ニュース

テレワーク中のストレス解消具合に「雑談」の有無で違い 民間調査で判明

 株式会社リクルートキャリア(本社・東京都千代田区)がこのほど実施した意識調査で、コロナ禍でテレワークをするようになった回答者の約6割が、出社していたころと比べてストレスを実感していることが明らかになった。

 一方でテレワーク中に雑談があるかどうかでストレスの解消具合に違いが見られており、テレワーク時代のコミュニケーションや働き方の在り方が問われている。

雑談は「過剰なストレスを解放する大切な職場コミュニケーション

 同調査は企業に勤める従業員(非正規を除く)のうち2020年1月以降にテレワークを実施した人を対象に、インターネットを通じて実施された。回答者は2,272名で、このうち調査期間の2020年9月26~28日時点でテレワークを続けていた2,213名について考察している。

 「テレワーク開始前にはなかった仕事上のストレスを感じたことがあるか」については「強く感じた」が13.4%、「やや感じた」が46.2%で合わせると約6割が出勤時以上にストレスを感じていることが分かった。このうち67.7%は調査時点の9月でも「ストレスが解消されていない」と答えている。

 ストレスが解消できていない人の割合を年代別に見ると、20代では58.9%であるのに対し、50~60代は83.6%となるなど違いが見られた。

 またテレワーク中の「雑談あり」と「雑談なし」で比べると、「テレワークでのストレスが解消できていない」と答えた人は「雑談なし」の方が14.1%も多かった。

 テレワーク中の雑談で多かったのは「チャットなどでの業務外の会話」、「会議開始前の世間話のような会話」であったが、「全くない」と答えた人は全体の35.6%に上っている。特に50~60代は「全くない」割合が44.2%と高く、「ストレスの解消ができていない」状況に影響していることが推測される。

 同社のHR統括編集長、藤井薫氏は「仕事中の雑談がストレス解消のカギになる可能性が見えてきた」と考察。雑談は「過剰なストレスを解放する大切な職場コミュニケーション」だとして、生産性向上にも欠かせないとまとめている。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年02月24日
「健康寿命延伸のための提言」を公開 横断的根拠にもとづき具体的にアドバイス 国立がん研究センターなど6機関が連携
2021年02月24日
【新型コロナ】コロナ禍で生活や意識はどう変化した? 働き方とライフスタイルはこう変わった 東大社会科学研究所が調査
2021年02月24日
ラクトフェリンが冬の急性胃腸症状を抑制 ノロウイルスを抑える作用の報告も 信州大学など産官学連携の取組み
2021年02月22日
【プレゼント】現役の保健指導スタッフと共同制作!「撃退!トリプルリスク」指導箋&取扱説明書
2021年02月19日
【健やか21】健やか親子21(第2次)のPR動画を公開しました(厚生労働省)
2021年02月19日
テレワーク中のストレス解消具合に「雑談」の有無で違い 民間調査で判明
2021年02月17日
「食物繊維」は肥満・メタボ・糖尿病の人にもメリットが大きい 玄米・大麦・雑穀など「全粒穀物」でリスク低下
2021年02月17日
座っている時間が長い人は内臓脂肪が多い 「立つ時間」「歩く時間」を増やして内臓脂肪蓄積を抑制 京都府立医科大学
2021年02月16日
【新型コロナ】看護職の4割強が「仕事を辞めたい、自信がなくなった」 コロナ禍では看護職の精神健康ケアも必要
2021年02月16日
魚を食べる人は認知症になりにくい 魚の摂取量が多いと認知症リスクが61%低下 日本人を対象に調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶