オピニオン/保健指導あれこれ
運動/身体活動

予防医学領域での運動指導の紹介

(公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士
小林 辰也

私は団塊ジュニアといわれ、第二次ベビーブーム世代。悲しくも大学を卒業時にはバブル崩壊直後でした。

様々な職場を経験し、学生時代から予防医療や健康教育に興味があったこともあり、2005年より神奈川県予防医学協会で、人間ドックと連携した施設内健康教育プログラム、自治体職員や事業所職員へ向けての健康教育プログラムの企画、運動指導に携わっています。

ここでは健診機関としての特色ある指導プログラムを紹介し、活動内容がお伝えできればと思います。

プロフィール

  • 小林 辰也
  • 小林 辰也
    (公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士

    経 歴

    1994年 日本体育大学卒業
    1994年 やまびこスケートの森 国際トレーニングセンター
    1998年 埼玉機械工業健康保険組合
    2003年 森ビルグループ ヒルズクラブ
    2005年 神奈川県予防医学協会

    地域住民や、人間ドックと連携した健康教育の企画・運営、講演・講習会などの活動に従事。

    資 格

    健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団認定)、ヘルスケアトレーナー(中央労働災害防止協会認定)、ヘルスフィットネス スペシャリスト(ACSM=アメリカスポーツ医学会)、上級トレーニング指導者(日本トレーニング指導者協会)、腰痛予防労働衛生教育インストラクター(中央労働災害防止協会認定)

    社会活動

    特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会 関東支部委員

「運動/身体活動」に関するニュース

2020年04月06日
「睡眠と保健指導」アンケートの結果 9割以上が睡眠保健指導は「必要」と回答 実施できているのは半数
2020年04月01日
高齢者でタンパク質が不足 フレイル・サルコペニアを予防するためにタンパク質の摂取に工夫を
2020年04月01日
大人になってからの肥満や骨粗鬆症を防ぐために、子供の頃から栄養・運動を改善する必要がある
2020年03月25日
【プレゼント】働き盛り世代の多くが睡眠で休養を十分にとれていない 『賢者の快眠 睡眠リズムサポート』と保健指導に役立つ資料をセットにしてプレゼント
2020年03月25日
高血圧・肥満が寿命を最も縮めている 世界の70万人のゲノムを解析しリスクを予測
2020年03月18日
【新型コロナウイルス感染症】高齢者が気を付けるべきポイントは 日本老年医学会がアドバイス
2020年03月18日
長時間座ったまま仕事をすると、がんのリスクが上昇する リモートワークで運動不足の人は要注意
2020年03月13日
中高年者こそ運動が必要 「健幸華齢のためのスマートライフ」で活力年齢が若返る 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(1)
2020年03月13日
運動でがん予防 ライフステージに応じたがん対策 運動でがんリスクが低下 全国生活習慣病予防月間2020 講演会(2)
2020年03月13日
【健やか21】学校の臨時休業の実施状況、 取組事例等について(3月6日時点)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶