ニュース

「食欲を抑えられない」のはなぜ? 食欲ホルモン「レプチン」のメカニズム

 食欲を抑えられないのは、脳内で「レプチン」というホルモンの作用が不足しているからだ。
 「PTPRJ」という酵素分子が「レプチン」の受容体の活性化を抑制していることを、自然科学研究機構・基礎生物学研究所の研究グループが発見した。
 レプチンが効きにやすくする治療薬を開発すれば、効果的な肥満の治療法となる。
レプチンが効きにくくなると食欲を抑えられなくなる
 食べ過ぎによって引き起こされる肥満は2型糖尿病、脂質異常症、高血圧、メタボリックシンドロームの要因になり、脂肪肝やがんなどの発症にも関わっている。

 食べ過ぎると脂肪が体にたまり肥満になる原因のひとつは「レプチン」というホルモンの作用が不足するからだ。

 レプチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、脳内の弓状核という摂食中枢に作用して、食欲をコントロールする作用がある。

 レプチンは脂肪が増えるにしたがい放出量が増える。適正な体重を維持するためにレプチンの働きが必要になる。

 しかし、肥満の人の多くは、レプチンが効きにくくなる「レプチン抵抗性」が起こり、食欲を抑えられなくなる。レプチン抵抗性を解消するメカニズムが解明できれば、効果的な治療法になる可能性がある。
「PTPRJ」がレプチン抵抗性を引き起こす
 自然科学研究機構・基礎生物学研究所の新谷隆史准教授や野田昌晴教授らの研究チームは過去の研究で、「PTPRJ」という酵素分子がインスリンの働きに影響していることを明らかにした。

 肥満になると摂食中枢でPTPRJの発現が増え、PTPRJはレプチン受容体に作用し、レプチンの働きを抑制する。その結果、レプチンが多く分泌されても、その効きが悪くなり、レプチン抵抗性が引き起こされるという。

 レプチンは細胞表面にあるレプチン受容体に結合する。レプチン受容体には「JAK2」というタンパク質リン酸化酵素が会合している。

 レプチンが結合すると、JAK2は自身の特定のチロシン(タンパク質を作っているアミノ酸の一つ)を活性化し、さらにレプチン受容体をリン酸化することにより細胞内へレプチンの情報を伝える。この情報によって、摂食中枢の神経細胞は摂食を抑制するよう指令を出す。

 「RPTP」はタンパク質のチロシンに付いたリン酸を外す(脱リン酸化する)酵素で、細胞膜にある。
PTPRJを取り除くとインスリンの働きが増大
 研究グループはRPTPの生理機能を明らかにする研究を進めており、RPTPのひとつであるPTPRJが、インスリン受容体を脱リン酸化することによって、その働きを抑制していることを発見した。

 PTPRJを欠損すると、レプチンの摂食抑制の働きが強められる。PTPRJを欠損したマウスでは。食後の血糖値の上昇がおだやかで、インスリンの働きが増大していた。正常なマウスと比べ体長は同じだが、摂食量が少なく、低体重で脂肪量が少ないことを確認した。

 このメカニズムを詳細に解析すると、PTPRJがJAK2の活性化に重要な特定のチロシン残基を脱リン酸化し、効率的にレプチン受容体の情報伝達を抑制するというメカニズムが浮かび上がった。

 マウスを高脂肪食で2か月間飼育すると、レプチン抵抗性がつくられる。研究グループは、このとき摂食中枢のPTPRJの発現が上昇することを突き止めた。
PTPRJを阻害する肥満の効果的な治療薬
 次に、高脂肪食で14週間飼育したマウスにレプチンを投与したところ、PTPRJ欠損マウスでは、レプチン投与に応答して摂食量および体重が顕著に減少し、レプチン抵抗性が生じないことが明らかになった。

 さらに、レプチン抵抗性を発症していないマウスの摂食中枢にPTPRJの発現を増加させると、レプチン抵抗性が誘導されることも分かった。

 今回、PTPRJがレプチン受容体の働きを抑制し、レプチン抵抗性の発症に関わることが明らかになったことで、PTPRJを阻害する薬を開発すれば肥満の効果的な治療薬となるという展望が開けた。

 PTPRJの活性を阻害することでレプチン受容体に対する抑制が解除され、レプチン抵抗性が改善すると考えられる。今後、2型糖尿病や肥満を改善する治療薬として、PTPRJを標的とする薬剤の開発が視野に入ってきた。

自然科学研究機構・基礎生物学研究所
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2017年12月11日
女性は健康維持にバランスの良い食事や歯磨き習慣-中高年者縦断調査
2017年12月07日
米を中心とした日本型食生活が健康寿命を延ばす 食育健康サミット2017
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年11月30日
【くるみpro更新情報】クリスマスプレゼント付き資料請求実施中!
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月29日
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!

最新ニュース

2017年12月11日
女性は健康維持にバランスの良い食事や歯磨き習慣-中高年者縦断調査
2017年12月08日
【健やか21】不育症治療の助成について(Fuiku-Faboフイクラボ)
2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
米を中心とした日本型食生活が健康寿命を延ばす 食育健康サミット2017
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年12月06日
【HAMIQ】認知症の社会的処方箋/おもいやり災害食認証制度
2017年12月04日
【新連載】超高齢社会への提言「エイジング・リテラシー」(有料老人ホーム入居支援センター)
2017年12月02日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)
2017年12月01日
【健やか21】思春期アンケート「高校生の性交経験と生活環境・保健指導」
2017年12月01日
「新たな自殺総合対策に向けて」へるすあっぷ21 12月号
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月30日
【くるみpro更新情報】クリスマスプレゼント付き資料請求実施中!
2017年11月30日
ママから笑顔がきえるとき―文京学院大が産後うつ予防リーフレット作成
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月29日
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017年11月28日
【新連載】がん患者さんのアピアランス・サポート (みなとアピアランス・サポート相談室)
2017年11月27日
【健やか21】産後うつ予防リーフレット・動画公開(文京学院大学)
2017年11月27日
【保健師募集】研修制度充実・人財育成に力を入れている鶯谷健診センター
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年11月24日
厚労省が年末年始に合わせて墜落・転落災害防止対策キャンペーンを実施
2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,681 人(2017年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶