オピニオン/保健指導あれこれ
予防医学領域での運動指導の紹介

No.2 自治体・事業所で行う運動指導 ~特定保健指導・疾病予防などの運動指導の紹介~

(公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士
小林 辰也
施設外で実施する運動指導の紹介

 所属する健康創造室企画課では健康教育プログラムの企画・運営・指導まで実施しています。

 当協会は総合健診機関ということで、指導内容も必然的に予防医療的な要望が多く、自治体や事業所から講座の依頼を受け、一番苦慮することは、講座タイトルです!

 ある自治体では「メタボリックシンドローム予防教室」とタイトルをつけ開催したところ、当然、集まりが悪く数百名入る会場で10名前後の講習会となってしまったこともあります。

 参加者の女性からは「このタイトルでは女性は参加しにくい…」とご意見を頂く。やはり、講座タイトルはポジティブなイメージを表現することや、「○○特集!や○○限定!」など対象者を絞るなど、お得感を加えると評判はいいようです。特にメタボ対策事業は、女性が参加しやすい講座タイトルを決めるようにしています。

 特定保健指導では、個別またはグループの2種類の支援形態で行うこととされています。当協会では独自のプログラムを作成し、特定健診と同時に、積極的支援3コース、動機付け支援2コース、 合計5つのコースを基本に、健康保険組合からの依頼を受け、特定保健指導を実施しています。

 以下に最近、施設外で実施した講習会をごく一部紹介します。

自治体を対象としたプログラムの一例
  • 心身の健康管理と運動
  • コアコンディショニング「体幹の使い方から引き締め特集!」
  • 40歳から始めると得をする運動
  • ロコモーション~機能的なからだの使い方~
  • 骨盤からかえる姿勢改善テクニック
  • VDT作業によるからだの不調を予防する

事業所を対象としたプログラムの一例
  • 疲労回復リフレッシュセミナー
  • 理想のボディーを手に入れる
  • 業務の特性に応じた労働者の健康改善支援
  • オフィスでできる隙間ストレッチ
  • ココロとカラダを元気にする
  • 目・肩・腰の週1回メンテナンス

 以上のように、タイトル名は講座出席意欲を決定するポイントとなります。

「運動/身体活動」に関するニュース

2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
2019年08月13日
たった12週間のウォーキングで自分は変えられる 運動は考えている以上に簡単
2019年07月30日
「運動」をすると脳でインスリンが効きやすくなる 脳機能の低下を予防 肥満やメタボで効果
2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年07月24日
【全国生活習慣病予防月間2020】「多動」川柳を募集中!!(賞金5万円)
2019年07月09日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年07月09日
運動+認知機能トレーニング 有酸素運動を可視化するシステムを開発 東北大学と日立の共同ベンチャー
2019年07月03日
暑さに対策してウォーキング 熱中症を予防するための10ヵ条 夏も安全に運動
2019年06月26日
肥満やメタボは「脂肪肝」の危険因子 見逃されやすい「NAFLD/NASH」に対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶