オピニオン/保健指導あれこれ
地域での看取り

No.8 尊厳死について

看護師、社会福祉士、介護支援専門員、MBA(経営学修士)
神山 欣子
 日本尊厳死協会は、自分の意思を記しておくリビングウィルを推奨しています。回復の見込みがなく、命のともしびが消え去ろうとしているときにも、現代の医療は生命維持装置を駆使して延命することが可能です。「あらゆる手段を使って生きたい」と願っている人の意思も尊重されるべきですが、チューブや機械に繋がれて、身動き取れないように拘束されたままの治療を受けたくないと考えている人の意思も尊重されるべきです。そのような人が関係者にあてた「尊厳死の宣言書」を日本尊厳死協会が示しています。(http://www.songenshi-kyokai.com/living_will.html

 みなさんは、尊厳死のことを身近な問題として考えたことがありますか?

 1.認知症高齢者と環境
 厚生労働省は2025年には65歳以上の認知症高齢者の日常生活自立度II以上の割合を12.8%と推定しています(図)。誰もが認知症になるリスクをもっており、年齢が高くなるほど割合は高くなると考えられます。

 認知症はいくつかの種類がありますが、どの種類においても中核症状と周辺症状といわれる行動・心理症状があります。中核症状とは、記憶障害が主ですが判断能力も低下します。周辺症状といわれる行動・心理症状は、中核症状によって本人の性格や環境の変化が加わって妄想、幻覚、暴力や徘徊、不安やうつ状態、無気力といった感情の障害が起こります。

 入院など、普段の生活環境が大きく変化する時は、認知症のリスクが高くなります。例えば大腿骨を骨折した高齢の女性が帰ろうとしてベットから立ち上がったり、治療の意味が理解できなくて点滴のチューブを引き抜いたりすることは、まれではありません。やむを得ず、ひもで手足をベット策に固定して治療をしなければならないこともあり、どこまで治療が優先されるべきかを考えさせられます。

 2.人の尊厳と医療のあり方
 終末期の医療において、治療と生活のどちらが優先されるべきかと考えると、答えはでないかもしれません。日本でおこなわれるほとんどの治療は各種の健康保険が適用されます。おおよそ1割から3割の負担で、がんの手術から糖尿病の治療や高度救命救急センターで行われる医療まで提供されます。日本の国民皆保険制度は全国どこでも安心して医療を受けることができる制度として諸外国でも高く評価され、これを守り続けたいと誰もが考えています。

 最新の治療を行うことにより救える命は増え、保険以外の診療により延命される命も多くあります。施す医療があるにもかかわらずこれを拒否することはいけないのだと考えるのは当たり前でしょう。しかし、何のために治療をするのかを考える必要があると思います。「病気を治して最期まで良き人生を送る」「自分が望む人生を過ごす」ことはただ細胞として生存する事ではないと言うことです。「何のために」、「どうなるために」、どのような医療が必要かが問われなけれなならないと考えます。

 3.「尊厳死」安らかな死について
 尊厳死は安楽死と混同されやすく、誤解をされている方もいるかもしれません。安楽死とは耐え難い苦痛に襲われている死期のせまった人に致死的な薬剤を投与して死なせるものと言われています。尊厳死は過剰な医療を避け尊厳を持って自然な死を迎えることで、安楽死とは区別しています。

 高齢者は複数の病気や障害を併せ持つことが多く、心理・社会的影響も受けやすため、「終末期」の経過がきわめて多様で、終末期の判断が大変難しいと言われています。そのため、日本老年医学会では、担当医師のみの判断だけでなく、家族や本人の意思、医療・ケアチームの意見を踏まえて最善の治療方法が決定されるべきであると示し、その時には「治療をしない」や「治療を中止する」という選択が行われることもあります。

 尊厳のある死を迎えることは非常に難しいと思いますが、その根拠となるのが個々人が持つ死生観です。次回は死生観について考えます。

<参考文献>
1)日本老年医学会「高齢者の終末期の医療およびケア」に関する日本老年医学会の「立場表明」2012
2)厚生労働省 認知症高齢者数
3)日野原重明「延命の医学から命を与えるケアへ」医学書院1983
4)石飛幸三「口から食べられなくなったらどうしますか『平穏死』のすすめ」講談社2010
5)石飛幸三「『平穏死』のすすめ」講談社2010

「地域保健」に関するニュース

2017年06月27日
【新連載】日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)

最新ニュース

2017年06月27日
【新連載】日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要
2017年06月07日
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険
2017年06月07日
「自分で測り健康データを収集」 5000人規模のコホート研究 東北大学
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月06日
「8020」を2人に1人以上が達成し過去最高に~平成28年歯科疾患実態調査
2017年06月06日
初の出生数100万人割れで過去最少 厚労省・人口動態統計月報年計
2017年06月02日
厚生労働省が平成28年の職場における熱中症死傷者発生状況を取りまとめ

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶