オピニオン/保健指導あれこれ
「生と死を考える」 保健指導実践者に向けてデーケン先生からのメッセージ

No.2 自殺予防のために何ができるでしょう

上智大学名誉教授
アルフォンス ・デーケン
 「死生学」についての相談者の育成

 自分の命を自殺によって絶つことは両親に対する侮辱行為です。私が教育を受けたヨーロッパでは、自殺に対して厳しい態度をとります。キリスト教の解釈では、「命は神からいただいたものであると同時に神の姿が生きている」とされています。だからこそ、命は尊く、大切だという教えです。自殺の統計を見てみると、日本は、なかなか減る傾向にありませんが、ドイツではここ20年で半分に減っています。

 私は、約30年間上智大学で「死の哲学」を教えてきましたが、年2回は自殺について考える講義を行っていました。講義では、子どもが自死した父親に息子の死と父親としての悲しみや苦しみを語ってもらう機会を設けました。そのお話のあと、ある学生が訪ねてきて、自殺で残された両親の苦しみを考え、自殺を思いとどまったと話してくれました。このことから、自殺防止の教育には、実際に体験した方の話を聞くことで非常にインパクトがあり、防止になりうると思います。教師や養護教諭にすすめたいことは、学校内で苦しんでいる生徒をいち早く発見し個人的なカウンセリングを提供することです。その際、傾聴する姿勢を示すことは非常に大切です。

 ドイツの学校では、先輩にあたる年上の生徒が、年下の生徒の教室を定期的に見回って、いじめられている・悩んでいる生徒を把握する取り組みがあります。学校側も見回る生徒に対し特別な教育を実施しています。また、必要であれば、後輩たちの教室でいじめの危険性や自殺防止の説明をすることもあります。生徒同士も同じ学校であり、お互いにコミュニケーションが取りやすい環境にあることから、先輩の話をよく聞くといいます。

「地域保健」に関するニュース

2021年04月09日
【健やか21】「妊産婦のための食生活指針」の改定について(厚生労働省)
2021年04月08日
新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力
2021年04月07日
小児のがん患者体験調査を初めて実施(国立がん研究センター)
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年04月05日
朝食は「1日でもっとも重要な食事」 朝8時30分までに食べると糖尿病リスクは低下 朝食を改善する4つの方法
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック
2021年04月05日
慢性腎臓病(CKD)の重症化を予防するために 看護師・栄養⼠による保健指導が戦略に 地域連携の強化が重要
2021年04月02日
【健やか21】子どもの事故防止プロジェクト・レポート「子育てを経た保護者の事故防止に対する意識の変化」の掲載について(消費者庁)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶