オピニオン/保健指導あれこれ
限りない看護の世界観の追求のなかで

No.1 カリエス患者の女性の生き方(絶望の淵からの起立)

桐生大学医療保健学部看護学科 教授 保健師
小此木 久美子
 昭年40年代、私は、当時山間部の総合病院の片隅にあった結核病棟にいました。結核患者の治療は大気・栄養・安静という基本の中、病棟には腰椎カリエスを患っているとある女性がいました。

 その女性は、絶対安静で既に数年ベットに寝てる状態でした。数ヶ月みていましたが、面会に来た人を見かけたこともなく、いつもやるせない気持ちを感じながらも、私はかける言葉が見つかりませんでした。

 シミだらけの天井を眺めて時間は過ぎ、日々、病状との戦いであり痛みと膿と暮らす身体は固定のためギブスベットに入ったままの状態でした。そのうえ、カルテには歩行は難しいとありました。

 しかし、布団から出ているその顔は、とても動けない人とは思えないほど健康そうに見え、顔面にはいつも笑顔があり、何年も寝たきりということを感じさせない風貌とまなざしが優しいものでした。

 木枯らしがすきま風となるころ、いつものように溲瓶(しびん)をベッドサイドに置きに行ったとき「あんたが持ってきてくれる溲瓶は本当に丁寧に洗ってある。いい人だねあんたは・・・気持ちがわかるよ」と話しかけられました。

 私の溲瓶洗いを褒めてくれたのです。この時嬉しく感じました。なぜなら、当時の私は自分探しの真っ最中であり、看護の途も定まっていない看護見習中です。心の底では大学受験を再度試みたいと思いながらも、自分の置かされている環境からは無理だと思いつつも・・・能力は・・・、などと気持ちばかり焦っていた時期でした。

 そんな中で自分磨きとゴミ箱磨きを課していました。だから当然、溲瓶の掃除も丁寧にしていました。そのことにこの患者さんは気づき声を掛けてくれました。「あなたは他の看護婦さんとちがうね。患者の気持ちをよく知ってるいい人だよ」と再度言われ、恥ずかしい思いと、当たり前なのにといった思いを感じました。

 その後、私は看護学生として新たに出発しました。後に、風の便りでこの人が「起立出来た」という朗報を耳にし、「よく頑張って病気を克服した」と1人涙しながら手を合わせました。忘れられぬ患者さんの起立歩行をイメージし、嬉し涙がこぼれました。

 結核となり1人闘病生活を十数年。動けないベッドの上で編み物をしている折に見せる、あのときの笑顔の中にどんな思いを秘めていたのだろうかと、信仰の光を瞬時私は感じた出会いの人でした。

「地域保健」に関するニュース

2021年04月09日
【健やか21】「妊産婦のための食生活指針」の改定について(厚生労働省)
2021年04月08日
新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力
2021年04月07日
小児のがん患者体験調査を初めて実施(国立がん研究センター)
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年04月05日
朝食は「1日でもっとも重要な食事」 朝8時30分までに食べると糖尿病リスクは低下 朝食を改善する4つの方法
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック
2021年04月05日
慢性腎臓病(CKD)の重症化を予防するために 看護師・栄養⼠による保健指導が戦略に 地域連携の強化が重要
2021年04月02日
【健やか21】子どもの事故防止プロジェクト・レポート「子育てを経た保護者の事故防止に対する意識の変化」の掲載について(消費者庁)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶