オピニオン/保健指導あれこれ
地域での看取り

No.8 尊厳死について

看護師、社会福祉士、介護支援専門員、MBA(経営学修士)
神山 欣子
 日本尊厳死協会は、自分の意思を記しておくリビングウィルを推奨しています。回復の見込みがなく、命のともしびが消え去ろうとしているときにも、現代の医療は生命維持装置を駆使して延命することが可能です。「あらゆる手段を使って生きたい」と願っている人の意思も尊重されるべきですが、チューブや機械に繋がれて、身動き取れないように拘束されたままの治療を受けたくないと考えている人の意思も尊重されるべきです。そのような人が関係者にあてた「尊厳死の宣言書」を日本尊厳死協会が示しています。(http://www.songenshi-kyokai.com/living_will.html

 みなさんは、尊厳死のことを身近な問題として考えたことがありますか?

 1.認知症高齢者と環境
 厚生労働省は2025年には65歳以上の認知症高齢者の日常生活自立度II以上の割合を12.8%と推定しています(図)。誰もが認知症になるリスクをもっており、年齢が高くなるほど割合は高くなると考えられます。

 認知症はいくつかの種類がありますが、どの種類においても中核症状と周辺症状といわれる行動・心理症状があります。中核症状とは、記憶障害が主ですが判断能力も低下します。周辺症状といわれる行動・心理症状は、中核症状によって本人の性格や環境の変化が加わって妄想、幻覚、暴力や徘徊、不安やうつ状態、無気力といった感情の障害が起こります。

 入院など、普段の生活環境が大きく変化する時は、認知症のリスクが高くなります。例えば大腿骨を骨折した高齢の女性が帰ろうとしてベットから立ち上がったり、治療の意味が理解できなくて点滴のチューブを引き抜いたりすることは、まれではありません。やむを得ず、ひもで手足をベット策に固定して治療をしなければならないこともあり、どこまで治療が優先されるべきかを考えさせられます。

 2.人の尊厳と医療のあり方
 終末期の医療において、治療と生活のどちらが優先されるべきかと考えると、答えはでないかもしれません。日本でおこなわれるほとんどの治療は各種の健康保険が適用されます。おおよそ1割から3割の負担で、がんの手術から糖尿病の治療や高度救命救急センターで行われる医療まで提供されます。日本の国民皆保険制度は全国どこでも安心して医療を受けることができる制度として諸外国でも高く評価され、これを守り続けたいと誰もが考えています。

 最新の治療を行うことにより救える命は増え、保険以外の診療により延命される命も多くあります。施す医療があるにもかかわらずこれを拒否することはいけないのだと考えるのは当たり前でしょう。しかし、何のために治療をするのかを考える必要があると思います。「病気を治して最期まで良き人生を送る」「自分が望む人生を過ごす」ことはただ細胞として生存する事ではないと言うことです。「何のために」、「どうなるために」、どのような医療が必要かが問われなけれなならないと考えます。

 3.「尊厳死」安らかな死について
 尊厳死は安楽死と混同されやすく、誤解をされている方もいるかもしれません。安楽死とは耐え難い苦痛に襲われている死期のせまった人に致死的な薬剤を投与して死なせるものと言われています。尊厳死は過剰な医療を避け尊厳を持って自然な死を迎えることで、安楽死とは区別しています。

 高齢者は複数の病気や障害を併せ持つことが多く、心理・社会的影響も受けやすため、「終末期」の経過がきわめて多様で、終末期の判断が大変難しいと言われています。そのため、日本老年医学会では、担当医師のみの判断だけでなく、家族や本人の意思、医療・ケアチームの意見を踏まえて最善の治療方法が決定されるべきであると示し、その時には「治療をしない」や「治療を中止する」という選択が行われることもあります。

 尊厳のある死を迎えることは非常に難しいと思いますが、その根拠となるのが個々人が持つ死生観です。次回は死生観について考えます。

<参考文献>
1)日本老年医学会「高齢者の終末期の医療およびケア」に関する日本老年医学会の「立場表明」2012
2)厚生労働省 認知症高齢者数
3)日野原重明「延命の医学から命を与えるケアへ」医学書院1983
4)石飛幸三「口から食べられなくなったらどうしますか『平穏死』のすすめ」講談社2010
5)石飛幸三「『平穏死』のすすめ」講談社2010

「地域保健」に関するニュース

2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
2017年11月15日
おいしくてためになる!! 血糖コントロール食レシピ、Q&A「糖をはかる日クッキングセミナー」(2)
2017年11月15日
血糖コントロールは、"胃腸力"がカギ「糖をはかる日クッキングセミナー」(1)
2017年11月15日
アルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2017年11月15日
世界糖尿病デー 糖尿病人口は4億人を突破 30年後には7億人に
2017年11月15日
ウォーキングなどの有酸素性運動が動脈硬化を3分の1以下に抑える

最新ニュース

2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
2017年11月20日
くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化
2017年11月17日
【連載更新】中小企業の健康経営モデルづくりを目指して(株式会社ヘルス&ライフサポート)
2017年11月17日
【健やか21】高校生の食生活自立を応援「巣立ちのレシピ集&セミナー」
2017年11月15日
おいしくてためになる!! 血糖コントロール食レシピ、Q&A「糖をはかる日クッキングセミナー」(2)
2017年11月15日
血糖コントロールは、"胃腸力"がカギ「糖をはかる日クッキングセミナー」(1)
2017年11月15日
アルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2017年11月15日
世界糖尿病デー 糖尿病人口は4億人を突破 30年後には7億人に
2017年11月15日
ウォーキングなどの有酸素性運動が動脈硬化を3分の1以下に抑える
2017年11月15日
歳を重ねると「大人むし歯」が増加 49%に「根元むし歯」
2017年11月15日
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査
2017年11月14日
統括的な役割を担う保健師は5割以上の自治体に配置ー厚労省調査
2017年11月10日
成人男性にも風しんワクチン接種を呼びかけ~国立感染症研究所
2017年11月10日
児童虐待を社会全体で解決―11月は児童虐待防止推進月間
2017年11月09日
【健やか21】「働きながら不妊治療を受ける従業員へご理解を」リーフレット
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
11月14日は「世界糖尿病デー」 2017年のテーマは「女性と糖尿病」
2017年11月08日
インフルエンザの流行に備える 自分でできるインフルエンザ予防法
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月08日
認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じて早期発見・診断
2017年11月08日
【新シリーズ】「"血糖トレンド"をどう活用するか」を公開 糖尿病リソースガイド
2017年11月06日
※定員残り僅か※ 第3回産業保健PC 参加者募集中~テーマ「産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の進め方」
2017年11月02日
【健やか21】(思春期アンケート)子どもが死にたいと思う悩みについて
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,587 人(2017年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶