オピニオン/保健指導あれこれ
地域保健

「生と死を考える」 保健指導実践者に向けてデーケン先生からのメッセージ

上智大学名誉教授
アルフォンス ・デーケン

保健指導の実践者は、長い間健康増進・疾病予防の担い手として活動してきました。最近は自殺者の増加への対応や東日本大震災時の活動等、死と隣り合わせの対応も求められています。

それは地域・産業・学校保健のどの分野でも重要な健康課題になってきています。そうした中で私たち自身も自分らしく生き、人生を意味あるものにし、最期を迎えるかを考えさせられます。

保健指導リソースガイドでは、デーケン先生に保健指導実践者に向けて「生と死を考える」をテーマにお話を伺う機会を持ち、ヨーロッパからのホスピス視察から戻られたばかりの、10月1日に上智大学のSJハウスでお話しをお聞きしました。この時の内容を3回にまとめてお伝えします。

プロフィール

「地域保健」に関するニュース

2019年11月14日
【健やか21】電気カーペットや湯たんぽによる低温やけどに注意!
2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月13日
11月14日は世界糖尿病デー ウォーキングで世界につながろう 糖尿病の半分以上を予防できる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月12日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験で実証
2019年11月11日
待機児童数過去最少に~厚労省が保育所等関連状況取りまとめを公表
2019年11月08日
【健やか21】11月は児童虐待防止推進月間です
2019年11月08日
「産業保健機能の強化と健康情報の取り扱い」へるすあっぷ21 11月号
2019年11月06日
【申込開始】あらゆる世代・分野の健康づくりをサポート 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2020年版」 
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶