オピニオン/保健指導あれこれ
運動/身体活動

予防医学領域での運動指導の紹介

(公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士
小林 辰也

私は団塊ジュニアといわれ、第二次ベビーブーム世代。悲しくも大学を卒業時にはバブル崩壊直後でした。

様々な職場を経験し、学生時代から予防医療や健康教育に興味があったこともあり、2005年より神奈川県予防医学協会で、人間ドックと連携した施設内健康教育プログラム、自治体職員や事業所職員へ向けての健康教育プログラムの企画、運動指導に携わっています。

ここでは健診機関としての特色ある指導プログラムを紹介し、活動内容がお伝えできればと思います。

プロフィール

  • 小林 辰也
  • 小林 辰也
    (公財)神奈川県予防医学協会 健康運動指導士

    経 歴

    1994年 日本体育大学卒業
    1994年 やまびこスケートの森 国際トレーニングセンター
    1998年 埼玉機械工業健康保険組合
    2003年 森ビルグループ ヒルズクラブ
    2005年 神奈川県予防医学協会

    地域住民や、人間ドックと連携した健康教育の企画・運営、講演・講習会などの活動に従事。

    資 格

    健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団認定)、ヘルスケアトレーナー(中央労働災害防止協会認定)、ヘルスフィットネス スペシャリスト(ACSM=アメリカスポーツ医学会)、上級トレーニング指導者(日本トレーニング指導者協会)、腰痛予防労働衛生教育インストラクター(中央労働災害防止協会認定)

    社会活動

    特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会 関東支部委員

「運動/身体活動」に関するニュース

2019年07月09日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年07月09日
運動+認知機能トレーニング 有酸素運動を可視化するシステムを開発 東北大学と日立の共同ベンチャー
2019年07月03日
暑さに対策してウォーキング 熱中症を予防するための10ヵ条 夏も安全に運動
2019年06月26日
肥満やメタボは「脂肪肝」の危険因子 見逃されやすい「NAFLD/NASH」に対策
2019年06月26日
人生の後半戦で「運動」は絶対に必要 筋力トレーニングを週2回 若さを保つためにも必須
2019年06月26日
体幹筋量が減ると「腰痛」は悪化 日常生活の動作が困難に 世界で初めて大規模データで解明
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶