オピニオン/保健指導あれこれ
地域保健

「生と死を考える」 保健指導実践者に向けてデーケン先生からのメッセージ

上智大学名誉教授
アルフォンス ・デーケン

保健指導の実践者は、長い間健康増進・疾病予防の担い手として活動してきました。最近は自殺者の増加への対応や東日本大震災時の活動等、死と隣り合わせの対応も求められています。

それは地域・産業・学校保健のどの分野でも重要な健康課題になってきています。そうした中で私たち自身も自分らしく生き、人生を意味あるものにし、最期を迎えるかを考えさせられます。

保健指導リソースガイドでは、デーケン先生に保健指導実践者に向けて「生と死を考える」をテーマにお話を伺う機会を持ち、ヨーロッパからのホスピス視察から戻られたばかりの、10月1日に上智大学のSJハウスでお話しをお聞きしました。この時の内容を3回にまとめてお伝えします。

プロフィール

「地域保健」に関するニュース

2020年03月27日
【新型コロナウイルス感染症】今どんな行動が求められているか 避けるべき危険な3条件とは
2020年03月27日
【健やか21】「小児の新型コロナウイルス感染症患者の臨床的な特徴」および「新型コロナウイルス検査適応」について
2020年03月25日
【プレゼント】働き盛り世代の多くが睡眠で休養を十分にとれていない 『賢者の快眠 睡眠リズムサポート』と保健指導に役立つ資料をセットにしてプレゼント
2020年03月25日
「低炭水化物ダイエット」は肥満やメタボに良い? 悪い? 成功に導くコツが分かってきた
2020年03月25日
【新型コロナウイルス】予防を表示した商品に消費者庁が改善要請 健康食品や空気清浄機など効果は不明
2020年03月25日
高血圧・肥満が寿命を最も縮めている 世界の70万人のゲノムを解析しリスクを予測
2020年03月25日
健康診断でパーキンソン病・認知症のリスクが分かる 健診で早期発見・予防できる可能性が
2020年03月24日
「がん教育における配慮事項ガイドライン」を公開 中学校では2021年度よりがん教育を実施
2020年03月19日
【健やか21】新型コロナウイルス感染症対策のための学校の臨時休業に伴う主な子どもの居場所の状況等について
2020年03月18日
【新型コロナウイルス感染症】高齢者が気を付けるべきポイントは 日本老年医学会がアドバイス
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶