オピニオン/保健指導あれこれ
運動/身体活動

予防医学領域での運動指導の紹介

(公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士
小林 辰也

私は団塊ジュニアといわれ、第二次ベビーブーム世代。悲しくも大学を卒業時にはバブル崩壊直後でした。

様々な職場を経験し、学生時代から予防医療や健康教育に興味があったこともあり、2005年より神奈川県予防医学協会で、人間ドックと連携した施設内健康教育プログラム、自治体職員や事業所職員へ向けての健康教育プログラムの企画、運動指導に携わっています。

ここでは健診機関としての特色ある指導プログラムを紹介し、活動内容がお伝えできればと思います。

プロフィール

  • 小林 辰也
  • 小林 辰也
    (公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士

    経 歴

    1994年 日本体育大学卒業
    1994年 やまびこスケートの森 国際トレーニングセンター
    1998年 埼玉機械工業健康保険組合
    2003年 森ビルグループ ヒルズクラブ
    2005年 神奈川県予防医学協会

    地域住民や、人間ドックと連携した健康教育の企画・運営、講演・講習会などの活動に従事。

    資 格

    健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団認定)、ヘルスケアトレーナー(中央労働災害防止協会認定)、ヘルスフィットネス スペシャリスト(ACSM=アメリカスポーツ医学会)、上級トレーニング指導者(日本トレーニング指導者協会)、腰痛予防労働衛生教育インストラクター(中央労働災害防止協会認定)

    社会活動

    特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会 関東支部委員

「運動/身体活動」に関するニュース

2020年11月25日
スローカロリー研究会Webセミナー「ロードレースとスローカロリー ギネス世界記録への挑戦 」を公開中!
2020年11月17日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年11月10日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月10日
【新型コロナ】医療機関への通院を抑制した人は25% コロナを契機に健康に関心をもった人も多い 健保連調査
2020年11月09日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月09日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年11月04日
保健指導プログラムで「糖尿病性腎症」の重症化を予防 生活習慣改善率は90%以上という結果に 神戸市で日本初のSIBを実施
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査3】男性の41%が「食習慣の改善ができない」 運動も38%が「関心がない」「やる気がない」
2020年10月30日
【2019年国民健康・栄養調査1】男性の3人に1人が肥満 女性の5人に1人超が高コレステロール 高齢者の「低栄養傾向」も課題に
2020年10月27日
【新型コロナ】なぜ肥満と高齢の人は重症化しやすい? いま求められている対策は何か?
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,253 人(2020年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶