オピニオン/保健指導あれこれ
運動/身体活動

予防医学領域での運動指導の紹介

(公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士
小林 辰也

私は団塊ジュニアといわれ、第二次ベビーブーム世代。悲しくも大学を卒業時にはバブル崩壊直後でした。

様々な職場を経験し、学生時代から予防医療や健康教育に興味があったこともあり、2005年より神奈川県予防医学協会で、人間ドックと連携した施設内健康教育プログラム、自治体職員や事業所職員へ向けての健康教育プログラムの企画、運動指導に携わっています。

ここでは健診機関としての特色ある指導プログラムを紹介し、活動内容がお伝えできればと思います。

プロフィール

  • 小林 辰也
  • 小林 辰也
    (公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士

    経 歴

    1994年 日本体育大学卒業
    1994年 やまびこスケートの森 国際トレーニングセンター
    1998年 埼玉機械工業健康保険組合
    2003年 森ビルグループ ヒルズクラブ
    2005年 神奈川県予防医学協会

    地域住民や、人間ドックと連携した健康教育の企画・運営、講演・講習会などの活動に従事。

    資 格

    健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団認定)、ヘルスケアトレーナー(中央労働災害防止協会認定)、ヘルスフィットネス スペシャリスト(ACSM=アメリカスポーツ医学会)、上級トレーニング指導者(日本トレーニング指導者協会)、腰痛予防労働衛生教育インストラクター(中央労働災害防止協会認定)

    社会活動

    特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会 関東支部委員

「運動/身体活動」に関するニュース

2021年04月27日
従来の高血圧診断基準より低い血圧値から心不全や心房細動のリスクが上昇 200万例の日本人のビッグデータで明らかに
2021年04月26日
緑地が高齢者の心の健康に良い効果をもたらす 小学校の近くに住む女性高齢者もうつが少ない 高齢者にやさしいまちづくりを
2021年04月20日
中年期に運動と食事を改善すると人生後半は健康に 肥満・メタボは体重を3%減らしただけでも改善
2021年04月19日
【新型コロナ】運動不足が重症化リスクを高める 肥満・メタボよりもさらに深刻 コロナ禍でもウォーキングなどの運動を
2021年04月19日
出生体重が少ない女性は「妊娠高血圧症候群」のリスクが高い 「妊娠糖尿病」のリスクも上昇 日本人女性4万人超を調査
2021年04月13日
肥満や糖尿病は母から子へとうけつがれる 妊娠中の運動は子の肥満予防に メカニズムを解明
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック
2021年04月05日
慢性腎臓病(CKD)の重症化を予防するために 看護師・栄養⼠による保健指導が戦略に 地域連携の強化が重要
2021年03月30日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年03月30日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? ⽇中に活発なウォーキングを1時間⾏うと効果的 睡眠時の脳波を調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶