関連資料・リリース情報

AMED「IoT等活用生活習慣病行動変容研究」事業(サービスモデルフィールド)の開始

AMED「IoT等活用生活習慣病行動変容研究」事業(サービスモデルフィールド)の開始

 国立研究開発法人国立国際医療研究センターと、株式会社エス・エム・エス、みずほ情報総研株式会社は、2018年3月1日より、段階的に複数の企業健康保険組合を対象に、「ウェアラブル機器等を活用した管理栄養士伴走による健康改善介入研究」を開始する。

 同研究事業では、HbA1cの値が6.0%以上8.0%以下の条件を満たし、参加同意が得られた約150名に対し、遠隔での健康改善指導サービスを提供する。

 2018年3月から段階的に開始し、1年間の介入を予定。期間中、専門医監修のもと、スマホアプリ活用と管理栄養士などの医療者の積極的な介入により、行動変容や血糖コントロールに対する効果を検証する。

(国立研究開発法人国立国際医療研究センター/2018年1月17日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2019年07月18日
「令和元年版自殺対策白書」を発表
2019年07月12日
令和元年度「全国労働衛生週間」を10月に実施
2019年07月11日
平成30年度「過労死等の労災補償状況」を公表
2019年06月21日
ハラスメント悩み相談室(厚生労働省委託事業)受付開始
2019年06月05日
「改訂版 心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き~メンタルヘルス対策における職場復帰支援~」資料公開
2019年05月31日
ハラスメント対策義務化の法律が成立
2019年05月31日
「保健指導ミーティング実施報告書」を公開
2019年05月31日
平成30年度「保健師の活動基盤に関する基礎調査報告書」を公表
2019年05月31日
平成31年度 保健師中央会議の資料を公開  
2019年05月09日
第34回保険者による健診・保健指導等に関する検討会 資料公開

「産業保健」に関するニュース

2019年07月23日
タブレットを特定保健指導に活用 忙しい40~50歳代への実施率向上を目指す
2019年07月23日
優しさを伝える介護技術「ユマニチュード」をAIで学習 "優しい介護"を誰もが学べる
2019年07月23日
「高カロリー飲料」の飲み過ぎでがんリスクが上昇 100ミリリットル増えると乳がんリスクは22%増加
2019年07月23日
「緑茶」の摂取が糖尿病リスクを減少 九州大学・久山町研究で明らかに
2019年07月23日
「米ぬか」成分に血圧降下作用 米ぬかペプチドが血管機能を改善 食品素材として活用
2019年07月22日
【プレゼント】がん治療と就労の両立支援に役立つ! 企業・職場向け小冊子「がんと向き合う職場のために~女性がん経験者200人の声~」
2019年07月18日
【健やか21】海外旅行の際には感染症対策も万全に!「海外旅行者・帰国者のための感染症予防ガイド」で対策を
2019年07月18日
「新任期産業保健師養成研修」参加者募集 日本産業保健師会
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶