ニュース

【ダウンロード可能】現役の保健指導スタッフと共同制作!「撃退!トリプルリスク」指導箋&取扱説明書

 血圧・血糖・血中脂質は、どれか1つでも高くなると残りの2つも高くなる「トリプルリスク」を誘発する可能性があります。

 保健指導リソースガイドでは、この負の連鎖反応を防ぐために有用な「撃退!トリプルリスク」指導箋を無料でプレゼントいたします!

 さらに、指導箋を最大限に活用いただける「取扱説明書」をセットでお届け。保健指導の現場での使いやすさや効果を熟考して制作しました。

 お申込みは2021年3月30日まで。先着順1000セットとなりますので、早めのご応募をお待ちしています!

 皆さまから大変ご好評を頂き、申込み数が1000セットに達したため、お申込みを締め切らせて頂きました。沢山のご応募をありがとうございました!

 お気軽に印刷してご活用いただけるPDFのご用意もございますので、是非ご利用ください。

「撃退!トリプルリスク指導箋」のPDFはこちら▶

「取扱説明書」のPDFはこちら▶

リスクの連鎖「トリプルリスク」
 生活習慣病対策において頻出ワードである、血圧、血糖、血中脂質。これらのリスク因子は1つだけでなく2つ3つと重なることにより動脈硬化が進み、心疾患や脳梗塞を引き起こす可能性が高くなります。このようなリスクの連鎖を「トリプルリスク」と呼びます。

 現役の保健指導スタッフが集まる「保健指導リソースガイド Labo」は、トリプルリスクの危険性の啓発活動に取り組んできた「トリプルリスクを考える会」の協力のもと、「撃退!トリプルリスク」指導箋を制作しました。

「撃退!トリプルリスク」指導箋の特徴とは?
【実際の使用シーンを想定】
 現在保健指導に携わっている現役の保健指導スタッフ(保健師、管理栄養士)が、「使う側の目線」で意見を出し合い、作成しています。

【指導箋を最大限に生かせる!「取扱説明書」つき】
 保健指導スタッフからは、既存の指導箋をどのように活用したらよいかわからないという声をよく聞きます。そこで「撃退!トリプルリスク」指導箋には、取扱説明書を付属。指導箋を最大限に活用できるだけでなく、保健指導スタッフのスキルアップにも貢献します。

お申込みについて
 今回のプレゼントには、専門職向けセット(1~10セット)をご用意しております。日々の業務に是非、お役立てください。

〇応募締切日:2021年3月30日(火)
 ※規定数1000セットに達し次第、受付を終了します。 

〇セット内容(1セット):
 1.「撃退!トリプルリスク」指導箋×50枚
 2.指導箋の取扱説明書×3枚

〇発送について:
 ・商品のお届けは、ご応募後3週間程度を予定しております。
 ・プレゼントの発送は先着順となります。予めご了承ください。
 ・結果は発送をもって代えさせていただきます。
※個人情報の取り扱いは「個人情報保護方針」をご覧ください。

 皆さまから大変ご好評を頂き、申込み数が1000セットに達したため、お申込みを締め切らせて頂きました。沢山のご応募をありがとうございました!

 お気軽に印刷してご活用いただけるPDFのご用意もございますので、是非ご利用ください。

「撃退!トリプルリスク指導箋」のPDFはこちら▶

「取扱説明書」のPDFはこちら▶

■関連情報

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2021年02月24日
「健康寿命延伸のための提言」を公開 横断的根拠にもとづき具体的にアドバイス 国立がん研究センターなど6機関が連携
2021年02月24日
【新型コロナ】コロナ禍で生活や意識はどう変化した? 働き方とライフスタイルはこう変わった 東大社会科学研究所が調査
2021年02月24日
【新型コロナ】コロナ禍で子供の15~30%に中等度以上のうつ症状が 保護者のうつも深刻 成育医療研究センターが調査
2021年02月24日
【新型コロナ】コロナ禍で急性心筋梗塞の治療開始が遅れる 重症合併症の増加につながった可能性 コロナ禍でも医療の質の維持を
2021年02月24日
ラクトフェリンが冬の急性胃腸症状を抑制 ノロウイルスを抑える作用の報告も 信州大学など産官学連携の取組み
2021年02月24日
【新型コロナ】テレワークでオーバーワークや孤独感などに課題―第4回「働く人の意識調査」より
2021年02月22日
【ダウンロード可能】現役の保健指導スタッフと共同制作!「撃退!トリプルリスク」指導箋&取扱説明書
2021年02月19日
【健やか21】健やか親子21(第2次)のPR動画を公開しました(厚生労働省)
2021年02月19日
テレワーク中のストレス解消具合に「雑談」の有無で違い 民間調査で判明
2021年02月17日
「食物繊維」は肥満・メタボ・糖尿病の人にもメリットが大きい 玄米・大麦・雑穀など「全粒穀物」でリスク低下
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶