オピニオン/保健指導あれこれ
運動/身体活動

予防医学領域での運動指導の紹介

(公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士
小林 辰也

私は団塊ジュニアといわれ、第二次ベビーブーム世代。悲しくも大学を卒業時にはバブル崩壊直後でした。

様々な職場を経験し、学生時代から予防医療や健康教育に興味があったこともあり、2005年より神奈川県予防医学協会で、人間ドックと連携した施設内健康教育プログラム、自治体職員や事業所職員へ向けての健康教育プログラムの企画、運動指導に携わっています。

ここでは健診機関としての特色ある指導プログラムを紹介し、活動内容がお伝えできればと思います。

プロフィール

  • 小林 辰也
  • 小林 辰也
    (公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士

    経 歴

    1994年 日本体育大学卒業
    1994年 やまびこスケートの森 国際トレーニングセンター
    1998年 埼玉機械工業健康保険組合
    2003年 森ビルグループ ヒルズクラブ
    2005年 神奈川県予防医学協会

    地域住民や、人間ドックと連携した健康教育の企画・運営、講演・講習会などの活動に従事。

    資 格

    健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団認定)、ヘルスケアトレーナー(中央労働災害防止協会認定)、ヘルスフィットネス スペシャリスト(ACSM=アメリカスポーツ医学会)、上級トレーニング指導者(日本トレーニング指導者協会)、腰痛予防労働衛生教育インストラクター(中央労働災害防止協会認定)

    社会活動

    特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会 関東支部委員

「運動/身体活動」に関するニュース

2021年07月20日
熱中症を予防するための10ヵ条 熱中症を対策しなからウォーキングなどの運動を続けるために
2021年07月20日
高齢者はなぜ自宅で熱中症に? 体感以上に暑さを感じる機能が低下 数日間で少しずつ脱水症状に
2021年07月12日
朝食でタンパク質を摂ると筋肉を増やせる 筋肉が低下した女性や高齢者は「体内時計」に合わせた食事タイミングを
2021年07月12日
中年の肥満男性では"血糖値スパイク"が日常的にみられる 健診では分からない"隠れ高血糖" 新たな検査方法が必要
2021年07月07日
「若年層のがんへの支援」へるすあっぷ21 7月号
2021年07月06日
フレイルは特定健診だけでは発見できない 65歳の3%に「サルコペニアの疑い」 痩せ・運動不足でリスク増
2021年07月05日
座位時間が長いほど死亡リスクが上昇 生活習慣病があるとさらに危険「立ち上がって運動を」 日本人6万人超を調査
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月21日
高齢者の転倒にはこうして対応 原因と対策を科学的に検討 日本老年医学会などが「施設内での転倒に関するステートメント」を公開
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,995 人(2021年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶