オピニオン/保健指導あれこれ
笑顔になる、元気になる、幸せになる健康教育をめざして ~起業保健師の立場から~

No.3 起業保健師から伝えたいこと ~健康教育について・保健師について~

(株)ウェルネスライフサポート研究所 代表取締役
加倉井 さおり

 今、あなたは保健師という仕事を楽しんでいますか?ニッコリ笑顔で「はい!」と言えた方は、是非これからもっと楽しんで欲しいと思います。でも、ちょっと曇り顔で「はい」とは言えなかったあなたも大丈夫。かつての私も、そんな一人でした。

 今回は、私自身の体験を踏まえて、学んだこと感じていることを、全国の保健師の皆さんへエールとして送りたいと思っています。

 最近、私への講師依頼で圧倒的に多くなっているのは、自治体や企業・健保などから「保健師を元気する研修や講演をしてほしい」という内容のものです。そんなに現場の保健師達は悩み、元気がないのか…と推察せざるを得ません。

 実際、研究会やゼミなどに来る保健師達に職場の状況を聞いてみると、確かに業務多忙で余裕もなく、また保健師自らが心と身体を病んで休職しているケースや、残念ながら退職するケースも耳にします。

 保健師は、個別や集団の健康教育や保健事業を通じて、赤ちゃんからシニアまであらゆる年代の方々が、「笑顔になる、元気になる、幸せになる」活動をしていると私は思っています。様々な健康レベル、そして様々な生活をしている方々の生き方や人生を応援する仕事だと思っています。そんな仕事をする私たちが元気でいなければ、地域や職場の人々を元気にすることは難しいのではないでしょうか。

 でも、振り返ってみると私自身も日々の業務に追われ、「保健師ってなんだろう」と悩んでいた時期があります。その時の上司に、何度も「やめます」と言いました。でもそんな時、その上司から言われた一言が、今の私を作る重要な起点となりました。その言葉は、こんな一言でした。

 「いいよ、やめても。でもあなたがここの看板がはずれても、あなたに頼みたいと言われる人になりなさい」

 それから、この言葉が私の中で、「こうありたい保健師」に自分を導く大きな原動力となりました。そして18年の月日を経て、本当に退職することになり、こうして起業することになったのですから、言葉の力はとても大きいと思います。

「産業保健」に関するニュース

2021年04月08日
新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年04月05日
朝食は「1日でもっとも重要な食事」 朝8時30分までに食べると糖尿病リスクは低下 朝食を改善する4つの方法
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック
2021年04月05日
慢性腎臓病(CKD)の重症化を予防するために 看護師・栄養⼠による保健指導が戦略に 地域連携の強化が重要
2021年04月02日
【健やか21】子どもの事故防止プロジェクト・レポート「子育てを経た保護者の事故防止に対する意識の変化」の掲載について(消費者庁)
2021年03月30日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年03月30日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? ⽇中に活発なウォーキングを1時間⾏うと効果的 睡眠時の脳波を調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶