ニュース

サケの頭から抽出した栄養成分が女性の更年期障害を改善 産学官プロジェクトで開発

 弘前大学などの研究チームは、サケの鼻軟骨から抽出した機能性成分である「サケプロテオグリカン」に、女性の更年期障害で起こる脂質異常を予防する効果があることを確かめた。
女性の更年期障害は脂質異常をともなう
 女性の閉経にともない生じる更年期障害は、骨粗鬆症や膝関節症、心疾患などのリスクを増加させる。卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが閉経後に低下することで、脂質異常が生じやすくなり、とくに悪玉のLDLコレステロールの増加が引き起こされる。

 脂質異常は動脈硬化や心疾患発症にもつながることから、更年期を迎えた女性では、予防・改善が重要となる。

 弘前大学とサンスターグループの研究チームは、サケの鼻軟骨から抽出した機能性成分である「サケプロテオグリカン」が、LDLコレステロールなどの非善玉コレステロールを低減し、脂質異常を予防する効果があることを動物実験で確かめた。

 サンスターはサケの鼻軟骨から良質なプロテオグリカンを抽出する技術をもつ。

 研究チームは特許も取得しており、今後は機能性食品や医薬品への応用を期待している。
サケの鼻軟骨から抽出した機能性成分
 「プロテオグリカン」は、タンパク質(プロテイン)多糖(グリカン)の複合物で、コラーゲンやヒアルロン酸とともに皮膚や軟骨に含まれる、高い保水性と柔軟性をもつ成分。

 動物の軟骨の主成分で、細胞と細胞の間を埋めて固定化する働きがあるが、これまでの技術では抽出するのが難しかった。

 青森県はサケの水揚げ量が全国でトップ。農林漁業資源から新たな有効成分を探す研究を行っている県産業技術センターは、「プロテオグリカン」がサケの鼻軟骨に大量に含まれていることを突き止めた。

 さらに弘前大学の研究チームが、サケの頭部の骨から高純度かつ大量に生成する技術を開発した。これまでほとんど廃棄処分されていた部位であり、安価に製造できるという。
産学官共同プロジェクトを立ち上げ 特許を取得
 弘前大学は、糖タンパクの研究などで実績があり、早くから「プロテオグリカン」に着目しており、産学官共同プロジェクトを立ち上げた。

 同大学は過去の研究で、「プロテオグリカン」に骨粗鬆症や変形性膝関節症の予防効果もあることが明らかし、それぞれ特許を取得している。

 これまでに、(1)抗炎症作用(抗アレルギー作用、潰瘍性大腸炎の治癒効果)、(2)細胞増殖促進作用(皮膚再生作用)、(3)軟骨再生促進作用(関節炎への応用)、(4)骨代謝異常改善作用(骨粗鬆症の治癒効果)、(5)保湿作用(化粧品と食品への応用)があるあことを報告している。
機能性表示食品や化粧品に応用
 すでに「プロテオグリカン」を使った機能性表示食品が出ている。肥満の抑制効果もあると期待されおり、医薬品への応用も考えられている。

 ヒト細胞に「プロテオグリカン」を加えた実験では、細胞内でコラーゲンやヒアルロン酸の産生量も増えることが確認されている。保湿性に優れアンチエイジングの効果も期待できることから、化粧品へ役立てることも期待されている。

 県産業技術センターは「あおもりPG推進協議会」を立ち上げ、認証制度の展開をはじめた。

 研究チームの弘前大学大学院保健学研究科の野坂大喜氏は「サケプロテオグリカンの摂取により、LDLコレステロールなどの非善玉コレステロールが低減し、脂質異常を予防する効果が認められた。青森県の地域産業の発展のみならず、医療産業の発展に貢献できる研究開発に取り組む」と述べている。

弘前大大学院保健学研究科
一般社団法人あおもりPG推進協議会
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2020年02月12日
【新型コロナウイルス感染症に備えて】 感染症に対策するための「7つの約束」とは
2020年02月11日
肥満やメタボが脳の老化を加速 代謝異常により脳機能が低下 食事や運動などの生活改善が決め手に
2020年02月11日
ウォーキングの衝撃は骨と脳の健康に良い 1日10分は骨や体に衝撃が加わる運動を
2020年02月11日
サケの頭から抽出した栄養成分が女性の更年期障害を改善 産学官プロジェクトで開発
2020年02月11日
健保組合加入者の41%が肥満 「リスクなし」はわずか21% 業態によって健康状態に差が 健保連が調査
2020年02月07日
高齢者が安全で健康に働ける職場の実現を目指して 有識者会議が報告書をとりまとめ
2020年02月05日
ウォーキングなど運動習慣のある人はがんのリスクが低い 大腸がんは14%低下 乳がんは10%低下
2020年02月05日
納豆を食べると心筋梗塞などのリスクが低下 「発酵性大豆食品」が死亡リスクを下げる
2020年02月05日
日本初の高血圧治療アプリの治験を開始 「高血圧を自分で治す」が目標 食事や運動などの行動改善を促す
2020年02月05日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 栄養改善に向けて国際連携を深める 「栄養不良の二重負荷」も課題に
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶