関連資料・リリース情報

「新たな健診の基本検査の基準範囲(日本人間ドック学会、健保連)」

「新たな健診の基本検査の基準範囲 日本人間ドック学会と健保連による 150 万人のメガスタディー」
(日本人間ドック学会、健康保険組合連合会 /2014年4月)

 日本人間ドック学会と健康保険組合連合会はこのほど、血圧や血糖値、コレステロール値、肥満度などについて、健康診断や人間ドックで「異常なし」と判定する血液検査の新たな基準範囲を策定すると発表した。

 日本人間ドック学会などが新たに策定する基準の範囲は、「健康な人」の検査値であり、高血圧学会や糖尿病学会など専門学会の診断基準の値とは異なるが特徴となる。

 同学会は調査研究委員会(渡辺清明委員長)を設け、同学会が認定している「人間ドック健診施設機能評価認定」200施設より、約150万人の健診受診者のデータを集積した。新たに予防医学の観点から27項目について、基準範囲を性別、年齢別に作成する。

●関連ニュース
 健康診断の判定基準を改訂 150万人の調査結果を反映 人間ドック学会(2014/4/11)

●資料
新たな健診の基本検査の基準範囲 日本人間ドック学会と健保連による150万人のメガスタディー(人間ドック学会2014年4月7日)

新たな健診の基本検査の基準範囲(健康保険組合連合会2014年4月4日)
新たな健診の基本検査の基準範囲 概要(健康保険組合連合会2014年4月4日)

(日本人間ドック学会、健康保険組合連合会 /2014年4月9

[soshinsha]

「データヘルス計画」に関する資料・リリース

2021年03月08日
「健康経営銘柄2021」に48社を選定しました!
2021年03月08日
「健康経営優良法人2021」認定法人が決定しました!―大規模法人部門1801法人、中小規模法人部門7934法人を認定―
2020年12月28日
「よこはまウォーキングポイント事業」の効果を分析した結果を公表
2019年10月01日
「地域・職域連携推進ガイドライン」を公表
2019年09月05日
「社会人として働き始めてからの労働法」電子ファイル版を公開
2018年10月31日
健康管理の一元管理システム「Carely」に勤怠管理サービスが連携
2018年09月26日
平成29年度 健保組合決算見込の概要
2018年09月25日
「平成29年度 医療費の動向」~概算医療費の年度集計結果~
2018年08月16日
2018年度「レセプト・健診情報等を活用したデータヘルスの推進事業」採択組合一覧を公表
2018年08月14日
AIを活用した「健康経営」のためのリスク予測技術の開発およびサービスの検討開始について

「データヘルス計画」に関するニュース

2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年02月02日
「揚げ物」は肥満やメタボの人にとって要注意 食べ過ぎると心臓病や脳卒中のリスクが高まる
2021年02月02日
肉は良質なタンパク源だが、食べ過ぎはやはり良くない 肉を摂り過ぎると死亡リスクが上昇 日本人9万人を調査
2021年02月02日
【新型コロナ】コロナ禍での自殺率は女性・子供・青年を中心に上昇 経済・生活面でのダメージが大きい人の自殺動向を注視する必要が
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月12日
「性感染症」のセルフチェックができるスマホアプリを開発 感染の可能性があるときは医療機関の検索も 順天堂大学
2021年01月12日
「乳がん」を早期発見するための画期的な検査を開発 女性3000人の「マイクロRNA」を測定 臨床試験を4道県で開始
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査3】男性の41%が「食習慣の改善ができない」 運動も38%が「関心がない」「やる気がない」
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新
2020年10月20日
「メタボ健診・特定保健指導」の課題が明らかに "制度の見直しが必要"と提言 7.5万人のデータを検証

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶