”ではなく様々な考え方を示していただくことができます。

 そして、これまで計22名の産業看護職から講演及び質疑応答でのご意見等をお聞きしてきた中で、見えてきた共通項があります。それは、

大きな変化(会社の組織替えや統廃合、スタッフ編成の変化、出産・育児、配偶者の転勤等に伴う余儀なき退職・転職など)にも慌てず、しなやかに対応している(かなりの苦労を伴ったとしても)。

みんな失敗や挫折をして、一度は辞めたいと思ったことがある。しかし上記の変化を含む様々な壁や失敗・挫折を「自身の成長機会」と前向きにとらえ、気を取り直して努力している。

目の前の仕事を誠実に行うために、その都度必要だと思う勉強をしながら、着実に実績を重ねてきている。

自分が行うべき産業保健、産業看護の目的や意義が明確にあり、ぶれない。

フットワークが軽く、業務をより良く遂行するためには社内外を問わず協力を仰ぎ、巻き込む。

 まだまだあるかとは思いますが、ざっと思いつくだけでこのような感じでしょうか。これらの意識や行動が成果につながり、社員、会社から信頼され、同じ産業看護職を含む産業保健スタッフからも尊敬される存在になっていくのだと思います。

 ちなみに、ご登壇いただく産業看護職は、企画委員会メンバーが「○○さんのお話を聞いてみたい」と推薦することから候補が挙がっていきます。人を惹きつける魅力も、成果と同時についてくるのではないでしょうか。

「産業保健」に関するニュース

2021年04月08日
新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年04月05日
朝食は「1日でもっとも重要な食事」 朝8時30分までに食べると糖尿病リスクは低下 朝食を改善する4つの方法
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック
2021年04月05日
慢性腎臓病(CKD)の重症化を予防するために 看護師・栄養⼠による保健指導が戦略に 地域連携の強化が重要
2021年04月02日
【健やか21】子どもの事故防止プロジェクト・レポート「子育てを経た保護者の事故防止に対する意識の変化」の掲載について(消費者庁)
2021年03月30日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年03月30日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? ⽇中に活発なウォーキングを1時間⾏うと効果的 睡眠時の脳波を調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶